【下痢が1ヶ月続いてるのに全く異常がない!】ってどんだけ俺病んでんだよ!?という話

シェアいただけると嬉しいです。

日の出、女性、回復、自由

今回は、原因不明の「下痢」で1ヶ月以上、苦しみ続けた結果「本当に大切なこと」に気づきました!という話です。

僕は、もともとお腹が弱く、お酒を飲んだり、体が疲れてたりすると、すぐにお腹を下します。

なので、下痢との付き合いは長く、下痢対応に関しては、ベテランの域に達してます。

例えば、

「このお腹の痛みは、第1波では治まらず、第2波・第3波がやってくるぜ!」など、お腹の痛みで下痢の気持ちがわかるぐらいです。(笑)

そういう意味では、そろそろ「下痢マイスター」の称号をいただいてもいいのでは!?と密かに期待しているぐらいです。

まー、逆に言えば、ほとんど便秘になることはないので、便秘の苦しみをほぼ知りませんが。(どっちがいいのかわかりません・・・)

そんな下痢マスターの僕が、先日「体験したことのない下痢」に苦しめられました。

それは・・・

「腹痛を伴う、1ヶ月続く下痢」です!!

いやー、マジで、シャレにならないっす!!

僕は、下痢になっても、1日で復活するタイプで、何日も続く下痢って「ノロウイルス」に感染したときぐらいなものです。

下痢になった頃は、「あれ?今回は、結構続くな~」ぐらいにしか思っていなかったのですが、いつまで経っても、ぜんぜん治らない。

市販の薬を飲んでみたりもしましたが、全く効果なし。

そこで、「ネットだ!」と思い、症状(下痢が続く)で調べてみましたが、不安な病気ばかりが並んでいて、さらに不安が増す・・・

いくら、超ポジティブを心がけていても、さすがに不安満点です。

そこで、病院へ受診し、色々な検査を受けました。

で、結果は、全く以上なし!!

でも、下痢は続く・・・

そんなとき、ある先生が話してくれた言葉(経験談)が、「すっごく大切なこと」を気づかせてくれ、それから徐々に下痢が改善しました。

ちなみに、今は、元気です!!(相変わらず、お腹は、たびたび下しますが・・)

そこで、「1ヶ月以上続く下痢」に苦しんだ僕が、「下痢を通じて学んだ大切なこと」について、ご紹介したいと思い、こうしてブログを書いているわけです。

つい、頑張り過ぎちゃう「あなた」に、ぜひ、読んで欲しい記事です。

それでは、「下痢が1ヶ月続いてるのに全く異常がない!ってどんだけ俺病んでんだよ!?」の始まりです。

病院で受けた検査

まず、この物語は、病院を受診するところから始まります。

ちなみに、僕の場合は、下痢が2週間続いた頃、受診しました。

最初の受診では、下痢止めと整腸剤が出され、その薬を飲みながら様子を見て、と言われました。

薬の効果もあってか、多少は、改善が見られましたが、なかなか完全復活せず、相変わらず、お腹は下ったままです。

その後、再度、病院を受診し、色々な検査をすることとなりました。

検査項目は、次のとおりです。

  • 血液検査
  • レントゲン撮影
  • CT撮影
  • 超音波検査(エコー)
  • 検便

結果は、すべてにおいて異常なし!!

ちなみに、内視鏡検査は、さすがに止めておきました。

大変なんで・・・(笑)

ある先生が話してくれた自らの経験

そんな原因不明の「下痢」に苦しんでいるなか、ある先生が自らの経験を話してくれました。

なにやら、自分も1ヶ月以上の下痢に苦しんだことがあると。

そのときは、病院に入院して、内視鏡検査を含め、色々な検査を行ったが、全く異常がなかったとのこと。(薬も飲んでいたが、改善されなかった)

まさに、僕と同じ状態!!

そして、先生にこんなことを言われました。

「○○君、頑張り過ぎてない?」

「自分では、まだまだ平気って思っていても、体が限界だよ!って教えてくれているのかもしれないよ」

「自分の体からのサインに気づいてあげて」

先生からのこの言葉で、一気に、心が軽く(楽に)なるのを感じました!!

もともと、たいして優秀でもないのに、色々な「鎧」をまとい過ぎて、自分では「鎧」を着て守っているつもりが、逆に、体は、その「鎧」の重みに耐えられなくなっていたのかも。

言い換えれば、「鎧」とは、

  • 周りからの期待だったり
  • 自分の見栄やプライドだったり
  • 「こうじゃなきゃいけない」という思い込みだったり
  • 「誰かのために」という過度な行動だったり

と、人それぞれだと思いますが「必要以上に背伸びする必要なんかないよ」ってこと。

僕は、先生の言葉で、まとい過ぎた「鎧」を脱ぐきっかけをもらった気がします。

そう、不必要な鎧なんか脱いで、もっと気楽にいけばいいんだよね。

なお、先生も、知らず知らずのうちに「頑張り過ぎて」しまい、入院しているときに「私、頑張り過ぎちゃったのかも」と気づいてから、原因不明の下痢は徐々に治ったとのことです。

まさに!!「病は気から」という感じでした。

「頑張る」より「頑張らない」が大切な理由

先生からもらった言葉で、気づいたことがあります。

それは、「頑張る」という言葉が、どれだけ自分に負担を強いているかということ。

というのは、

みんな「頑張ろう」とか「頑張らなくっちゃ」って言うけど、すっごく好きなことを楽しんでいるときに、「頑張る」って言わなくないですか?

とすると、頑張っているときって、少なからず、自分に負荷をかけている状態だと思うんです。

だって、ディズニー大好きっ子が、ディズニーランドに遊びに行くのに「明日は、頑張ってディズニーで遊ばないと!」って言わないですよね?

つまり、「自分が、すっごくやりたいことなら頑張る必要がない!」ってことです。

なおも言うなら、頑張っている時点で、大好きでやってる人には、適わないってこと。

だからこそ、「頑張ること」より「頑張らないこと(頑張る必要のないこと)」が大切なんです。

まず、大切にしなくちゃいけないのは自分

まじめで、心が優しい人ほど、自分を犠牲にして、相手のために頑張り過ぎちゃうんだと思います。(僕は、そんなことないんだけどなぁ~)

相手のためにって想って、色々引き受けちゃったりして。

子育てママだって、子どものためにって、頑張り過ぎちゃう。

でも、まず大切にしなきゃいけないのは、自分自身なんだよね。

だって、自分の心や体調が整ってないと、相手に優しくできなくなっちゃうし、笑顔だって出せなくなっちゃう。

だからこそ、自分を大切にしてあげないといけない。

そして、自分を大切にすることで、相手のことも大切にできるようになる。

結果、相手のことを想うなら、まずは「自分」でいいんじゃないですか?

まとめ

重要

ここで、「1ヶ月続く下痢」から学んだことをまとめておきます。

  1. 頑張り過ぎちゃダメ!
  2. 体からのサインに気づけ
  3. その「鎧」は本当に必要か?
  4. 「頑張らない人」が最強
  5. まず、自分を大切に!

まさか、こんなに「下痢」から学ぶことになるとは・・・

ますます、「下痢マイスター」に近づいてしまいました。

たまには「下痢」も、いいよねーーーーーーーー!!(笑)

最後に、ちょっとだけ、まじめな「まとめ」をすると、

もし、僕と同じように、原因不明の体調不良に悩んでいるなら、それは体からの限界のサイン、つまり「頑張り過ぎ警報」です。

そんなときは、「あー、頑張り過ぎてたな~私・・・」って思うだけで、スーと、心が軽くなります。

自分で自分の体のサインに気づいてあげないと、ずっと頑張り続けちゃうから、最後には、壊れちゃいます。

ときには、頑張ることも必要だと思うけど、もっと大切なのは「頑張らないこと!」だと思う。

言い換えれば、「頑張らない生きかた」をすること。

何度も言いますが、「頑張る」って、自分に負担を強いることです。

自然体で、日々を楽しんでいれば、頑張る必要なんてありません。

かつ、頑張る必要のない大好きなことをやっている人は、パフォーマンスが高い!!

そして、毎日のすべてを楽しんでる。

そう思うと、「頑張ってない人」って、素敵かも。

ぜひ、あなたも「頑張らない生き方」を、始めてみませんか?

ちなみに、僕は、まず最初に、いつも自分に言い聞かせていた「自分を鼓舞する言葉」を、変えようと思います。

今までは、「俺、頑張れ!」

これからは、「俺、楽しめ!」

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

本音で生きるために必要なこと【堀江貴文さんの書籍に学ぶ】

出世なんかしたくない!?会社の「役職」って何のためにあるの?

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク