【ビットフライヤーの登録手順】安心・安全にビットコインを始めてみよう!

シェアいただけると嬉しいです。

ビットフライヤートップ画面

この記事では、国内最大の仮想通貨取引所「ビットフライヤー」の登録手順をご紹介します。

ビットフライヤーさんは、国内取引量、ユーザー数とも日本一の取引所であり、株主もすごいです。(メガバンクや大企業が名を連ねています)

【2018年3月現在】

ビットフライヤー株主一覧

また、セキュリティーに関しても、世界最高レベルとなっています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

公式ホームページ「bitFlyer のセキュリティ」

また、2018年3月に金融庁による仮想通貨取引所への立入検査が行われた際も、業務停止命令(2社)や、業務改善命令(7社)の行政処分が次々と出されるなか、ビットフライヤーさんは指導されることもありませんでした。

つまり、「信頼感、安心感、安全度」について、国のお墨付きをもらっていると言っても過言ではないでしょう。

手数料は微妙かもしれませんが・・・

でも、どんなに手数料が安くても、信頼できない取引所にお金を預けておくのは不安です。

また、仮想通貨は、リスクを分散する意味でも、いくつかの取引所を併用したほうがいいと思います。

その1つとして「ビットフライヤー」さんを入れておいてはいかがでしょうか。

それでは、登録手順について説明していきます。

アカウントの作成

まずは、アカウントを作成しましょう。

なお、今回は、メールアドレスによるアカウント作成手順の説明です。

1.ビットフライヤーのホームページへ

こちらへアクセスします。

↓ ↓ ↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

するとこんな画面が出ますので、赤く囲ってある「無料カウント作成」をクリックします。

ビットフライヤー ホーム画面1

次の画面で、メールアドレスを入力し、「無料でアカウント作成」をクリックします。

ビットフライヤー アカウント作成画面2

するとこんな画面が出ます。

ビットフライヤー メール送付3

2.登録したメールアドレスをチェック

メールアドレスの登録を行うと、こんなメールが届いているはずです。

そして、一番上の赤く囲ったリンクをクリックします。

もし、リンクがクリックできないようなら、その下の「キーワード」をコピーし、上記の画面に貼り付けし、「アカウント作成」をクリックしてください。

ビットフライヤー gmail4

3.アカウント作成完了

リンクをクリック(もしくはキーワードを入力)すると、次のような「利用規約等へ同意を行う画面」が表示されます。

ご利用規約等の確認を行い、4つの同意項目にチェックをいれ「bitFlyerをはじめる」をクリックします。

ビットフライヤー 利用規約等への同意

すると、こんな画面が表示されます。

これで、アカウント作成は完了です。

ビットフライヤー 登録済み画面5

この時点では、まだ仮想通貨の購入・売却や取引所のサービスをご利用できないため、本人確認と取引目的の手続きを行いましょう。

なお、この時点で、一旦手続きを中断し、後で、本人確認と取引目的の手続きを行うこともできます。

本人確認・取引目的の手続き

一旦手続きを中断したと想定して、説明してきます。

1.ログインする

ビットフライヤーさんのホームページより、先ほど作成したアカウントでログインします。

ビットフライヤーログイン画面

メールアドレスとパスワードを入力し、ログインです。

ビットフライヤーログイン場面

パスワードについては、「bitFlyer アカウント確認メール」に「初回パスワード」が記載されていますので、それを入力します。

ビットフライヤー初回パスワードメール

2.パスワードを変更する

最初にログインしたときに、パスワードの変更をしておきましょう。

ログインしたら、1の「設定」をクリックします。

そして、2の「パスワード変更」をクリックします。

次に、3の「現在のパスワード・新しいパスワード」を入力し「パスワード変更」をクリックします。

なお、現在のパスワードは、メールに記載されている「初期パスワード」のことです。

ビットフライヤー パスワード変更

パスワードの変更を行うと、パスワードが変更された旨のメールが届きます。

3.本人情報を入力する

パスワードの変更が終わったら、次の手順で、本人情報を入力していきます。

1の「設定」をクリックします。

そして、2の「bitFlyer アカウントご登録内容」をクリックします。

次に、3の「ご本人情報を入力する」をクリックします。

ットフライヤー 本人確認 設定画面1

すると、こんな画面が出てきますので、上から入力していきます。

入力内容は「氏名、性別、生年月日、国、住所、電話番号」です。

迷う所はないと思います。

入力が終わったら、「登録情報を確認する」をクリックします。

ビットフライヤー 本人確認 設定画面2

確認画面は、こんな感じです。

入力した内容に間違いがないか確認し、「ご本人情報を登録する」をクリックします。

本人確認 設定画面3

3.本人確認資料の提出

「ご本人情報を登録する」をクリックすると、次は、本人確認資料の提出です。

つまり、身分証明書(画像)の提出です。

今回は、一番一般的と思われる「運転免許証」で説明してきます。

他には、パスポートや、個人番号カードなどでもOKです。(詳しくはこちら

上から、「運転免許証」を選択し、表面と裏面の画像を選択します。

なお、事前にスマホ等で、身分証明書の写真を撮っておくことをオススメします。

そのほうが、手間が省けるので。(他の取引所の登録にも使えますし)

写真(画像)は、文字まで鮮明にわかるように撮影してください。

再提出になると、面倒なので・・・

本人確認資料の提出4

画像の選択が、終わったら「ご本人確認資料を提出する」をクリックします。

この画面が表示されたら、本人確認手続きは完了です。

すっごい簡単なので、そのまま取引目的の手続きを行いましょう。

「続けて、取引目的等を確認する」をクリックします。

本人確認資料提出後画面5

4.取引目的の手続き

選択するのは、3箇所だけです。

  1. 外国の重要な公人について
  2. 職業の選択
  3. 取引の目的

チャックするだけなので、すぐ終わりますね。

取引目的の設定6

すると、こんな画面が表示されます。

これで、「本人確認・取引目的の手続き」は完了です。

続けて銀行口座の登録をすることもできますが、手続きを一旦中断して、あとで手続きでもいいと思います。

この辺は、お好みで!

ビットフライヤー使用目的設定後、銀行口座設定

5.手続き完了のメールと、はがきの受け取り

「本人確認・取引目的の手続き」が完了すると、登録したメールアドレスにメールが届きます。

メールは、結構すぐ届きました。

ビットフライヤー アカウントグレードアップメール

また、3~4日後に登録完了のはがきが書留郵便で届きます。

これで「本人確認・取引目的の手続き」はすべて完了です。

日本円を入金し、取引をスタートしましょう。

ビットフライヤー手続き完了はがき

まとめ

ここで、「ビットフライヤーの登録手順」と「準備するもの」をまとめておきます。

  1. アカウントの作成(メールアドレスの準備)
  2. 本人確認手続き(身分証明書の画像を準備)
  3. 取引目的の手続き
  4. 登録完了はがきの受取

まとめると、準備するものは「メールアドレス」と「身分証明書」だけだし、手順もほとんどありません。

「仮想通貨を始めるのって難しい・・・」とか「取引所の手続きって面倒そう・・・」ってイメージがあるかと思いますが、ぜんぜんそんなことありません。

結構、簡単に始めることができます。

ぜひ、国内トップレベルの信頼・安心・安全の「ビットフライヤー」で、ビットコイン(仮想通貨)を始めてみてはいかがでしょうか。

↓ ↓ ↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

楽天市場で買い物して、タダで「ビットコイン」をもらおう!【ビットフライヤー会員特典】

仮想通貨取引所「ビットフライヤー」の二段階認証の設定手順【全画像付き】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク