介護職から「学費0円」で看護師になる方法【病院の奨学金制度がお得】

シェアいただけると嬉しいです。

看護師、聴診器

私には、看護師の友人がいます。

その友人は、介護職から、准看護師、看護師と資格を取得し、現在は、看護師として活躍しています。

先日、その友人にキャリアアップについて話を聞く機会があり、とても参考になりましたので、まとめておきます。

以前の記事で、熱すぎるケアマネージャーの友人による「介護職ならケアマネージャーを狙え!」という話をさせていただきましたが、相談援助業務ではなく「患者や利用者に直接関わるのが好き!」というなら、看護師という選択肢も十分に現実的な資格です。

看護師というと、救急車が「バンバン」入ってくる病院で働いているイメージがありますが、リハビリ病院や、介護施設等でも、必要とされている職種ですし、とても需要の高い職種です。

どちらの資格も、学校に通わなければ取得不可能な資格ですが、「学校に通う」という、選択肢を選べるなら、ぜひ、チャレンジしてほしい資格です。

ちなみに、看護師という資格は、働きながら取得することが可能であり、私の周りでは、介護職から、看護師へキャリアアップした人が多いです。

つまり、「やる気」しだいで、ぜんぜん、狙える資格です!!

あなたが、もし、介護の世界で頑張っている、もしくは、頑張ろうと思っているなら、必ず参考になるはずです。

ぜひ、読んでみてください。

「准看護師」と「看護師」の違い

まずは、「准看護師」と「看護師」の違いを明確にしておきましょう。

法律上は、次のように定義されております。

保健師助産師看護師法

第五条 この法律において「看護師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者若しくはじよく婦に対する療養上の世話又は診療の補助を行うことを業とする者をいう。

第六条 この法律において「准看護師」とは、都道府県知事の免許を受けて、医師、歯科医師又は看護師の指示を受けて、前条に規定することを行うことを業とする者をいう。

出典:電子政府の総合窓口「eーGov」

赤字の「医師、歯科医師又は看護師の指示を受けて」というのがポイントです。

簡単に言うと、准看護師は、看護師と違い、医師や看護師の指示がないと、療養上の世話又は診療の補助を行うことができないということです。

ちなみに、看護師は、国家資格であるのに対し、准看護師は、都道府県知事免許です。

ただ、友人の看護師に聞いたところ、実際のところ、業務内容は全く変わらないそうです。(笑)

なお、看護師と准看護師で業務内容は変わりませんが、病院での勤務を希望するなら、看護師資格を取得することをオススメします。

病院は、看護師の職員数(配置人数)により、診療報酬といわれる、収入が増えます。

つまり、病院は、准看護師よりも、看護師の採用をしたいと考えているということです。

就職に有利という点と、将来、管理職(看護部長・看護師長など)を目指すという人以外は、現在の法律においては、准看護師でも、全く問題ないと思います。

今後の法律の改正によっては、准看護師の働き方が制限されることも考えられますので、できれば「看護師」資格を取得しておくことをオススメします。

介護職のキャリアアップ「看護師」取得ルート

次に、看護師資格を取得するための、いくつかのルートをみていきます。

今回は、「働きながらのキャリアアップ」ということを前提に紹介します。

「働きながら」という条件で考えると、選択できるルートは、2つしかありません。

赤字(該当ルート)で囲ってある、「ルート1」と「ルート2」です。

介護職のキャリアアップのための「看護師」資格取得ルート

「ルート3~5」は、資格取得までの時間は短くていいのですが、全日制の学校ということもあり、社会人が通うには、生活費や学費的にも、かなりハードルが高いです。

主に、新卒者(高校卒業者など)向けになります。

「看護師」資格取得までの流れ

選挙、選ぶ

それでは、各ルートについて説明していきます。

ルート1

まず、准看護学校に入学しましょう。

当然、入学試験がありますので、ある程度の勉強が必要になります。

ただ、現在は、定員割れしている学校も多いと聞きますので、比較的入学しやすいと思います。

次に、准看護学校の授業ですが、平日午後のみの授業のところが多いため、午前中は、働くことができます。

つまり、収入をある程度、確保できます。

働きながら、資格取得が可能なのは、この授業時間(午後)が大きく関係しています。

2年間の修業後、各都道府県ごとに准看護師試験がありますので、その試験に合格すると、准看護師の資格を取得できます。

ちなみに、この時点で、准看護師として、働くという選択もできます。

つまり、進学したい人だけ、看護師学校に進学するということです。(当然、入学試験があります)

「ルート1」の場合は、定時制の看護師学校への進学のため、授業時間は、准看護師学校のときとほぼ変わらず、午後からとなります。(学校により違いがあります)

つまり、午前中は、「准看護師学校」時代と同様に、働くことができます。

そして、看護師学校(定時制3年)後、看護師国家試験に合格することで、晴れて看護師として働くことができます。

ルート2

准看護学校卒業までは、「ルート1」と全く同じです。

違いが出るのは、「准看護師」資格取得後です。

看護師資格取得のため進学する「看護師学校」が、全日制となり、平日は、全く働けなくなります。

つまり、働くのは、土日のみということになります。

ただ、定時制だと3年間の修業となるところ、全日制だと2年間の修業で、受験資格が取得できますので、非常に魅力的です。

修業後、「ルート1」と同様に、看護師国家試験に合格することで、晴れて看護師として働くことができます。

ルート3~5

原則、全日制の授業となり、「働きながら」という、条件に当てはまらないので、今回は、割愛します。

「准看護師・看護師」資格取得にかかる学費(私立にて試算)

資格取得にかかる、概算費用です。

ざっくり、つくってありますので、目安としてください。

  学校の種類 期間 学費(概算総額)
准看護師学校 2年間 170万円
看護師学校(定時制) 3年間 220万円
看護師学校(全日制) 2年間 200万円
看護学校(全日制) 3年間 270万円
看護短期大学 3年間 450万円
看護大学 4年間 700万円

看護師資格の取得には、高額な費用がかかります。

なかなか、社会人であっても払える金額ではありませんよね。

でも、安心してください。

無料で資格を取得する方法があります!

それは、働いている病院に負担してもらう方法です!!

病院によっては、「奨学金」という制度で、資格取得にかかる費用を、全額負担してくれるところがあります。(結構、どの病院も制度化しているはず)

病院により、条件の違いはありますが、利用しないという選択肢はありません。

ちなみに、奨学金と聞くと「卒業後の返済が大変!」というイメージがあるかと思いますが、准看護師や看護師資格を取得後、学費を負担してくれた病院で2~3年間、働くことで、奨学金の返済を全額免除してくれるところが多いです。

つまり、学費を無料にしてくれるってことです。

これは、医療・看護業界の強烈な人手不足という特殊な環境によるものです。

就職先に、困ることもなく、嬉しいで制度ですね。

結果、学費の心配をすることなく、キャリアアップすることができます。

これは、嬉しすぎます!!

「准看護師」資格を先に取得することのメリット

学校に通うという選択で一番の問題は、「学生の期間の生活費をどうするか?」だと思います。

なぜ、「ルート1」もしくは「ルート2」をオススメするのかというと、准看護師の資格を取得することで、介護職のときと比べて、給料(時給)が大幅にアップするからです。

一般的に、看護職員の時給は高額です。

准看護師でも、1,500円以上はあたりまえです!!(地域差はあります)

つまり、准看護師資格を取得してから看護師学校に進学することで、短い労働時間でもある程度の収入が確保できるということです。

なお、准看護師として夜勤に入れば、1回の夜勤で、25,000円以上があたりまえです。

つまり、毎週土曜日に夜勤に入れば、それだけで給料が、10万円を超えることになります。

この収入は、ばかになりません。

「働きながらのキャリアアップ」という意味では、とても大きな収入源になりますので、まず、准看護師を取得するべきだと、私は思います。

ちなみに、この「准看護師」資格というのは、キャリアアップとしては非常に魅力的であり、たったの2年間の修業(午後だけ)で、あなたの価値を一気に引き上げることができるのです。

まとめ

重要

まず、はっきり言っておきます。

「介護職からのキャリアアップとして、看護師は、十分に取得可能な資格です!!」

ここで、介護職からのキャリアアップ(働きながら)のルートをまとめておきます。

  1. 准看護学校 ⇒ 准看護師として働く
  2. 准看護学校 ⇒ 看護師学校(定時制3年) ⇒ 看護師として働く
  3. 准看護学校 ⇒ 看護師学校(全日制2年) ⇒ 看護師として働く

介護職から看護職へのキャリアアップを本気で考えてるなら、まず、准看護師学校に入学することが最初のステップです。

その後のキャリアアップは、学びながら、考えればいいと思います。

看護師学校への進学も良し、就職も良しです。

ぜひ、チャレンジしてみてください。

おわりに

参考までに、キャリアアップのための検索サイトをご紹介します。

准看護師・看護師学校を探すなら

地域別に、全国の学校を調べられます。

無料で利用できますし、すごく便利です。

ベスト進学ネット「理想の学校がきっと見つかる」

奨学金制度のある病院を探すには

自分で探すのは、かなり厳しいと思いますので、介護職のエージェントサービスを利用してください。

そして、介護職として働きながら、看護師へキャリアアップしていきましょう。

エージェントサービスを利用すれば、完全無料で、奨学金制度のある病院を探してくれます。

しかも、面接の日程調整から勤務などの条件の交渉もしてくれますよ。

就職・転職の面接の際には、必ず、「看護師を目指したい」という意思表示をし、奨学金制度について聞いてみてください。

エージェントサービスを確認する。

転職活動を全面サポート!【きらケア】

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」
 
スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク