ブロックチェーンと仮想通貨を学ぶインセンティブ【仮想通貨の未来を考える】

シェアいただけると嬉しいです。

ブロックチェーンと仮想通貨

あなたは、「仮想通貨」と聞くと、どんなイメージを持ちますか?

私は、「怪しい」「不安」「投機(ギャンブル)」という3つのイメージを持っていました。

具体的に言うとこんな感じです。

「国の保証がされていない通貨って、通貨と言えるのか?」

「いきなり、(この仮想通貨)やっぱ、辞めた!ってならないの?」

「仮想通貨って、ゼロサムゲームでしょ!?」

でも、私の発想が、浅はかでした。

また、「生きてきた時代の常識に縛られた思考だった」とも言えます。

なぜなら、2017年、仮想通貨の市場が強烈に拡大しました。

その背景としては、2017年4月から「仮想通貨に関する新しい制度(金融庁)」が開始されたことが大きな要因じゃないかな!?って思っています。

このことにより、日本政府が、国として「仮想通貨というもの」を認めた(定義した)ということです。

ちなみに、こんな風に定義されています。

5 この法律において「仮想通貨」とは、次に掲げるものをいう。

一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

出典:e-Gov「資金決済に関する法律」

そこで、私のゆるいアタマで、考えてみました。

「仮想通貨って、今後、どうなるんだろう?」って・・・

そして、考えた結果、たどりついた答えが、これです。

「今、ブロックチェーンと仮想通貨(ビットコイン等)を学んでおかないと危険かも!?」

ということで、私は、ブロックチェーンと仮想通貨を学ぶことにしました。

そこで、

「なぜ、そう思ったのか?」と「どうすれば、効率良く学べるのか?」について、自分なりに考えたことをまとめておきます。

あなたも私と同じく、ブロックチェーンと仮想通貨を学んでみませんか?(笑)

それでは、偏ってまいりましょう。

仮想通貨を学ぶ3つのインセンティブ

ブロックチェーンと仮想通貨を学ぼうと思った、3つの理由をご紹介します。

お金の役割(機能)と進化の過程を考える

まず、「仮想通貨って通貨としての役割(機能)を果たすのか?」という疑問から、考えてみました。

通貨として、機能するためには、次の3つの条件を満たす必要があります。

  1. 価値の尺度
  2. 価値の交換
  3. 価値の保存

少し前に、ビットコイン1枚(1BTC)が、200万円を超えたというニュースが流れましたが、このことからもはっきりと、通貨としての3つの条件を満たしていると言えそうです。

例えば、こんな感じです。

価値の尺度:1BTC = 200万円

価値の交換:1BTC ⇔ 200万円分の物と交換

価値の保存:電子上に残り続ける

つまり、通貨としての第1の関門である機能(役割)を、仮想通貨は、十分に満たしていることになります。

次に、価値の交換(お金)という視点で、進化の過程から、仮想通貨を考えてみます。

通貨が誕生する前は、物々交換(食べ物など)です。

それが、金に変わり、お金(紙幣等)に変わりました。

進化の過程においては、常に、人間の不便を解消する(もっと便利にする)ことが目的になっています。

例えば、持ち運ぶのが大変だったり、保存ができなかったり・・・

つまり、人は、世の中をどんどん便利にするために、色々なものを開発していきます。

そして、それは、世界の「あたりまえ」を変えてしまう。

出始めは、怪しさ満点だった「インターネット」や「ネットショッピング」も、今となっては「あたりまえに」なっています。

そう考えると、「ブロックチェーンという新しい技術を使った仮想通貨」は、「世界のあたりまえ」になる可能性を大いに秘めています。

なぜなら、仮想通貨には、国境がありません。

つまり、仮想通貨とは、世界共通通貨であり、どこの国に行っても外貨両替することなく使うことができます。

既に、仮想通貨による「便利」が始まっています。

でも、なにより、

そもそも、通貨(お金)なんか持ち歩くの面倒じゃないですか?(笑)

なお、現在は、投機のイメージが強い仮想通貨ですが、価値の交換ができる店舗が増えていく(実用性が備わる)ことで、もっともっと便利になっていきます。

長い歴史から考えてみても、人が、便利を追求し続けるという「流れ」は、止めることはできません。

結果、仮想通貨は、どんどん「あたりまえ」になっていくと思います。

仮想通貨市場の拡大と大手企業の参入

2017年は、仮想通貨の市場が一気に拡大した1年でした。

2017年はじめは、2兆円程度だった市場規模が、たったの1年で、30兆円を超えています。

まさかの15倍!!

ちなみに、日本を代表する企業の時価総額(2018年1月)を見てみると、

  • トヨタ自動車 約24兆円
  • ソフトバンク 約10兆円

となっています。

既に、トヨタ自動車の時価総額を圧倒的に越えています。

もう、無くせないでしょ!?ここまで拡大した市場を!

ちなみに、日本のマネタリーベースが、約479兆円ですから、2018年にどのくらい仮想通貨の市場規模が拡大するか楽しみです。

また、大企業の仮想通貨事業への参入が相次いでいます。

ディズニーとメルカリが、仮想通貨の市場へ参入!!

これは、拡大しないわけがない!!

東京オリンピック(2020年)の開催

2020年の東京オリンピックに向け、日本への外国人観光客が増加することを考えると、仮想通貨(ビットコイン等)の取扱店が、増えるのでは!?と思っています。

なぜなら、クレジットカードより、仮想通貨の方が圧倒的に手数料が安いので、それが、お店側のインセンティブになるからです。

また、海外の人からすれば、外貨両替する必要もないですし。

ちなみに、今、現在、ビットコインが使える主なお店は、「ビックカメラ」「コジマ」「ソフマップ」「メガネスーパー」「HIS」などがあります。

結果、2020年に向けて、仮想通貨の使えるお店が、どんどん増えていく気がします。

つまり、まだまだ、仮想通貨は「はじまり」なんじゃないか!?って、感じています。

効率的な学びかた

仮想通貨を自分事にする

仮想通貨を学ぶためには、「仮想通貨を他人事にしないで、自分事にするしかない!」と考えました。

それが、一番効率的な「学び」になる気がします。

なので、仮想通貨の取引を始めてみました!(笑)

私は、仮想通貨について「知識ゼロ」なので、色々調べた結果、安全性と品揃えを重視し、取引所を選んでみました。

安全性は、「2段階認証」が可能かどうかを判断基準としました。

結果、取引所は、「Zaif(ザイフ)」さんと、「coincheck(コインチェック)」さんの2つにしました。

「まー、必要に応じ、取引所は増やしていけばいいかな」って軽く考えています。

平成30年1月のNEM(仮想通貨)の流出を受け、セキュリティー(安全面)で世界最高レベルと言われる「ビットフライヤー(仮想通貨取引所)」さんの登録を追加で行いました。

私は、一攫千金目的ではないので、「おこづかい程度で、色々遊んでみようかな!?」って感じです。

ちなみに、どちらの取引所も、無料で登録でき、5分ぐらいで完了です。

本人確認などの手続きにより、取引開始までに、少し時間がかかるので、登録だけしておき、はじめようと思ったときに、すぐ始められるようにしたほうがいいかもしれません。

登録だけなら、手数料もかからないので、完全無料です!

本から学ぶ

お金2.0、ブロックチューンレボリューション、いまさら聞けないビットコイン

実際に読んでみて、おもしろかった「オススメ本」を紹介します。

お金2.0 新しい経済のルールと生き方

まずは、これを読んでください。

「ブロックチューン」や「ビットコイン」について、直接的に、書かれたものではありませんが、これからの未来を知るための超必読書です。

新しいもの(テクノロジーを含めたすべて)を受け入れていくことの大切さに気づかせてくれます。

学ばないことが、怖くなります!!(マジです!)

ちなみに「お金2.0」については、こちらの記事で、おもいっきり紹介しております。

【お金2.0~新しい経済のルールと生き方】で、マジ!生き方が変わる!

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

とてもわかりやすく、入門書としてオススメです。

ビットコインの歴史や仕組みから、ビットコイン以外の仮想通貨のことまで、幅広く学べます。

ブロックチェーンレボリューション

ビットコインなどに使われている、「ブロックチェーン」という技術が持つ可能性と、この技術によって、未来はどうなっていくのかが、学べます。

この本も、読んでおいたほうがいいです。

「なぜ、ブロックチューンと仮想通貨を学ばなければならないのか?」の答えが見つかるかも。

超必読書です。

まとめ

重要

ここで、仮想通貨を学ぼうと思った動機を、まとめておきます。

  1. お金の役割(機能)と進化の過程を考えると、今後、仮想通貨が「世の中のあたりまえ」になってもおかしくない。
  2. 仮想通貨市場の拡大と大手企業の参入(ディズニー・メルカリなど)
  3. 東京オリンピック(2020年)の開催による、外国人観光客の増加により、仮想通貨(ビットコイン等)の取扱店の増加

以上のことから、今、ブロックチェーンと仮想通貨を学んでおかないのは、危険だと思いました。

かなりの素人考えですが、これが私の「学ぶインセンティブ」です。

なお、「もう遅い」と思っちゃうと、何も始められないから、「まだまだ、先駆者でしょ!?って感じで走ろう!」って思っています。(笑)

お金目的ではなく「私たちの生活を変えてくれる技術を学ぶ」という意識で、仮想通貨を学んでみませんか?

そう、スマホやSNSが、世の中の「価値の概念」を変えたように。

でも、最終的には、「なんか、おもしろそう!」ていうのが、一番大きいんですけどね。(笑)

さあ、一緒に学ぼう!

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

楽天市場で買い物して、タダで「ビットコイン」をもらおう!【ビットフライヤー会員特典】

法定通貨と仮想通貨の違い【国の保証って本当に重要なの?】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク