自分の人生は、このままでいいのか?【誰もが1度は考えること】

シェアいただけると嬉しいです。

時計

最初に、結論を言っちゃいます!!

このままじゃダメです!!

もう、言いきっちゃいます!!

だって、よく考えてみてください。

「自分の人生は、このままでいいのか?」って、疑問に思うこと自体、自分の中で、ダメだとわかっているってことでしょ!?

そして、「どうせ、自分の人生は、こんなもんだよ・・・」と、もし、思っているなら、言わせていただきます。

こんなもんじゃないです!!

これは、自分へのエールも含んでいます!!(笑)

「自意識過剰のナルシストになれ!」って訳じゃないですよ。

「俺は、こんなもんじゃないぜ!!」って思ってるほうが、おもしろくないですか?

この世界!!

何に価値があるかわからない時代において、自分の可能性を否定することは、「もったいない」ことです。

常に、「おれ、がんばれ!」です。

自分の可能性を否定すると、人生はつまらなくなります。

「こんな自分でも、誰かの役に立てるはずだ!」と信じて生きていくほうが、断然、世界はおもしろくなる!!

かなり前向きな発言を、連発させていただきました。

でも、実際のところは、

「なんとなく、このままじゃダメな気がするけど、どうしていいか、わからない・・・」

って人がほとんどなんじゃないでしょうか。

というのも、私自身、この答えを、日々探し続けていますので・・・

そんなことで、今回は、誰もが1度は悩むであろう「私は自分の人生を、どうしたいんだろう?」をがっつり考えてみました。

それでは、偏ってまいりましょうか。

疑問に感じることが成長の一歩

成長グラフ

自分の人生を考える上で、必ず、疑問に思うポイント(きっかけ)があるはずですので、いくつか考えてみます。

なお、「人生の自己実現」については、仕事がポイントとなることが多いと思いますので、仕事をメインに考えてみます。

次のような場合に、ふと、自分の人生に疑問を抱きませんか?

1.この仕事に飽きた

職場に対して、不満やストレスはないが、何か物足りない。

これは、「っーか、この仕事飽きたわ!!」状態ではないでしょうか。

新しい刺激を欲しがっている証拠かもしれないです。

2.この仕事の意義が見いだせない

自分の仕事は、誰の役に立っているのか?

自分の仕事に、意味はあるのか?

3.仕事を通じての自己成長を感じられない

成長を感じられることは、働いている人にとって大きな喜びだと思います。

もしかしたら、仕事が、作業になっているのかも!?

仕事が作業になると、一気に、つまらなくなります。

4.自分の時間を生きられない

朝早くから、遅くまで働き、毎日がただ終わっていく。

自分のやりたいことができない。

家族との時間もとれない。

これは、職場に問題がありそうですね。

5.自分の可能性を試してみたい。

自分が今まで学んできたこと、経験してきたことを生かして、チャレンジしてみたい。

「俺はもっとやれるはずだ!!」症候群とでも言いましょうか。

これは、すごく前向きでいい気がしますね。

で、「いつやるか?」って、やつですね。(笑)

ちなみに、転職を考えるなら、こちらの記事がオススメです。

転職で失敗したくない!だったら「人材紹介サービス」を活用しよう!

自分のやりたいことを見つける

次に、仕事に限らず、自分は何をやりたいのか明確にしてみます。

1.好きなことを書き出してみる

自分の好きなものをすべて書き出してみましょう。

大好きなことに没頭しているときは、最高のパフォーマンスを発揮しているときです。

やり続けることで、あなたを「プロフェッショナル」に変えるかもしれません。

また、あなたが大好きなことをすることで、他の誰かを笑顔にできるなら、嬉しさ倍増じゃないですか?

2.なりたい自分をイメージしてみる

  • 金持ちになりたい
  • 有名になりたい
  • 総理大臣になりたい
  • 起業したい
  • 海外に移住したい

などなど。

3.なりたくない自分をイメージしてみる

「こんな人生は、ヤダ!!」を、イメージしておくことも大切です。

やりたくない(やらない)ことを明確にしておくことで、無駄な選択肢を大幅に削ることができます。

時間を無駄にすることもないですし。

できることを考える

考える視点

  • 好きなことの中で、誰かの役に立てることはないか?
  • なりたい自分になるために、何をすれば良いか?
  • なりたくない自分に、ならないために、何をしないようにするか?

やることリストを作成

自分の力で、どうにもできないこと(コントロールできないこと)は捨てましょう。

自分でコントロールできることだけを、リスト化し、1つずつ実行していくことが大切です。

例えば、

お金持ちになりたいなら、お金を稼ぐ方法を学ぶとか。

総理大臣になりたいなら、まずは、地方議員に立候補してみるのもいいかも。

起業したいなら、起業のノウハウや、会計についても、学ぶ必要がありますし、マーケティングの知識だって必要になるでしょう。

やってみたい仕事があるなら、転職を考えてみるのも手だと思います。

やることが、明確になれば、あとは、「ひたすらやるだけ」です。

なんだかんだ大変ですけど、目標に向かって、チャレンジしているときが、一番幸せな気がしませんか?

まとめ

選択肢

自分の人生を考える上で一番重要なのは、「何をやりたいのか?」を見つけることかもしれません。

私の場合は、まだ、答えは見つかりませんが、読書をすることも、1つの自分探しです。

なぜなら、色々な視野、様々な人の人生を疑似体験できるからです。

また、ブログで自分の考えを発信できるのも楽しいです。

自分の思考を整理することにもつながりますし。

私は、何も疑問を持たない毎日を過ごすより、

色々なものに、「何で?」「どうして?」「だから、なに?」と、自分で考え続けることが、自分の世界(人生)をおもしろくする1つの方法だと思います。

逆に、何の疑問も抱かずに生きていける人生は、「とても幸せな人なのかな?」とも思ったりしますが・・・

人生に疑問を感じるということは、今の現状に満足していないことを示しています。

自分を成長させるための、絶妙なタイミング(きっかけ)なんだと、前向きに捉えると、人生も楽しめそうですね。

おわりに

先日、友人から「仕事のやりがい」について、相談されました。

「このまま、同じことを繰り返していく人生に、悩んでいてさ・・」と

私も、友人と話しながら、すごく考えさせられました。

「1度しかない自分の人生、このまま、この仕事を続け、一生を終えることが自分の望む人生なんだろうか?」

「自分のこれからの人生、20年、30年、40年と続いていくなかで、どういう人生を送りたいんだろう?」

そんなきっかけから、この記事を書いてみました。

私たちは、現在の日本という国に生まれて、自由度は低いかもしれませんが、「自分の人生を自分で選択する権利」をもっています。

自分の人生を自分で選択していける時代だからこそ、何でもやってみることが大切なのかもしれません。

人生100年時代と言われています。

「もう間に合わない」は、ただの言い訳にしか聞こえません。

人生とは、日々「学び」と「成長」を意識しながら、答えを探し続けるしかないのかもしれませんね。

最後に、私の好きな言葉を、紹介します。

「成長の速度が鈍ってないか?」

日々、自分に問いかけていると、結構、追い込まれて気持ちいですよ!!(笑)

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

人口知能とベーシックインカム【「AIが仕事を奪う」は悪いこと?】

老後のための人生なんて「つまらない!!」という話【老後の不安をなくす方法】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク