法定通貨と仮想通貨の違い【国の保証って本当に重要なの?】

シェアいただけると嬉しいです。

仮想通貨、ビットコイン、ブロックチューン

「国が、保証してない通貨って不安・・・」

私の周りでは、この意見がすごく多いです。

仮想通貨の話をしていると、必ずと言っていいほど、出てくる意見です。

そういう私も、少し前まで、同じように思っていましたので、すごく共感する意見です。

でも、仮想通貨市場が急拡大していることを考えると、仮想通貨の価値について信用している人が増えてきているということだと思います。

そして、市場が拡大することで「みんなが使っている」という安心感から、さらに、仮想通貨の信用が高まるというサイクルが生まれています。

人は、「新しいもの」や「わからないもの」に、ネガティブな感情を抱き、不安や恐怖を感じます。

そういう意味では、「2017年は、仮想通貨に対する不安や恐怖が少し和らいだ年」ということになります。

当然、稼げる(儲かる)かも!?という期待とともに。

そして、仮想通貨の市場が拡大したという状況からわかるのは、「物の価値」において一番大切なのは、人々の信用(民意)であり、国の保証とは、あくまでも人々を信用させる1つの手段でしかないということです。

逆に言えば、人々の信用を得られるのであれば、国の保証は必要ないとも言えます。

だって、国の保証がなくても、通貨としての機能(役割)が果たせれば、私たちにとって、何の不自由もないからです。

そこで、「法定通貨と仮想通貨の違い」から、「国の保証って本当に必要なのか?」について
考えたことを、まとめてみました。

「なんか偏っている人が、変なこと言っているな~」って感じで、楽しんでいただけると幸いです。

法定通貨と仮想通貨の違い

まず、法定通貨と仮想通貨の違いについて考えてみます。

主な違いは、大きく分けて2つだと思います。

  1. 国が通貨の価値を保証しているかどうか
  2. 実態があるかどうか

2.に関しては、既に、電子マネー(Suica・PASMOなど)やクレジットカードなどで、私たちの生活に馴染んでいるため、あまり違和感はないと思います。

そうなると、違和感(不安感)を感じるのは、「国が保証していない通貨」というところではないでしょうか。

私たちは、今まで、国が保証しない通貨というものに触れてきていません。

というか、そんな通貨は存在しませんでした。(一部の宗教を除きますが・・・)

ですので、当然、国が保証しないお金に不安を抱くのはあたりまえです。

だって、「お金というのは、国が発行するもの」という常識で生きてきましたから。

そう簡単に、自分の常識は変えられないですよね。

つまり、仮想通貨に不安を感じるほうが、健全(あたりまえ)だと言えます。

そうなると、私は、健全じゃないということになります。(笑)

私たちが持つ「法定通貨のイメージ」を検証する

お金、時計、コイン

次に、法定通貨が持つイメージについて、考えてみます。

法定通貨の価値は変わらない

法定通貨は、国が価値を保証しているため、仮想通貨のように価値が変動しないと思っているかもしれませんが、全くそんなことはありません。

法定通貨の価値も、仮想通貨と同じく、常に変動しています。

ただ、日本の法定通貨においては、変動の幅が少ないだけです。

ちなみに、お金の価値とは、物価の変動により変わってきます。

例えば、こんな感じです。

  • 1本100円で購入できる牛乳が、1本200円に値上がりしたら、お金の価値は、2分の1になったといういこと。
  • 1本100円で購入できる牛乳が、1本50円に値下がりしたら、お金の価値は、2倍になったということ。

これらのことを、経済学では、「インフレーション」や「デフレーション」と言います。

わかりやすく言うと、こんな感じです。

  • インフレーション(インフレ)
    ⇒ 物価が上がることにより、お金の価値が下がる。
  • デフレーション(デフレ)
    ⇒ 物価が下がることにより、お金の価値が上がる。

そして、物価の変動は、一般的に「需要と供給のバランス」によって起こります。

例えば、

「欲しい人の人数(需要)」に対し、「物の量(供給)」が多ければ、価格(物価)は下がります。

逆に、「物の量(供給)」が少なければ、価格(物価)は上がります。

ちなみに、日本政府は、お金の供給量を調整しながら、物価をコントロールしています。

政府が通貨の価値を保証するとは、国が通貨の価値に介入(コントロール)するということです。

また、通貨の価値を決める重要な要素が、国の信用(信頼)です。

信用のない国とは、経済状況の悪い国ということです。

そして、経済が悪化すると、国の信用が落ち、その国の法定通貨の価値が下がります。

国によっては、法定通貨より、ビットコイン(仮想通貨)の方が、安心できるという所もあるそうです。

そして、経済が破綻すると、強烈な物価上昇(ハイパーインフレ)が起きて法定通貨が、紙切れになってしまいます。

日本において、そんなことはないかと思いますが、国債が1,000兆円を超えるなか「絶対にない!」とは言い切れません。

それこそ、仮想通貨の信用が高くなれば、法定通貨である「円」の価値は下がるかもしれません。

以上のことから、法定通貨は、価値が変わらないというのは、幻想です。

国がやっているサービスだから安心

「国に任せておけば、安心って思っていませんか?」

そして、

「国の取り組み(事業)を全面的に信頼できますか?」

はっきり言って、私は、「不信感あり」です。

だって、

  • 消えた年金問題
  • 個人情報の流出
  • 特定の法人への税金(補助金)の優遇

などなど。

色々と、適当過ぎます。

日本の平和を守る警察官だって、悪いことしてますしね。(まー、人だからしょうがないですけど・・・)

そんな状況で「法定通貨は、国が保証しているから安心です!」って言われても、「逆に、不安だわ!」ってなりませんか?(笑)

ちなみに、仮想通貨とは、国が介入しない通貨のため、通貨の価値を、完全に市場に委ねています。

便利で良い物だけが、生き残るという「市場原理」が働き、価値(価格)も需要と供給のバランスで決まります。

当然、欲しい人が多ければ、仮想通貨の価格が上がります。

つまり、仮想通貨とは、人の気持ち(信用・期待値)で、通貨の価値を決めるという点で、本当の意味での「民意の通貨」と言えるかもしれません。

少し話が脱線しましたが、以上のことから「国の保証 = 安心」という考え方は、安易過ぎると思います。

現金(法定通貨)だったらどこでも使える

日本人は、諸外国に比べ、現金決済を好む(現金主義者の多い)国です。

言い換えれば、キャッシュレス化の進んでいない国ということです。

キャッシュレスについては、好みも含め、賛否両論あると思いますが、時代の流れは、キャッシュレス化に向かっています。

政府も、キャッシュレス化を推進していますし。

ちなみに、世界で最もキャッシュレス化が進んでいると言われる、スウェーデンは、現金は、ほぼ使用できないそうです。

お店側からすれば、会計の時間や人員を削減でき、現金を保管しないことで、犯罪等のリスクを下げることができますので、メリットは大きいと思います。

また、日本においても、ファミリーレストラン(ロイヤルホスト)が、「現金お断り」の店舗をオープンしたということで、ニュースになっていました。

この流れは、どんどん進んでいき、今は珍しくても、いずれ「あたりまえ」になると思います。

そうなってくると、現金主義の人は「クレジットカード会社が保証している、カードは安心できるのか?」って話になりますよね。

でも、結局、どんな選択をしても、不安が完全になくなることはありません。

どっちにしても不安なら、動かないで不安に脅えるより、不安を抱えながらでも動いて経験を得る方がいいと思います。

言い換えれば、「不安だから動かない」ではなく「不安だから動こう(学ぼう)」のほうが効率的です。

いずれ、キャッシュレスな世の中になるなら、今からキャッシュレスな生き方をしたほうが不安を払拭できます。

人は、「わからない」から不安になりますから。

結果、「現金ならどこでも使える」と考えるのは、間違いです。

通貨(お金)は国が発行するもの

今までは、国家以外が、通貨を作る方法はありませんでした。

でも、今は違います!

ブロックチューンという仮想通貨の技術によって、個人でも通貨を作れるようになりました。

つまり、日本という経済圏の中で、法定通貨(円)以外の通貨を選べる時代になったということです。

あとは、個々のお店が「どの通貨を使えるようにするか?」という問題だけです。

これから、仮想通貨の市場が拡大することで、仮想通貨で買い物ができるお店は、どんどん増えていくでしょう。

以上のことから、通貨の発行は、国の独占ではなくなったと言えます。

これからの法定通貨を考える「10年、20年後はどうなる?」

法定通貨も選択肢の1つ

「お金 = 法定通貨」が、あたりまえじゃなくなったときに、法定通貨も、価値の交換等を行う1つの選択肢になると思います。

今は、ビットコインの価値を、法定通貨というものさしで見ていますが、そのうち逆になるかもしれません。

「日本円って、1BTCでどのくらい買えるの?」ってね。(笑)

法定仮想通貨の発行

現在は、はっきりと「仮想通貨は、法定通貨ではないもの」と国が定義していますが、そのうち、日本も、仮想通貨を発行し「法定仮想通貨」が始まったりして。

でも、時代を流れで考えると、可能性は十分にあります。

既に、国によっては、仮想通貨の発行が進んでいる所もあるそうですし。

通貨も分散管理でリスク回避

色々な通貨が発行されるということは、逆に言えば、価値のない通貨はどんどん淘汰されていくということです。

そう考えると、通貨についても、分散管理(リスク回避)があたりまえの時代が来るかもしれません。

ちなみに、法定通貨での貯金が一番危険だったりして。(笑)

だって、現在の100万円が、20年後も100万円の価値があるかどうかなんて、誰にもわかりません。

一般的には、経済は拡大していくと言われていますが、人口減少が進む日本において、今までのような経済成長が起きるとは思えません。

今までは、平均寿命の延びによる、人口増加ボーナスの恩恵が大きかっただけですし。

どうでしょうか?

あなたは、GDP(国内総生産)が、これからも増え続けると思いますか?

政府広報オンラインにおける仮想通貨の説明

ちなみに、政府の広報では、仮想通貨についてこのように案内しています。

「仮想通貨は、円やドルなどの法定通貨ではない」ということです。

仮想通貨は、国家やその中央銀行により発行され、その価値が保証されているものでもありません。

仮想通貨は、その価値を信頼する人たちの間でのみ通用するものであり、法定通貨のようにどこの店舗でも支払い等に利用できるとは限りません。

また、利用者は、「交換所」や「取引所」と呼ばれる業者からインターネットを介して、仮想通貨を入手・換金するのが一般的であり、法定通貨のように実物の紙幣や硬貨はありません。

仮想通貨の価格は、利用者の需給関係などの様々な要因により変動すると言われており、場合によっては、利用者が入手・換金したいと思う価格で取引できない、入手した仮想通貨が気づいたら無価値になっていた、というリスクがあることも利用者は理解しておく必要があります。

出典:政府広報オンライン「仮想通貨を利用する前に知ってほしいこと」

すごく、不安を煽る書き方をしています。

そりゃー、そうですよね。

日本政府としては、自分たちが発行している「法定通貨(円)」を使ってほしいと思っているはずです。

なぜなら、仮想通貨について、仕組み(法令や規制など)が十分じゃない状況では、税金の徴収も大変です。

つまり、日本中が、法定通貨(日本円)だけを使っている方が、管理しやすいということです。

また、仮想通貨が日本中に広まってしまうと、お金(円)の供給量や、金利の調整で日本経済をコントロールできなくなります。

まー、既に、思い通りにコントロールできているとは、言い難いですが・・・

まとめ

重要

ここで、法定通貨に対する幻想を、まとめておきます。

  1. 法定通貨の価値は変わらない
  2. 国がやっているサービスだから安心
  3. 現金(法定通貨)だったらどこでも使える
  4. 通貨(お金)は国が発行するもの

そして、最終的に、私が出した結論です。

「通貨に国の保証は必要ない!必要なのは、民意(人々の信用・信頼)である!」

「国の信用によって価値が変動する通貨」か、それとも「民意によって価値が変動する通貨」か、どちらを信用・信頼するかは、人それぞれだと思いますが、私は、どっちの通貨も保有しておくことが大切だと思っています。

だからこそ、仮想通貨を学び始めたんですけどね。

結局、未来のことなんか、誰にもわかりません。

そして、答え合わせは、何年も後になりますので、

「答えを、誰かが出してくれるのを待つのか?」

「それとも、学びながら答えを自分で探すのか?」

という2つの選択肢から、自分に合ったスタイルを選べばいいと思います。

ただ、この差って、結構大きいですよね。

ちなみに、私は、後者を選択します。

だって、そのほうが、おもしろいじゃないですか。

最後に、盛り上がり始めた、ビットコインなどの仮想通貨は、現在、世界通貨としての信用を得ている途中なのかもしれません。

法定通貨から仮想通貨(法定仮想通貨を含む)への過渡期である現在において、自分の立ち位置(ポジション)を考えておくことは大切だと、私は思います。

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

ブロックチェーンと仮想通貨を学ぶインセンティブ【仮想通貨の未来を考える】

楽天市場で買い物して、タダで「ビットコイン」をもらおう!【ビットフライヤー会員特典】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク