自動計算ができる「無料エクセルファイル」のまとめ【社会保険・医療費・税金】

シェアいただけると嬉しいです。

ノートPC、草むら、エクセルファイル

この記事では、次の5つの項目について、自動で計算してくれる「エクセルファイル」を紹介しています。

  1. 年末調整における保険料控除額
  2. 傷病手当金(健康保険)の支給額
  3. 高額療養費(健康保険)の限度額と還付額
  4. 社会保険加入時の報酬月額と社会保険料
  5. 賞与における社会保険料等控除後の額(賞与手取り額)
  6. 出産一時金・出産手当金・育児休業給付金・産前産後休業期間・育児休業期間

すべて、無料でダウンロードできますので、気になるファイルがあれば、ぜひ、使ってみてください。

なお、動作確認は、徹底したつもりですが、利用については、各自の責任でお願いします。

それでは、1つずつ紹介していきます。

年末調整における保険料控除額

まずは、当ブログ「ほんゆき」で、一番人気の「年末調整における保険料控除額」を、自動計算してくれる「エクセルファイル」です。

年末調整って、会社員のほとんどの人が、行わなければならない手続きです。

ただ、1年に1回しか行わないため、毎年、ほぼ忘れちゃってて、計算するのに苦労します。

でも、このファイルがあれば、生命保険会社等から送られてくる「保険料控除申告書」の申告額を入力するだけで、すべて自動計算してくれます。

季節限定の用途になっちゃう「エクセルファイル」ですが、結構、便利だと思います。

ぜひ、「一家に1ファイル」いかがでしょうか。(笑)

なお、会社の年末調整担当者にもオススメです!!

確認作業が、劇的に楽になりますから。(僕は、毎年、愛用しています)

無料ダウンロードは、こちらの記事からお願いします。(使い方も、説明してますので)

年末調整における保険料控除額の自動計算【無料エクセルファイル】

傷病手当金(健康保険)の支給額

次は、病気やケガで、会社を休まなければならなくなったときに、休業補償として社会保険(健康保険)から支給される「傷病手当金」の支給額を自動計算する「エクセルファイル」です。

現在の給与額から計算(試算)するので、概算額ではありますが、結構、正確な数字が算出できます。

また、現在は休職の予定はないが、もしもの時、「傷病手当金」で、

「どのくらいのお金が、給付されるのか」

そして、

「どのくらいのお金が、足りないのか(生活費等)」

を試算するのに最適です。

つまり、傷病手当金の給付額が分かることで、必要以上の「生命保険(医療保険など)」に加入してしまうリスクを抑えられるってことです。

無駄な出費を減らすことができるので、嬉しいですよね。

ぜひ、1度、試算してみてください。

無料ダウンロードは、こちらの記事からお願いします。(使い方も、説明してますので)

傷病手当金の支給額を自動計算する【無料エクセルファイル】の紹介

高額療養費(健康保険)の限度額と還付額

続いては、大きな病気やケガで、医療費が高額になった場合に、一定額以上の医療費が戻ってくる「高額療養費」を自動計算する「エクセルファイル」です。

医療費の計算って、複雑でいちいち面倒なんですよね~

だからこそ、自動計算ファイルを使って「限度額」と「還付額」を、楽々簡単に、計算しちゃいましょう。

ちなみに、高額療養費も、傷病手当金と同じく「もしもの時に、どのくらいお金が必要になるか」を試算するのに、すっごく重要です。

ぜひ、試算しておいてください。

無料ダウンロードは、こちらの記事からお願いします。(使い方も、説明してますので)

高額な医療費が戻ってくる!?高額療養費の自動計算【無料エクセルファイル】

社会保険加入時の報酬月額と社会保険料

これは、職員が社会保険に加入する際に必要となる「健康保険・厚生年金保険の報酬月額」と「雇用保険の賃金月額」を自動で算出する「エクセルファイル」です。

このファイルは、会社等で、社会保険手続きに関わる人にオススメです。

もし、電卓を叩きながら、報酬月額を算出しているなら、ぜひ、使ってみてください。

少しは、楽になるかもです。(ちょっと、弱気です・・・)

なお、標準報酬月額と、社会保険料(概算)も、自動で算出(表示)できるようにしてあります。

無料ダウンロードは、こちらの記事からお願いします。(使い方も、説明してますので)

賞与における社会保険料等控除後の額(賞与手取り額)

次は、賞与(ボーナス)にかかってくる、所得税と社会保険料を自動計算する「エクセルファイル」です。

言い方を変えれば、賞与(ボーナス)の手取額を自動計算できるファイルってことです。

ちなみに、このファイルの使い方の1つとしては、

「賞与(ボーナス)から、社会保険料を控除した場合と、控除しなかった場合で、どのくらいの金額差が出るかを確認する」

ってことです。

なお、なぜ、その金額差を確認するのかというと、

賞与(ボーナス)の社会保険料は、月末日に所属していない場合は、徴収しないことになってるんです。

つまり、わかりやすく言うと、月末退職ではなく、月途中の退職であれば、社会保険料がかからないってことなんです。

そうです、賞与の手取額が増えるってことです。

もし、賞与を貰って退職しようかなと考えているなら、ぜひ、試算してみてください。

結構な金額差が、出ますよ。

無料ダウンロードは、こちらの記事からお願いします。(使い方も、説明してますので)

オススメの退職時期は!?「賞与をもらって退職」なら月末退職は損かも!?

出産一時金・出産手当金・育児休業給付金・産前産後休業期間・育児休業期間

最後は、出産するときに支給される「お金」と、「仕事を休める期間」の両方を自動で算出する「エクセルファイル」です。

このファイルは、

  • 出産予定日(仮の設定でもOK)
  • 育児休業で、いつまで仕事を休む予定なのか?
  • 総支給額(現在の給与額)

の3つの項目を入力するだけで、すべて自動計算してくれますので、超絶簡単に使えます!!

なお、僕としては、

  • 仕事で職員の社会保険手続きを担当している人
  • 働いている女性で、出産を予定している人
  • 子どもが欲しいと思っているんだけど、出産にかかる「お金」が心配な人

に使ってもらえたら嬉しいな~って思ってます。

無料ダウンロードは、こちらの記事からお願いします。(使い方も、説明してますので)

出産手当金・育児休業給付金を自動計算する【無料エクセルファイル】の紹介

まとめ

今回、紹介した「エクセルファイル」は、仕事を少しでも、楽にしたいと思って、試行錯誤しながら、僕が自作したものです。

使えそうなファイルがあったら、ぜひ、ご利用ください。

なお、また、何か作ったら、このページにアップしていきたいな~って思っています。

超不定期で・・・(笑)

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

タバコによる時間損失は、年間600時間以上!【タバコをやめる動機づけ】

日本人の読書量【読書だけで必ず食える1%の人になるには】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク