老後のための人生なんて「つまらない!!」という話【老後の不安をなくす方法】

シェアいただけると嬉しいです。

仕事、夢、好きなこと

最近、こんなことを、しみじみ感じました。

「人生の目的って、老後の資金を集めることなのか?」

というのも、やたらと、老後の生活について、不安をあおる記事や広告が多くないですか?

例えば、

「老後の生活のために、5,000万円の貯金が必要です。」とか、

「公的年金の支給額だけでは、老後の生活がまかなえないから、年金保険に加入を!」みたいな。

そして、今だったら、確定拠出年金への加入が、大きく広告されていますね。

FP(ファイナンシャルプランナー)さんや、金融機関さん、生命保険会社さんの視点でみれば、「金融商品への加入を促す」という意味で、最高のマーケティング手法だと思いますが。

でも、こんなこと思ったことないですか?

「そもそも、老後って何歳からなの?」

「老後の定義ってなんですか?」

という、老後を考える上で、一番大切な部分がぜんぜん触れられていない。

ちなみに、「老後」を辞書で調べると、「年をとってからのち」と出てきます。

つまり、老後の定義って、自分の気持ちしだいということです。

老後の定義があやふやなのに、老後の資金が5,000万円必要とかって、意味がわからなくないですか?

ということで、この記事では、「私たちの人生の目的は、老後の資金集めなのか?」について、考えてみます。

おもいっきり、偏っちゃいます。(笑)

なぜ老後について考えたのか?

先日、ある若者が、「貯金しておかないと老後が不安だから・・・」って、言っているのを聞きました。

最近は、老後に不安を感じている若者も多いみたいですが、これっておかしくないですか?

これじゃ、老後のための現役時代になっちゃいますよね?

私は、「そんなの、ぜんぜんおもしろくない!!」って思ったので、老後について考えることにしました。(笑)

平均余命

まず、私たちは、いったい何歳まで生きるのでしょう?

そんなこと誰にも分かりませんが、一応、平均値が、厚生労働省から発表されております。

「平成27年簡易生命表」によると、60歳時点での平均余命は、

男性 23.5歳
女性 28.8歳

となっております。

つまり、60歳まで生きた人は、男性であれば、83.5歳まで、女性であれば、88.8歳まで生きるということです。

そして、この平均余命はどんどん長くなっています。

これが、人生100年時代と言われる理由ですね。

老後を考える上で一番大切なこと

重要

最初に少しふれましたが、老後とは、自分の気持ちしだいで変わります。

そして、老後について、結論から言っちゃいますと、

「あなたは、何歳まで働く(お金を稼ぐ)つもりですか?」

ということです。

つまり、あなたが働き続け、お金を稼ぎ続けている限り、老後なんか来ません!!

だって、現役時代と変わらぬ生活をしながら、「あ~、老後だな~」って思う人いないですよね。

そして、老後が来なければ、老後の資金に不安なんかまったくありません!!

公的年金は破綻するのか?

公的年金(基礎年金・厚生年金)については、給付水準は下がることは間違いなさそうですが、まったく給付されなくなることは、考えづらいです。

公的年金制度が破綻するときは、国債が発行できなくなるときです。

日本が国債を発行できなくなるということは、日本中の金融機関や企業の多くが倒産することを意味します。

そして、アメリカの国債を大量に保有している日本が、破綻することは、アメリカにとっても大きなダメージです。

アメリカも日本を破綻させられないはずです。

ちなみに言っておきますが、これは、専門家でもなんでもない、私のゆるい考えです。(笑)

でも、生涯現役を目指すなら、公的年金が給付されなくても、まったく問題なしです!!

ぜんぜん困りません!(笑)

働くことって損すること?

「生涯現役で働いてしまうと、年金給付が調整され、年金受給額が減ってしまうじゃないか?」って思う人は多いと思いますが、その考えかたが、もったいないと思います。

だって、そう考えている人って、「働かないで、お金がもらえるなら、働くのが無駄!」という発想だと思うんです。

もっというと、「働くことは、損をすること」ということです。

このあたりは、ベーシックインカムの議論で出てきそうですが、働くことってそんなに損することでしょうか?

例えば、

「あなたの知識や能力を必要としてくれる人がいて、あなたの仕事がその人を喜ばせ、そして、あなたは、その人から、ありがとうをいただく」という生活が、生涯続くなら、そのほうが幸せではないでしょうか。

これは、「承認欲求」と「社会的欲求」を同時に満たすことになります。

どちらも、人間の本質的な欲求です。

詳しくは、マズローの欲求5段階説を、ご覧ください。

つまり、生涯現役を続けることで、人から認められる上に、社会的つながりを増やすことができます。

少しの年金をもらうより、ぜんぜん幸せな人生がおくれると思いませんか?

しかも、働くことでお金に余裕がありますしね。

つまり、働くことは、得することです!!(笑)

まとめ

自分の人生を設計する上で、未来のことを考えることは、とても重要ですが、それが過度になり過ぎて、人生において一番大切な時期に、自己投資を怠り、老後の資金集めに没頭しては、人的資本が増えない上に、意味のない人生になってしまいます。

老後の不安をなくす最善策は、

「働けるだけ働くこと(お金を稼ぎ続けること)」です。

まず、若者たちが、考えなければならないのは、貯金ではなく、何歳になっても稼ぎ続けることができる、自分の能力を磨くこと。

つまり、自己投資(学ぶこと)を続けること。

そして、稼ぎ続けることができる仕組み(環境)を構築すること。

結局、老後の期間が、短くなればなるほど、不安なんかなくなります。

そして、何度も言いますが、老後なんて、自分の気持ちしだいです。

「人生100年時代構想会議」のメンバーでもあり、iPhoneアプリ開発者の若宮正子さん(82歳)は、何歳になっても学び続けているそうです。

おそらく、現在の生活を「老後」だなんて思っていないはずです。

そう、老後なんかなくていいんだよ!!(笑)

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク