「何のために働くの?」から考える、会社の役割と目的【人が集まる会社の作り方】

シェアいただけると嬉しいです。

会社、ビジネス、チームメンバー

僕は、10年以上、マネジメントの仕事をしてるんですが、「人材育成や職員採用の人事関係」の仕事を通じて、気づいたことがあります。

それは、

「職員にとって・・・」という視点で、物事を判断するマネージャーがいる部署は、離職率が低いってこと。

言い換えれば、「職員優先の判断基準」が離職率を下げるってことです。

組織において、マネジメントの仕事をしていると、日々、様々な判断に迫られます。

そのときに、会社優先(会社にとって有益)で判断をするマネージャーって、結構、多いです。

「管理」という意味では、それも悪いわけではないのですが、会社優先の判断ばかりだと、職員からの信頼は完全になくなります。(会社優先とは、言い換えれば、上司優先の判断ってことです)

結果、退職者が増え、離職率が上がります。

そこで、ふと、こんな疑問が浮かんだんです。

「会社って、何のためにあるんだろう?」

ちなみに、なんで、こんな疑問が浮かんだかと言うと、

会社の利害と、職員の利害が一致してないから、「会社 VS 職員」みたいな構図になるわけで、利害が一致していれば、「会社 = 職員」という構図なります。

つまり、「職員にとって嬉しいことは、会社にとっても嬉しいこと」となり、「どっちの利害を優先するべきか?」なんて議論は、起きるわけがないんですよね。

そこで、もしかすると、

「会社の本来の役割(目的)を見失ってしまったから、こんなことが起きるんじゃないか?」

って思ったんです。

だから、

「会社って、何のためにあるんだろう?」

って、疑問が浮かんだんです。(ちょっと、説明が長くなりましたね・・・)

そんなことで、今回、会社の本来の役割と目的から「人が集まる(人が辞めない)会社の作り方」について、考えてみましたので、ご紹介します。

それでは、超偏りでまいりましょう。

会社とは、社員を幸せにするためにあるんだよ!!

いきなりですが、僕が出した結論からです。

会社が、最優先すべき目的とは、ズバリ!!これです。

「社員の幸せ」

そして、会社の本来の役割とは「社員を幸せにする」ことです。

それでは、この結論に至った経緯について、説明していきます。

人って、何のために働くんだろう?

そもそも論で、まずは、この疑問から考えてみました。

僕らが、働く理由って、人によって違うと思いますが、ほぼ共通している1つの要素として、

「お金を稼ぐため」

が入ってくるはずです。

なお、僕の友人(数人)に質問したら、全員がこの回答でした!!(笑)

そして、お金を稼ぐ理由としては、

「生活するため」「遊ぶため」「欲しいものを買うため」とか、人それぞれだと思います。

また、「お金を稼ぐ理由」から、さらに深掘って考えてみると、すべての項目が、ある1つの理由に集約されていくように思えたんです。

それは、「幸せになるため」という理由です。

なぜなら、「遊ぶため」とか「欲しいものを買うため」という理由は、「幸せになるため」の最たるものですし、また、「生活するため」という理由についても、「自分が望む生活をするため」というニュアンスが含まれているからです。

わかりやすく言うと、

現在は、家があって、電気が使えて、スマホ、車、テレビ、エアコン、洗濯機などがある生活があたりまえですが、人間の長い歴史から考えれば、今の生活水準の方が異常です。

つまり、「生きる」ということのみを考えれば、別にお金なんか、なくてもなんとかなるってことです。(働かずに生きていく方法は、あるってこと)

結果、理由は様々ですが、「みんな、幸せになりたくて、働いている(仕事をしている)」ってことです。(ちょっと、強引かな???いや、そんなことないよね・・・)

幸せになりたくて仕事をしているのに、不幸になってる人が多くないか?

世の中のニュースを見ていると、仕事で「パワハラ」を受けたり、仕事が原因で「過労死」したりと、ぜんぜん幸せになってない人が溢れている気がします。

それって、なんか、おかしくないですか???

だって、人は、幸せになりたくて、仕事をするのに、仕事をすることで不幸になっているんだよ!!

これって、会社が、社員が仕事をする理由を、理解してないからだと思うんです。

言い換えれば、会社が本来の目的(役割)を果たしてないってこと!!

なぜなら、社員が不幸になる会社って、「売上重視で、社員をこき使い、極限まで疲弊させたあげく、残業代は払わない!!」って感じの会社ですよね。

これって、ぜんぜん社員の幸せを考えての行動じゃないと思うんです。

結果、こういう会社は、会社の本来の目的を見失っている状態ってことです。

法律上は、会社だって、職員と同じ「人」なんだよ

会社は、法律の上では、「人」であり、だから、「法人」っていうんです。

つまり、会社だって、社員だって幸せになりたいはずなんです。

だって、「人」なんだもん!!(笑)

幸せになりたくない人っていないでしょ!?

だとすれば、「会社と社員が、同時に幸せになる仕組み」をつくればいいと思いませんか?

そのために、まず、やらなければならないのは、会社の幸せと、社員の幸せを合わせるってことです。

そして、会社と職員の幸せを合わせるには、会社の幸せを、職員の幸せに寄せていく必要があります。

だって、

「会社の幸せのために、死ぬほど働いてくれ!」

こんな風に言われて、嬉しい社員っていますかね?

「よし、頑張ろう!!」って思う人っていますかね?

ほぼ、いないですよね~

でも、「社員みんなが、幸せになる会社をつくろう!!」って言われて、嫌な人っていないですよね?

つまり、会社の利害に、職員を合わせるんじゃなくて、職員の利害に会社の利害を合わせていくしかないってことです。

ただ、最終的には、社員の幸せが、会社の利益に繫がると思います。

だって、会社って、社員の集合体ですよ。

幸せな社員のパフォーマンスは、当然、高くなりますから、会社の業績にだって、いい影響があるはずです!!

「幸せになりたいから、この会社で働きたい」と思われる会社をつくる

幸せの要素って、人それぞれのため、すべてを満たすことはできません。

でも、「職員にとって・・・」という視点で、物事を判断し、それを仕組み化していけば、必ず、職員の働きやすい職場環境になるはずです。

例えば、

  • 有給休暇の取りやすさ
  • 職員の幸せを判断基準にするマネジメント(上司)
  • 職員の様々な価値観を肯定する柔軟な組織文化
  • 職員の自己実現を支援する仕組み
  • 頑張れば、頑張っただけ、職員が幸せになれる仕組み

などなど。

当然、職員を幸せにするためには、給料だって重要ですので、利益(業績)だってしっかり出さなければなりません。

ただ、「利益が先」ではなく、「職員の幸せ」が先だと、僕は思います。

つまり、職員が幸せだから、いいサービスが提供でき、それが、結果として利益に繫がる。

また、そういう会社だから、優秀な人材が集まってくる。

だから、また、利益が上がる!!って感じのサイクルです。

逆に、利益がない(少ない)から、職員を幸せにできないと考えるのは、考えが浅はかだと思います。

だって、お金をかけなくても、働きやすい職場環境ってつくれますよね?

マネージャーの意識改革を行うだけでも、大きな効果が期待できますし。

まとめ

重要

ここで、「会社の役割・目的」と「人が集まる会社の作り方」について、まとめておきます。

会社の役割・目的

  • 社員を幸せにすること ※最優先
  • 消費者(お客さん)を幸せにすること
  • 事業を継続し続けること

人が集まる会社の作り方

  • 社員の利害と、会社の利害が一致している
  • 「この会社で働くと、幸せになれるよ」という口コミをデザインする
  • 会社は社員を幸せにするための、1つの「コミュニティ」と定義する

人は、「自分が幸せになれるコミュニティ」は、ずっと続いて欲しいと思うものです。

会社が、その役割を果たせれば、社員全員にとって、会社経営が自分事になります。

だって、ずーーーーーーーと、続いてほしい会社ですから。

結果、人が集まり、会社を継続させるために、高いパフォーマンスを発揮する、全員経営の生産性の高い組織ができあがるのだと思います。

では、最後に、質問です。

「あなたの会社は、あなたを幸せにしてくれますか?」

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

楽して簡単にお金を稼ぐなら、サラリーマンというビジネスが最強!!

有休が取れない会社って、毎年1ヶ月サービス労働してるのと一緒だよ!?という話

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク