女性が離婚を考える、まさか!?の理由【女性理解の重要性】

シェアいただけると嬉しいです。

ハート、心、怒り、イライラ

なんか、理由はわからないけど、

「妻の機嫌が、毎日、悪い!」

「自分に対する、あたりがやたら強い!」

そんなふうに、感じることってありませんか?

もしかすると、その原因は、「あなた」にあるかもしれません!

先日、「日本アンガーマネジメント協会」さんの調査結果を見て、「そんな状況を、ほっておくのは、かなり危険だな!」と感じました。

私たち、男性陣からは想像もつかない理由で、女性(妻)は、離婚を考えてます。

手遅れになってしまう前に、手を打たねばなりません。(笑)

悪化しすぎた関係は、修復不可能です。

そうならないために、まず、妻の機嫌を良くする(直す)し、コントロールしなければなりません。

そして、妻の機嫌を良くするためには、女性を理解することが大切です。

今回の記事では、「日本アンガーマネジメント協会」さんの怒りをテーマにした調査結果を参考に、女性理解について考えてみました。

さて、偏っていきましょうか。(笑)

調査結果「日本アンガーマネジメント協会」

「怒り」をテーマにした、2つの質問から、女性理解を深めていきましょう。

質問1:イライラした際、離婚を考えたことがありますか?

男性:ある 30.3%・ない 69.7%
女性:ある 49.0%・ない 51.0%

男女で、20%近い差があります。

この調査からわかるのは、女性は、「イライラすると離婚を連想しやすいのか」、それとも、「配偶者に対し、イライラすることが男性よりも多いのか」ということでしょうか。

【離婚を考えた原因(主な回答)】

男性の場合は、

「総合的に」、「あまりに理不尽」、「わりとよくあるので分からない」といった、抽象的な表現が多いのに対し、

女性の場合は、

「地震の際に自分だけ逃げる」、「自分だけが大変だとアピールし、妻や子どものことを配慮しない」、「ものすごく変な名前の微生物の名前を言えるのに、話しておいた予定をすぐ忘れることが何回か重なった時」といった、非常に具体的な理由があげられております。

質問2:パートナーへのイライラを、どのように伝えますか?

主な回答を比較してみます。

回      答 男性 女性
伝えず、自分の中で処理する 51.4% 35.6%
パートナーに直接話す 39.9% 58.2%
メールやLINE等のメッセージアプリを使って伝える 2.9% 7.7%
手紙等、メッセージを書いて伝える 2.4% 3.8%

赤字が、男女ごとの、1位の回答です。

男性は、イライラしたことを、パートナーへ伝えず、女性は、直接伝える傾向が伺えます。

つまり、妻から、文句(小言を含め)を言われるのは、女性の本質であり、それが健全な状態なのかもしれません。

となると、私たち男性陣からすれば、妻からの文句(小言を含め)に対する、適切な対処方法を考えるしかありません。

適切な対処方法

怒り、イライラ

質問1「離婚を考えた原因(主な回答)」の中に、既にヒントが隠れていますね。

女性は、話を聞いてほしいものです。

まずは、妻の言い分をすべて、素直に受け入れてみましょう。

そして、「怒っている理由の本質(原因)は、どこなのか?」と考えることが大切です。

怒りの枝葉に、対処しても効果はありません。

質問1における「怒りの本質(原因)」から考えてみると、

「地震の際に自分だけ逃げる」

⇒「私を、もっと大切にしてほしい」というメッセージかもしれません。

「自分だけが大変だとアピールし、妻や子どものことを配慮しない」

⇒「私のがんばりを認めてほしい」という意思表示かも。

「ものすごく変な名前の微生物の名前を言えるのに、話しておいた予定をすぐ忘れることが何回か重なった時」

⇒「私の話をちゃんと聞いてほしい」という、想いかも。

このように、怒りの本質(原因)にフォーカスすることで、対処方法は明確になります。

妻の想いの本質を、しっかり受け止めてみましょう。

まとめ

結構、私たち男性陣からすると、思いもよらない回答だったのではないでしょうか。

「まさか、そんなことで・・」という理由で、女性は離婚を考えているんですね。

でも、それを理解しないと、妻の機嫌はコントロールできません。

この調査結果をもとに、私なりに考えた、日ごろから気をつけるべきポイントをご紹介します。

3つのポイント

  1. 思いやりの意識(子育てママは、最高に忙しい)
  2. 話をちゃんと聞く(女性は話を聞いてもらいたいもの)
  3. 「ありがとう」を伝える(すべてにおいて、あたりまえと思わないこと)

ありがとうは魔法の言葉

以前の記事⇒「ありがとう」を再定義すると、見えなかった幸せに気づく!でも、紹介させていただきましたが、

ある情報番組の調査結果で、

「夫(旦那)に、一番してもらいたいことは?」という質問の多数回答は、

「心からの「ありがとう」の言葉」

だったとのことを考えると、

自分では、思いやりをもって妻に接し、話をちゃんと聞いて、ありがとうを伝えているつもりでも、全然、相手に伝わってないのかもしれません。

相手に伝わっていなければ、やってないのと一緒です。

上記の3つのポイントを、日々、心がける(意識する)だけでも、大きな効果がありそうですよ。

やっぱり、子どものためにも、「笑顔いっぱいの家庭」がいいじゃないですか。

おわりに

マーケティングのプロは、消費者理解のスペシャリストだと言われますが、「恋愛の達人」、「愛妻家」、「おしどり夫婦」と呼ばれる男性は、女性理解のスペシャリストなのかもしれません。

男性(私も含め)は、「言わなくてもわかるだろ」と思いがちですが、言わないと、わかりません!!

特に、感謝の思いは、言葉にして伝えるべきだと思います。

感謝という言葉の語源からもわかるように、「謝」とは、「言葉を射る」と書きます。

つまり、感謝とは、「感じたことを、言葉にして発し、伝える」という意味です。

感謝を伝え続けることで、必ず、お互いが幸せになるはずです。

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク