子どもを産みたいと思う家庭環境(夫婦関係)をつくる必須条件

シェアいただけると嬉しいです。

赤ちゃん、手をつなぐ、愛、家庭

「あなたは、どれくらい、家事や育児に参加してますか?」

「奥さんに任せっきりにしていませんか?」

もし、任せっきりにしていると答えた、あなた、家庭環境(夫婦関係)について、こんな風に感じていませんか?

「妻の機嫌が、常に悪く、あたりが強い!」

「妻との会話がなくなった!」

など。

なんか、居心地が悪い・・・

もしかすると、あなたの行動を変えるだけで、改善できるかもしれません。

以前の記事で、女性理解について、何度か書かせていただきましたが、今回は「男性の家事・育児参加」がもたらす、家庭環境(夫婦関係)への大きな効果についてご紹介します。

この視点は、女性理解を深めるための、1つの要素になると思います。

ちなみに、以前の記事(女性理解について)は、こちらをご覧ください。

「ありがとう」を再定義すると、見えなかった幸せに気づく!

女性が離婚を考える、まさか!?の理由【女性理解の重要性】

そして、男性の家事・育児参加は、日本の未来を変えるかもしれません。

それでは、偏ってまいりましょう。

21世紀成年者縦断調査の結果

まず、平成27年に公表された、厚生労働省「第12回 21世紀成年者縦断調査」を参考に、「夫の休日の家事・育児時間別にみた第2子以降の出生の状況」についてみていきます。

夫の家事・育児時間 第2子以降の出生の状況
全くしない 11.9%
2時間未満 29.0%
2時間以上4時間未満 56.1%
4時間以上6時間未満 72.1%
6時間以上 80.0%

夫が、家事・育児に参加する時間が長くなればなるほど、第2子以降の出生率が上がっています。

6歳未満の子供を持つ夫の家事・育児関連時間(1日当たり・国際比較)

次に、どのくらい夫が、家事・育児に参加しているのかをみていきます。

6歳未満の子供を持つ夫の家事・育児関連時間(1日当たり・国際比較)

出典:内閣府

日本における、夫の家事・育児関連時間は、1日1時間程度であり、他国(先進国)と比べ、非常に短くなってます。

まとめ

上記のことから、女性が、子どもを産みたいと思う家庭環境(夫婦関係)をつくるには、「男性の家事・育児への参加」が重要だと言えます。

そして、男性が家事・育児へ参加することで、良好な家庭環境(夫婦関係)に繋がっていくのだと思います。

また、この結果から、家事や子育ての負担はとても大きく、妻だけに任せてしまうのは、「過酷過ぎる!」と言えます。

特に、共働きの家庭において、夫が家事・育児に参加しないというのは、妻に過酷な労働を強いている状態です。

そんな家庭は、「ブラック企業ならぬ、ブラック家庭!」かもしれませんね。(笑)

私も大いに反省です・・・

おわりに

現在の日本において、出生率の低下は深刻な問題となっております。

男性が家事・育児に積極的に参加することで、少しづつ出生率も上がっていくかもしれません。

すなわち、「男性の家事・育児への積極的な参加は、日本の未来を変える!!」と言ってもよさそうです。

国の政策でも、男性の育児休業の取得が促進されてますしね。

また、良好な家庭環境(夫婦関係)は、子どもの教育という意味でも効果を期待できます。

だって、子どもにとっても、仲のいいパパとママが、いいじゃないですか。

ちなみに、出生率については、こちらの記事をご覧ください。

日本の人口はなぜ減っているのか?【人口減少の本質を探る】

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク