男性目線で考える「愛」と「恋」の違いとは?「下心」って悪いもの?

シェアいただけると嬉しいです。

愛と恋のイメージ

以前の記事「生涯未婚者の増加(生涯未婚率の上昇)から、結婚について考えてみた!」で、生涯未婚率の上昇から結婚について考えてみましたが、お見合いという文化が薄れてきている現代において、「恋愛なくして、結婚はない!」と言っても、過言ではありません。

つまり、結婚をしたいと考えているなら、まず恋愛をする必要があります。

恋愛をせず、結婚へ瞬間移動することはできません。

そこで、「恋愛をするにはどうすればいいのか?」について、

  • 「恋(こい)」という字
  • 「愛(あい)」という字

の意味(定義)から、超男性目線で考えてみましたのでまとめておきます。

かなり偏った、私の主観をお楽しみください。

恋と愛の違い

恋は、心が下にあるから「下心(したごころ)」

愛は、心が真ん中にあるから「真心(まごころ)」

なんてよく言われますね。

飲み会などで、恋と愛の違いが話題になるときは、良いネタになります。(笑)

では、「下心=恋」・「真心=愛」と定義した上で、違いについて、みていきましょう。

下心(恋)とは

「コトバンク」さんによると、

下心とは、

心の底で、ひそかに考えていること。たくらみ。もくろみ。

たくらみ(企み)とは、

たくらむこと。くわだて。多く、よくない計画をいう。

となっています。

全然、良い意味ではないですね。(笑)

自分への見返りをかなり感じさせます。

完全に、受け取る人(テイカー)です。

真心(愛)とは

こちらも、「コトバンク」さんによると、

真心とは、

他人のために尽くそうという純粋な気持ち。偽りや飾りのない心。誠意

とされております。

すごく良い意味ですね。完全に、与える人(ギバー)です。

この意味を見ると、誰だって、「真心がほしい!!」ってなります。

ちなみに、下心って、欲しい人います?(笑)

女性から見た恋愛における「下心」

恋愛において「下心 = 男性の本能(性的欲求)」という意味で使われることが多いと思いますが、私は、恋愛において「下心」って、そんなに悪いものではないと考えております。

一般的に男性が、女性に恋をするときは、「下心」がスタート地点だからです。

魅力的(外見・内面)な女性に出会い、「一緒に食事行きたい」、「付き合いたい」と思うのも、下心あってのものです。

また、男性が、下心を抱くのは、あなたがそれだけ魅力的である証拠です。

「下心のある男性の見抜き方」というアンケート調査が、「マイナビウーマン」さんに掲載されておりますが、男性の下心がわかった途端「引いてしまう」という女性が7割を超えています。

男性としては、少しだけでも、女性のこの意識を変えて欲しいと切に願います。(笑)

ただ、逆に、男性陣は、この結果を厳粛に受け止めないといけないですね。

出すぎてませんか!?その下心!!(笑)

恋が愛に変わるとき

「愛は育むもの」、「恋は落ちるもの」と言われます。

育むには、相手からの想いも必要です。

永遠の片思いでは、愛は育ちません。(心が折れます・・・)

逆に、恋は、1人で勝手に落ちることができます。

一般的に男性は、アホが多いので、1日に何回も恋をします。

恐らく、ミニスカートの女性には、ほぼ恋をするでしょうね。(笑)

恋が愛に変わるときは、あなたに対しての「下心の比率」と、相手を知り、関係が深まっていくなかで育まれてきた「真心(愛)の比率」が、逆転するときではないでしょうか!?

まとめ

男性の下心は、決して悪いものではありません。

あなたの魅力度を測るパラメーターだと思って、出すぎている男性陣からの下心を、笑ってかわしてください。

下心(恋)は、真心(愛)に発展していきます。

まずは、相手に対して女性を意識させることは、「恋のスタート地点に立たせること」です。

そういう意味では、ミニスカートは、「恋を始めさせるための最強の武器」かもしれません。

「ここぞ!」という時に、うまく活用してください。(笑)

逆に、あなたに対して、全く下心のない男性は、可能性がありません。

時間の無駄使いにならないように、さっさと見切りをつけましょう!

おわりに

「家族を愛しています」とは言いますが、「家族に恋しています」とは言わないですよね。

愛は、男性の本能を超越します!!

なかには、奥さんに恋(下心)をし続けている友人もおりますが・・・

なお、女性から好意を抱かれて、嬉しくない男性は存在しません!

どんどん惚れてください。(笑)

「楽天オーネット(楽天グループの結婚相談所)」の元マーケティング部長「西口敦」さんが著書「普通のダンナがなぜみつからない?」の中でおっしゃっておりますが、

結婚できる人の最大のポイントは、年齢でも容姿でも才能でもなく、「惚れ力」。

出典:普通のダンナがなぜみつからない? 著者:西口 敦 出版社:文藝春秋

とおっしゃっております。

また、「惚れ力」をアップさせるためには、「相手の欠点探しではなく、相手の良いところ探し」が最初のステップであると書かれています。

人材育成でも、同じことが言われておりますが、その人の良い所を見て、「引き算ではなく、足し算」をしていく意識を持ちたいものですね。

最後に、「普通のダンナがなぜみつからない? 著者:西口 敦」をご紹介します。

婚活ビジネスを通じて得られるデータを基に、結婚に対する様々な視点を示し、結婚への意識を変えてくれる本だと思います。

男性女性問わず、とてもオススメです。

ぜひ、一読ください。

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

妻からの「顔はぜんぜん好みじゃない」は、最高の褒め言葉でしょ!?という話

妻が浮気!?そのとき僕は…【どこから浮気?それって良いこと?悪いこと?】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク