林修先生の講演「やりたい事と、できる事」を聞いてきました!

シェアいただけると嬉しいです。

先日、「今でしょ!?」で有名な、林修先生の講演会に行ってきました。

ご存知のとおり、林先生は、東進ハイスクールの講師、テレビ出演など活躍は多岐に渡りますが、全国各地で講演活動も行っているとのこと。

呼ばれれば(講演依頼があれば)どこにでも行くそうで、47都道府県のうち、46都道府県まで網羅したそうです。

そんな林先生の話を聞きながら、自分なりに理解した(考えたこと)をまとめておきます。

「できる人」と「できない人」の違い

できる人の特徴

  • ゴール(目標)から逆算で考え、今、何をするべきかを考えている。
  • やるべきことの「優先順位」を考えている。

できない人の特徴

  • 足し算で考える。

自分なりに考えたこと

予備校講師として、多くの生徒を見てきた中で、はっきりと違いが出るそうです。

この話を聞きながら、以前、読ませていただいた「プロフェッショナル・マネージャー(58四半期連続増益の男)」という本に書かれている言葉を思い出しました。

この本は、ユニクロ 柳井社長のオススメ本で、経営について書かれたものなんですが、

「経営はまず結論ありきであり、最終的に何を求めて経営していくかを決め、そこから逆算して、結論に至る方法を考えられる限り考え、いいと思う順からまず実行する。そして、実行した結果と結論を常に比較し、修正していく。」

というような内容です。

つまり、全体を俯瞰(ふかん)して目標に向かってのスケジューリングを行い、徹底するということが大事ということなんでしょうね。

収入と幸福度の関係

収入が増えることで、生活満足度(地位財)は比例して上がっていくが、幸福度(非地位財)はある一定の収入を超えると、上がらなくなる。

そのボーダーラインは、年収750万円という研究結果がアメリカで出ているそうです。

地位財

他人(周囲)との比較で満足を得られるもの。

⇒ 所得・役職・ブランド品・家・車・子供の成績など

非地位財

他人との比較に関係無く満足が得られるもので、他人と比較しなくても自分にとって価値の変わらないもの。

⇒ 健康・休暇・勤務時間の長さ・良い環境・愛情など

自分なりに考えたこと

「収入が多いから幸せ」や「収入が少ないから不幸せ」ということではなく、「収入が多いけど不幸せ」という人もいる。

何事も「当たり前」と思わず、「有難い」と感謝し、自分が持っている非地位財を意識しておくことが大事かのかなと考えさせられました。

失ってみないと気づけないものって多いですけどね・・・健康とか、家族とか・・・

理想は「収入が多くて幸せ」だと思います。

ただ、年収750万円のハードルも高い気もします。

「収入が少ないけど幸せ」を目指すしかないですね。(笑)

勉強のやり方

勉強とは、「なぜ?できないのか?」、「どうすれば、できるのか?」のプロセスを考える行為である。

「自分の頭で考える訓練」をしておかないと、人工知能により仕事がなくなる時代を生き残れない。

やりたい事とできる事

パターン

  1. 「やりたいこと」・「できること」
  2. 「やりたいこと」・「できないこと」
  3. 「やりたくないこと」・「できること」
  4. 「やりたくないこと」・「できないこと」

4のパターンは、「やりたくなくて、できない」から、考える必要なし。

理想は、1のパターンですが、全員が希望通りとはいかない。

1番の問題パターンは、3のパターンであり、「自分がやりたい事と、世の中の需要が合っているか」を見定めないと、「やりたい」という情熱だけでは、生きていけない!!

自分なりに考えたこと

人口減少、少子高齢化、格差社会、人工知能の発達等の変化により、必要とされる人材が変わっていく。

これからの時代、どんな人材が必要とされるか分かりませんが、

林先生は「創造力(システムづくり)」、「コミュニケーション力(プレゼン力含む)」が重要な要素だとおっしゃってました。

これからの日本で生きていくため、息子たちに父親として何を伝えてあげれば良いか、頭を悩ませます。

おわりに

1時間30分の講演会でしたが、会場を全く飽きさせず、笑いも取りつつ、相手を納得させる話し方(技術)が素晴らしかったです。

つまらない話は、仕事・プライベート問わず、ほぼ落ちて(居眠り)しまう私ですが、そんな瞬間すら与えてもらえませんでした。

また機会があれば、ぜひ聞きにいきたいと感じました。

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

【お金2.0~新しい経済のルールと生き方】で、マジ!生き方が変わる!

まるで魔法!「毎日読みたい365日の広告コピー」から言葉力を学べ

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク