大失態!口座残高不足で拠出できず!未納手数料の発生【確定拠出年金】

シェアいただけると嬉しいです。

楽天証券 確定拠出年金パンフレット

私は、平成29年6月より、楽天証券さんで、個人型確定拠出年金をスタートさせましたが、始めてたったの3ヶ月で、まさかの口座残高不足により、拠出(引き落とし)できないという大失態をしてしまいました。

発覚は、妻が通帳記帳し、今月分の引き落としがされてないことに気づきました。

すぐに、年確定拠出年金の記録関連業務を行う「JIS&T」のサイトを確認しましたが、何事もなかったかのように、静かな表情・・・

「引き落とせませんでした」的な、案内もなく・・・

ただ、「評価損益推移照会」の画面に、未納手数料64円の表示が・・・

想定していなかった事態に、「こんなとき、どうしたらいいの?」状態です。

いまさら後悔してもしょうがないので、前向きに!そして、いい機会だと思うことにして、色々調べてみました。

この失敗が、お役に立てれば嬉しく思います。(笑)

口座振替日と掛金

まずは、再確認からです。

振替日:毎月26日(どの金融機関でも同じ)

掛金:12,000円/月(私の場合)

口座残高不足で引き落としできなかった場合

再振替や振込による拠出

楽天証券さんのホームページで、確認してみました。

Q:掛金の引き落としができなかった場合はどうなりますか?

A:口座振替日に引落しができない場合、その月の掛金は拠出されなかったという扱いになります。
口座振替日は、ひと月に1回のみで、後日、再振替や振込による掛金の納付はできません。

出典:楽天証券iDeco(イデコ)よくあるお問い合わせ

つまり、

拠出できなかった月は、遡っての拠出はできないということです。

その月の拠出のチャンスは、1回のみになります。

この取り扱いは、楽天証券さんだけではなく、確定拠出年金制度において統一のようです。(どの金融機関でも同じ)

手数料(口座管理手数料)

確定拠出年金インターネットサービスサイト

次に、拠出できなかった月の手数料はどうなるのか調べてみました。

通常、毎月かかってくる口座管理手数料は、167円(国民年金基金連合会103円+信託銀行64円)です。

今回、「JIS&T」のサイトで確認したところ、「評価損益推移照会」の画面に、未納手数料64円と表示されていたため、恐らく、信託銀行の手数料64円のみが発生するものと思われます。

これは、運用指図者の手数料(信託銀行64円のみ)と同様の取り扱いです。

ちなみに、拠出できなかった月の「未納手数料」については、次月の振替時にまとめて徴収されるようです。

つまり、当然ですが、拠出できなかった金額は、年末調整にて「小規模企業共済等掛金控除」が受けられないということであり、その上、手数料を取られるということです。

まとめ

  • 再振替や振込みよる拠出不可(拠出のチャンスは月1回のみ)
  • 拠出されなくても、手数料の徴収あり
  • 未納手数料は、次月の振替時にまとめて徴収

おわりに

今回、妻のファインプレーで、すぐに気づきましたが、商品(投信)を選択してから、ほぼ、「ほったらかし」にしていたのが、今回の失敗の原因です。

「気づかずに、何ヶ月も過ぎていたら・・・」と思うと、

ちょっと、ウケますね。(笑)

最低限、毎月の口座残高および拠出確認をしようと思いました。

まー、いい勉強になりました。

ちなみに、楽天証券さんの場合、

引き落としされた掛金は、商品の発注日を迎えてからサイトの画面(JIS&T)に反映されるそうです。

発注日は、掛金引落日から、13営業日後のため、毎月15日ぐらいには、サイトの画面へ反映されますね。

このタイミングで、毎月確認する習慣をつけておくといいかもしれませんね。

今回、完全に自分の責任ですが、「なんて日だ!」と叫びたくなる心境でした。

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

基礎年金・厚生年金に係る保険料および受給額の試算【何歳まで生きると得なのか?】

個人型確定拠出年金(イデコ)とは?【メリット・デメリット】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク