「パパって、スゴイ!!」を子どもに伝える最高の方法【ママは子どもの神様だよ】

シェアいただけると嬉しいです。

ママ、子ども、公園、親子

小さな子どもにとって、ママとは、世界そのものであり、神様のような存在です。

その子の世界のルールは、ママが作りますし、価値観についても、ママの感覚がベースになります。

そう、ディズニー大好きママの子どもが、ディズニー大好きになるように・・・(あ!?うちのことだ!!)

つまり、子どもにとって、ママとは絶対的な存在なんです。

「じゃあ、パパはどうなんだろう?」と、考えてみると、ママに比べ重要感が非常に低い気がします。(うちの場合はですが・・・)

なんだろう・・・ちょっと、悔しいっす。(笑)

で、考えてみたんです。

「パパって、スゴイ!!」を子どもに伝えるには、どうしたらいいんだろう?って。

そして、考えに考えを重ね、ついに、思いつきました!!

「パパの凄さを、子どもに伝える方法」を!!

そして、先日、小学校低学年の息子に、試してみましたので、ここに結果(成果)を報告します。

なお、僕的には、まずまずの結果でした!!(笑)

もし気に入っていただけたなら、ぜひ、あなたの家庭でも試してみてください。

それでは、偏りパパの「パパって、スゴイ!!の伝え方」のはじまり、はじまり~

「パパって、スゴイ!!」の最高の伝え方

パパを凄さを伝えるには、ただ「パパって、凄いんだぞ~」って言っても、スルーされるだけです。

ですので、パパってどのくらい凄いのかを、客観的に伝える必要があります。

ただ、客観的なら、なんでもいいわけではありません。

子どもにとって、「この人が言っているなら、間違いない!!」という強烈な事実を伴った客観性が必要です。

ですので、

少し心苦しいのですが、「ママ」という神様の権威を使わせていただきます。

ママの持つ圧倒的な権威を利用することで、子どもを「神様の言うとおり状態」にしていきます。

そうです、これが、僕が編み出した「パパって、スゴイ!!の伝え方」です!!

え!?くだらない?

そんなこと言わずに、もうちょっとだけ、読んでみてよーーーー!!

ちょっと、ちょっと、ページを閉じないでくれーーーーーい!!!

ね、お願いだから、息子に、この方法を試した所まで読んでよ~(笑)

息子にとっての「スゴイ人」ってどんな人?

「スゴイ!!」ってすごく抽象的な表現で、人によって「スゴイ人」の定義って、変わっちゃいます。

ですので、息子に聞いてみました!!

僕:

「○○(息子)にとって、スゴイ人ってどんな人かな~?」

息子:

「イケメンで、おもしろくて、頭がいい人~」

僕:

「それって、例えば誰のこと?」

息子:

「イケメンは、嵐(ジャニーズ)」

「おもしろい人は、ヒカキン(ユーチューバー)」

「頭のいい人は、東大の人」

我が息子ながら、答えが単純でいい!!(笑)

これで、「パパって、スゴイ!!」の条件が揃いました。

だって、パパが、

「嵐より、イケメン」

「ヒカキンより、おもしろい」

「東大の人より、頭がいい」

ってなると、「パパって、スゴーーーイ!!」ってことになるでしょ!?

そして、僕は、心に誓ったんだ。

「やるしかね~」

「超えてやる、この大きな3つの山を!!」と・・・

で、実際に、息子に試してみた!

会話

「スゴイ!!パパ」の定義が明確になったので、あとは、息子に「パパって、スゴイ!!の伝え方」を試すだけです。(なお、作戦は十分練ってあります)

そして、思いがけず、チャンスがやってきました。

それは、息子とお風呂に入っているとき、こんな質問を息子がしてきたんです。

「パパは、嵐よりイケメン」編

息子:

「パパって、イケメンなの?」

おそらく、この質問については、テレビの影響か、ママの言葉か、何かしらの「きっかけ」があってのものだと思います。

僕は、この質問により「パパって、スゴイ!!の伝え方」を発動させました。

そして、息子とこんなやり取りをしたのです。

僕:

「パパは、イケメンだよ。」

息子:

「じゃあ、パパは、嵐(ジャニーズ)と、どっちがイケメンなの?」

僕:

「ぜんぜん、パパでしょ!?」

息子:

「えーーーーー、嵐の方がイケメンでしょ!?」

僕:

「いや、パパの方がイケメンだよ!」

「だってさ、ママは、嵐と結婚しないで、パパと結婚したんだよ。」

「嵐の方が、イケメンだったら、ママは、嵐と結婚するでしょ!?」

息子:

「えーーー、そういうことなの?」

「なんか、違う気がするけど・・・」

「パパは、ヒカキンより、おもしろい」編

息子:

「じゃあ、パパと、ヒカキン(ユーチューバー)は、どっちがおもしろいの?」

僕:

「パパの方が、おもしろいでしょ!?」

息子:

「えーーーーー、絶対、ヒカキンだよ!!」

「だって、ヒカキンは、ユーチューバーだよ!」

僕:

「いやいや、絶対、パパの方が、おもしろいよ!」

「だってさ、ママは、ヒカキンと結婚しないで、パパと結婚したんだよ。」

「ヒカキンの方が、おもしろかったら、ママは、ヒカキンと結婚してるでしょ!?」

息子:

「え!?そうなの?」

「パパは、東大の人より、頭がいい」編

息子:

「じゃあさ、パパって、頭いいの?」

僕:

「パパは、頭いいよ~」

息子:

「じゃあ、パパは、東大行ったの?」

僕:

「パパは、東大に行ってないよ。」

息子:

「じゃあ、東大の人の方が、パパより、頭いいんでしょ?」

僕:

「いや、違うよ。」

「パパは、東大に行っていないけど、パパの方が、頭いいよ~」

息子:

「絶対、違うよーーーー、東大の人の方が、頭いいよーーーー!!」

僕:

「だってさ、よく考えてみてよ。」

「ママは、東大に行った人と結婚しないで、パパと結婚したんだよ。」

「東大の人の方が、頭良かったら、ママは、東大の人と結婚するでしょ!?」

息子:

「え!?そうなの~」

「ママが、東大の人に会わなかっただけじゃないのかな・・・」

完全に勝った!!

嵐にも、ヒカキンにも、東大にも。

完全勝利だーーーー!!!(笑)

ママの男性の好み(タイプ)

言うまでもありませんが、ママは、こういう人がタイプです。(そういうことにしておきます)

  • イケメン
  • おもしろい人
  • 頭のいい人

さらに言うなら、「優しい人」です。

ちなみに、僕は、「ほぼ優しさ」でできてますので、優しさが半分しかない「バファリン」を超えています!!

つまり、ここでも完全勝利です!!(笑)

なお、想像するだけで「ゾッ」としますが、僕の優しさが、「バファリン」より、少なければ、ママは、「バファリン」を選んでいたのかもしれません。

まとめ

それでは、ここで「パパって、スゴイ!!を子どもに伝える最高の方法」について、まとめておきます。

  • 子どもにとって「ママ」は神様
  • その「ママ」が選んだ「パパ」は最高にスゴイ人
  • パパの凄さを伝えるときは「ママ」という権威を使え

どうですか?

ぜひ、あなたのご家庭でも、お試しください!!(笑)

で、結局、何を伝えたかったかと言うと、

  • すべての人(万人)から愛される要素なんてない
  • 世界で一番大切な人から、世界で一番大切だと思われればいい
  • 価値観は人の数だけある、だから、あなたという価値は、世界で1つだけ

ってことです。

ましてや、他人と比較したり、他の人の価値観に合わせる必要なんてないんですよね。

自分が「良い」と思ったものだけを、愛でればいいと思うんです。

だって、他人と比較して、優劣を感じたとしても「価値のものさし」が、時代や人によって、変わってしまえば、その優劣なんか、すべてひっくり返っちゃいますから。

結局、自分が持つ「価値のものさし」で見ることが一番大事じゃないですか!?

最後に、ちょっとだけ、真面目になっちゃいました~

俺、真面目か!?(笑)

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

妻からの「顔はぜんぜん好みじゃない」は、最高の褒め言葉でしょ!?という話

子どもに「バカ!」って言っていませんか?【子育てパパの悩みと気づき】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク