頭が良くなるシンプルな習慣【メモを書くことの効果】

シェアいただけると嬉しいです。

メモを書く、ノートPC、オフィス

あなたは、仕事や日常の生活で、メモを書いていますか?

もし、「メモなんかする必要ないよ」っていうなら、あなたは天才です!!

すべての出来事を、頭の中に記憶し、自由に情報を出し入れできるんですから、素晴らしい才能です!!

そして、その才能が、羨まし過ぎます。(笑)

私は、とっても凡人なので、メモをたくさん書きます。

そうです、超メモ魔です。

私は、書いておかないと、すぐ忘れちゃうので、頭の中に浮かんだことや、思いついたことを含め、すべてメモするようにしています。

例えば、仕事の打合せ内容や、人から教えてもらったこと、依頼した仕事、テレビや書籍から得た言葉や考え方など、日々の出来事から、自分の中で、「新しいと感じたり、これは何かに使えるな!」って思ったことは、すべてメモにして残します。

なので、職場で、メモしない人をみると、「何でも覚えちゃって凄いな!」って思います。

ただ、メモをしないで、何度も同じことを聞きに来る人は、「人生の時間を無駄にして、もったいないな~」って思います。

せっかく教えてもらったのに、メモしないで、忘れちゃうのは、その時間を無駄にしていることになります。

また、同じことを教わるのも、時間の無駄です。

そして、なにより、何度も教えてくれる人(相手)の時間も、奪ってしまいます。

つまり、「メモすることを徹底して、忘れない!」ということは、生産性の概念からも大きな意味があります。

貴重な人生の時間を、有意義に使うため、「メモを書く」ことは必須だと、私は感じています。

ということで、今回は、「メモを書く効果」について、まとめてみました。

「メモを書く」って、凡人の私には、メリットしかないんですよね。

ちなみに、イメージしやすい、仕事に対する「メモ書き」ということを想定して、書かせていただきます。

それでは、偏っていきましょうか。(笑)

「メモを書く」を定義する

まずは、私が考える、「メモを書く」について、定義しておきます。

「メモを書く」の定義

  • すべての情報を書き出すこと。
  • 書き出した情報を整理し、まとめておくこと。

メモに定義が必要なの?

「メモに定義が必要なの?」って、思いますよね?

そうなんですよ、私も思うんですが、度々、仕事の仲間(部下など)から聞かれるんです。

「メモって、何を書けばいいんですか?」って・・・

そういう人って、何が重要なのかが、わかっていないから、「何を書いていいのか・・・」って、悩んじゃうんだと思うんですよね。

なので、この質問に対する、私の答えは、「すべて書く」としています。(笑)

意味を理解することは、後回しにして、まず、すべて書いてから、そのメモを見ながら、何が重要かを考えればいいのです。

そして、わからない言葉は、グーグル先生で、調べればいいですし。

「メモを書く」の手順・やり方

メモを書く

次に、メモ作成の手順についてご紹介します。

これは、私が、15年以上続けている習慣です。

メモ作成の手順

  1. 手書きで、メモ帳やコピー用紙に、すべての情報を書き出します。
    ⇒ 打合せ(会議含む)の内容、仕事の引継ぎ、相談されたこと、指示したこと、資料を読んだ自分の考察など。
  2. 書き出したメモを見ながら、「エクセル」などへ、整理して入力しておく。
    ⇒ この作業が、とても重要です!!

2.の「なぜ、エクセルに入力するか?」ですが、手書きで書き出したメモは、ぜんぜん整理されてない情報です。

エクセルにまとめる作業は、頭の中からアプトプットした情報を、構造化(論理的に整理)することであり、言い換えれば、「自分の頭で考える」ということです。

この作業を行うことで、頭の中に情報が定着します。

また、エクセルデータにしておくことは、忘れても、すぐに検索できるメリットもあります。

ちなみに、私は、メモ帳の代わりに、「コクヨ セクションパッド 薄口タイプA4」を使用しています。

薄い方眼紙で、図も描きやすく、情報の繋がりを書き込みやすいです。

また、1枚1枚切り取れるので、便利だと思います。

私が感じた「メモを書く」の効果

私は、「メモを書く」をする前は、仕事で頼まれたことや、打ち合わせの予定を忘れてしまい、結構、怒られました・・・

でも、「メモを書く」ことを習慣化したら、忘れちゃうこともないですし、何より、仕事のスピードと精度が、格段に上がりました。

また、すべての情報をアウトプットしておくので、頭の中がすっきりし、忘れちゃう不安もなくなりました。

私と同じような悩みを持っているなら、ぜひ、お試しを!!

メモする(書く)ことの効果

メモをする(書く)ことって、すごく大切で、色々な書籍で推奨されております。

以前、読ませていただいた書籍から、メモをする(書く)ことの効果について、ご紹介します。

速さは全てを解決する「ゼロ秒思考」の仕事術(著者:赤羽雄二)

  • メモ書きは、頭が良くなる世界一シンプルなトレーニングである。
  • コミュニケーション力が上がる。
  • 不安と、もやもやが無くなる。
    ⇒悩んでいる時間が無駄なので、頭の中の情報を書き出すことで、情報が整理され、何からやったらよいか判断ができるようになる。

あの人はなぜ、東大卒にかてるのかー論理思考のシンプルな本質ー(著者:津田 久資)

  • 論理的に考えることができるようになる。
  • 人は、書いているときだけ、考えている。
  • 優れた思考力がある人ほど、膨大に書いている。
  • 一流のビジネスパーソンは、ことごとくメモ魔である。
  • 天才ですら書かないと考えられない。
    ⇒「発明王エジソン」も、書くことにより考える人だった。
  • 書かずに考えるのは、一握りの天才だけである。

「読む・書く・話す」を一瞬でモノにする技術(著者:齋藤 孝)

  • 「書く力」とは、つまり「考える力」である。
  • 日頃から自分の言葉で、考え、書くようにすることが大事である。

ムダにならない勉強法(著者:樺沢紫苑)

  • 書くことで、圧倒的に自己成長する。
  • 毎日、文章を書いていると、「書く力」が向上する。
  • 「書く力」とは、イコール「考える力」であるため、思考力、洞察力が向上する。

ハーバードの人生を変える授業(著者:タル・ベン・シャハー)

少し趣旨は、外れますが、「書き出すこと」の効果について、こう書かれています。

  • 感謝できることを、毎日、書き出すことで、人生を肯定的に評価できるようになり、幸福感が上昇し、人に対してもっと優しくなれるようになる。
    そして最終的に、よく眠れるようになり、より多く運動するようになり、身体的な不調も減る。
  • 人は、怒りやトラウマなど(傷ついたこと)を完全に表現して、はじめて、癒される。
    心に感じたことを、すべて書き出すことは、心の最も深いところにある感情や思いと向き合うことである。

一瞬でYESを引き出す心理戦略(著者:DaiGo)

  • 書き出すことは、怒りを消す技術である。
    ⇒ムカついたことを、紙にすべて書き出すことで、怒りは消える。
  • 感情と客観的な事実、論理的に間違ってないことを視覚化していくことで、冷静さを取り戻ことができる。

まとめ

重要

いくつかの書籍から、「書くことの効果」をご紹介させていただきました。

頭の中の情報を、ただ、文字にするというシンプルな作業ですが、色々な効果(メリット)が期待できます。

デメリットについては、「書くのが、めんどくさい!」ぐらいでしょうか!?(笑)

ただ、メモすることを習慣化すると、メモしないことが不安になりますので、「書くのが、めんどくさい!」という感覚はなくなると思います。

ここで、「メモを書く」ことの効果をまとめておきます。

  • 頭が良くなる。
    ⇒思考力、洞察力の向上(考える力が上がる)
  • 論理的思考ができるようになり、仕事の速度や精度が上がる。
  • コミュニケーション力が上がる。
  • 人生を肯定的に評価できるようになる。
  • 怒りを消すことができる。(冷静さを取り戻す)

人は、「自分の知らないこと」、「わからないこと」に、恐怖を抱く生き物です。

そして、「頭の中で整理できていないこと」に、不安を抱きます。

だったら、頭の中を徹底的に整理し、わからない部分を減らしてあげればいい。

その手段が、「メモを書く」ということです。

すっごいシンプルだけど、すっごく効果のある手段だと思います。

おわりに

先日、友人から部下の育成について、相談を受けました。

こんな感じのやりとりです。

友人:「何回も、同じことを聞きに来る部下がいるんだけど、そういう場合、どうしたらいいですかね?」

私:「わかるまで教えてあげるしかないけど、メモしてもらっている?」

友人:「メモしてないですね・・・」

そりゃー、忘れますよ!!(笑)

教える方も、メモするように促さないと。

私の友人と同じように、部下の育成に悩んでいるなら、徹底的にメモしてもらうのも効果的だと思います。

最後に、私が考える「メモを書くことの最終的な目的(効果)について」ですが、

徹底的に「メモを書く」ことで、その整理された情報は、あなただけのマニュアルになります。

そのマニュアルは、あなたの「知的財産」です。

その「知的財産」が、積み重なっていくことで、「あなたという商品の価値」が上がります。

「メモを書く」ことは、自己投資の1つだと思い、始めてみてはいかがでしょうか。

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク