仮想通貨取引所「ビットフライヤー」の二段階認証の設定手順【全画像付き】

シェアいただけると嬉しいです。

パソコン、スマホ、二段階認証

この記事では、世界最高レベルのセキュリティーを誇る仮想通貨取引所「ビットフライヤー」の二段階認証の設定方法を説明します。

もし、ビットフライヤーさんの登録がまだなら、こちらからどうぞ。

【ビットフライヤーの登録手順】安心・安全にビットコインを始めてみよう!

仮想通貨の取引を行う上で、一番重要なのはセキュリティーです。

なぜなら、アカウントがハッキングされ、仮想通貨が盗難にあった場合、原則、自己責任だからです。

また、銀行のような、ペイオフ制度(預金1,000万円まで補償)もありません。

つまり、仮想通貨の場合、資産はすべて自分で守れってことです。

ですので、信頼できる取引所を選び、セキュリティーレベルを上げておくことはすっごく大事です。

そのなかで、「二段階認証」というセキュリティーシステムを導入しているかどうかは、取引所のセキュリティーレベルを見る1つの指標になります。

当然、ビットフライヤーさんも、二段階認証を導入しています。

しかも、ビットフライヤーさんの場合、二段階認証の設定をしておくことで、メールアドレス・パスワード等の盗取による不正な日本円出金があった際に補償を受けることができます。

逆に言えば、二段階認証を設定していないと、もしものときに補償が受けられなくなるということです。

必ず、設定しておきましょう。

それでは、設定手順について説明していきます。

二段階認証ってなに?

細かい仕組みはわかりませんが、2重パスワードみたいなものだと理解しています。

ログインを行うときなどに「自分で設定したパスワード」と「ビットフライヤーが発行する二段階認証」の6桁の数字を入力することで、セキュリティーレベルを上げるものです。

「何にせよ、設定しておきましょう!」ってことです。(笑)

二段階認証の設定手順

1.まず「二段階認証用アプリ」をインストールする

スマホに、「Google Authenticator 」というアプリをインストールします。

  1. App Store
  2. Google Play

お使いのOS(iOS・アンドロイド)に合わせ、1か2で入手してください。(無料です)

Google Authenticator

なお、二段階認証アプリを使わない方法もありますが、アプリを使ったほうがぜんぜん楽です。

「iPhone」の場合、こんな感じです。

1の「App Store」でアプリを入れると、2の「Google Authenticator」アプリが表示されます。

二段階認証アプリGoogle Authenticator

2.ビットフライヤーにログインして二段階認証の設定準備をする

ログインしたら、次の手順で設定していきます。

1の「設定」をクリックする。

2の「セキュリティー設定」をクリックする。

3の「二段階認証設定」をクリックする

セキュリティ設定、2段階認証

するとこんな画面になり、登録しているメールアドレスに、二段階認証用の確認コードが送付されます。

2段階認証設定 2

メールは、こんな感じで届きます。

6桁の確認コードを確認し、上の画像の赤で囲ったところに入力し、次へをクリックします。

メールに届く確認コード 5

次の画面で、

1を「認証アプリを使う」を選択し、

2の「いつ使用するか」について選びます。

そして、次へをクリックします。

なお、2については、できれば3つともチェックしてください。(補償の件もありますので)

2段階認証設定 3

3.二段階認証の設定をする

ようやく、ここから二段階認証の設定を行います。

画面は、次のようになっています。

2段階認証設定 4(修正後)

スマホで、二段階認証アプリ「Google Authenticator」を起動します。

1の「+ボタン」を押し、2の「バーコードをスキャン」をタップします。

二段階認証 バーコードをスキャン6

バーコードを読み込む画面が出てきますので、ビットフライヤーの二段階認証設定が画面に表示されているQRコードを読み込みます。(スマホを画面に近づけるだけです)

2段階認証設定 4(修正後)

無事に読み込みが終わると、次のような「6桁の数字」が表示されます。

二段階認証設定完了

この6桁の数字(確認コード」を入力し、「二段階認証を設定する」をクリックします。

この画面が表示されたら、二段階認証の設定は完了です。

2段階認証設定 7

二段階認証設定後のログイン方法

二段階認証の設定が終わると、ログインなどの際に、二段階認証の確認コードの入力が必要になります。

まずは、いつもどおりのログイン画面です。

メールアドレスと、パスワードを入力しログインします。

ビットフライヤーログイン場面

次に、「二段階認証が設定されています」という画面が表示されますので、スマホで、「Google Authenticator」を起動し、6桁の確認コードを入力します。

これでログイン完了です。

ビットフライヤー二段階認証画面

このひと手間が、セキュリティーレベルを上げるということです。

「ビットフライヤー」の補償内容

二段階認証の設定が必須となっている、ビットフライヤーさんの補償内容についてご紹介します。

なお、以下の内容については、ビットフライヤーさんのホームページから、引用させていただいております。

ビットフライヤーの補償内容

赤線で表示した部分に、明記してあります。

「アカウントクラスがトレードクラスであり、かつ、ログイン時および日本円出金時に二段階認証を実施している利用者」

なお、こういった補償をしてくれる仮想通貨取引所は少ないと思います。

というかほとんどない・・・

でも、こういつ1つ1つの取り組みが「信頼感、安心感、安全度」を上げていくんだと思います。

有り難い取り組みです。

さすが、国内取引量、ユーザー数ともに日本一の仮想通貨取引所「ビットフライヤー」ですね。

株主も大企業が多いですし。

信頼できます。

まとめ

ここで、二段階認証の設定手順についてまとめておきます。

  1. 二段階認証アプリをスマホに入れる
  2. ビットフライヤーにログインし、セキュリティー設定を行う
  3. 最後に、二段階認証アプリで「QRコード」を読み込む

ちょっと、ざっくりまとめ過ぎましたね。

でも、この記事のとおり順番にやっていただければ、そんなに迷うことはないと思います。

仮想通貨の取引においては、二段階認証の設定は必須です。

「いちいち面倒だな~」って思わず、必ず設定してください。

仮想通貨の場合、自分の身は、自分で守らないといけませんから。

なお、ビットフライヤーさんに限らず、他の仮想通貨取引所でも、二段階認証の設定はほぼ同じです。

私もいくつかの取引所で、二段階認証を設定してます。

1回やっちゃえば、あとは慣れます。(笑)

ぜひ、やってみてください。

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

仮想通貨の利益って、どうやって計算するの?【国税庁の通知を読み込む】

ブロックチェーンと仮想通貨を学ぶインセンティブ【仮想通貨の未来を考える】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク