介護の仕事に不満や不安を感じているあなたへ【介護施設の経営状況】

シェアいただけると嬉しいです。

介護、車椅子、高齢者

いきなりですが、まず、この調査結果をご覧ください。

月給制で働く介護施設職員の約80%が、働く上で、不満を感じており、

そして、約74%の人が、働く上で、将来に不安を感じている。

これは、2017年3~4月に「日本介護クラフトユニオン」さんが行なった、介護施設で働く介護職員を対象にした調査結果です。

そして、介護施設職員の「不満の主な理由(3つまで回答可)」は、次のとおりです。

  1. 賃金が安い          56.3%
  2. 仕事量が多い         34.9%
  3. 何年たっても賃金が上がらない 30.6%
  4. 連休が取りにくい       22.3%
  5. 昇給システムが明確でない   18.2%

この結果から不満の原因は、「低賃金」と「人手不足」にあると言えそうです。

介護職員の処遇改善(低賃金)の問題って、「介護職員処遇改善加算」の引き上げがされるなど、国としても力を入れているんでしょうが、ほとんどの介護職員さんが、効果を実感できてないのが現状ではないでしょうか?

私も、常々、「なんで、こんなに需要が多く、供給が少ないのに、給与が上がらないのか?」
って、不思議です。

また、国の予想では、2025年には、介護職員が40万人足りないと試算されているのを考えると「介護職員の給与を、もっと上げればいいのに・・・」って思います。

そんな中、厚生労働省が、先日、公表した、「平成29年度介護事業経営実態調査」の結果をみて、びっくりです!!

率直な感想は、「これじゃ、介護職員の給料が上がらないわけだ・・・」でした。

そこで、介護の仕事を頑張っている、あなたにも、介護業界の現状について知っておいてほしいと思い、今回の記事を書かせていただきました。

自分の働いている、労働市場(業界)の現状を知ることは、不安を軽減することにも繋がると思います。

ただ、「不安だな~」って思っているだけでは、何も変わりません。

受け取り方によっては、「ますます不安になったよ!」って言われちゃうかもしれませんが、

良いことも、悪いことも、すべて知ったうえで、人生は選択すべきだと、私は思います。

ということで、今回は、「平成29年度介護事業経営実態調査」の結果を参考に、介護施設の経営状況と、介護職員の処遇について考えてみました。

私の偏った主観を、お楽しみいただけると幸いです。

介護施設の経営状況

それでは、「平成29年度介護事業経営実態調査結果」からいきます。

ちなみに、介護施設の種類については、主な介護施設である「特別養護老人ホーム」「老健」「介護付き有料老人ホーム等」の3つで、みていきます。

施設種類別 月間収支一覧(単位:千円)

まずは、月間の収支状況です。(ここでいう利益は、法人税控除前とします。)

特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)

項目 平成27年度 平成28年度
収入 24,888 25,643
支出 24,257 25,246
利益 631 397
利益率 2.5% 1.6%

老健(介護老人保健施設)

項目 平成27年度 平成28年度
収入 33,539 33,543
支出 32,461 32,399
利益 1,079 1,145
利益率 3.2% 3.4%

介護付き有料老人ホーム等(特定施設入居者生活介護)

項目 平成27年度 平成28年度
収入 22,875 20,529
支出 21,927 20,021
利益 948 508
利益率 4.1% 2.5%

3施設の収支状況をみていただきましたが、月間で40~100万円程度しか、利益が出ていないことがわかると思います。

つまり、介護職員が、30人いる事業所なら、月額2~3万円の給与改善を行うと、赤字になる施設がほとんどということです。

また、人手不足を補うため、職員を増員(3~4人)しただけで、赤字なってしまいます。

他にも、建物や設備の老朽化の問題や、新たな設備投資だって必要になるでしょう。

どう考えても、この利益額では、施設運営は厳しいと言わざるを得ません。

ちなみに、介護サービス事業者の主な収入は、介護保険サービスにおける「介護報酬」です。

そして、「介護報酬」は、国が決めます。

つまり、「介護報酬」を国が上げなければ、介護サービス事業者の収入は増えないということです。

これが、「価格決定権のない官製市場」といわれる由縁です。

施設種類別 入所稼働率(単位:%)

次に、入所稼働率をみてみます。

入所稼働率とは、入所定員のうち、常時何人が入所しているかという指標です。

100人が入れる施設で、90%の入所稼働率なら、常時90人が入所しているということです。

施設の種類 平成27年度 平成28年度
特別養護老人ホーム 96.7 100.0
老健 89.6 93.8
介護付き有料老人ホーム等 93.9 90.5

施設の種類により、ばらつきはありますが、比較的高い入所稼働率となっております。

ちなみに、特別養護老人ホームについては、100%の稼働率です!!

つまり、特別養護老人ホームについては、100%の稼働率にもかかわらず、月間40万円しか、利益が出ていないことになります。

これは、稼働率を上げることで、収入を増やすという選択肢がないことを示しています。

施設種類別 人件費率(単位:%)

次に、収入に対する人件費率をみてみます。

施設の種類 平成27年度 平成28年度
特別養護老人ホーム 63.8 64.6
老健 59.6 60.1
介護付き有料老人ホーム等 44.4 46.0

介護サービスは、人が主体のサービス形態であるため、非常に高い人件費率となっております。

そして、人件費は、毎年必ず上がっていきます。

なぜなら、昇給するからです。

つまり、施設の収入が増えなければ、人件費率はどんどん上昇し、利益を圧迫します。

1日における入所者1人あたりの収支(単位:円)

次は、入所者が1日間施設に入所した場合の、収入と、そのサービス提供にかかる支出です。

施設の種類 平成27年度 平成28年度
収入 支出 利益 収入 支出 利益
特別養護老人ホーム 12,333 12,021 312 12,213 12,024 189
老健 13,781 13,338 443 13,272 12,819 453
介護付き有料老人ホーム等 13,625 13,060 565 12,927 12,607 320

介護施設とは、食事介助つきで、食事を3食(朝・昼・晩)提供し、お風呂介助、排泄介助、ベットメイキングなど、職員が24時間、対応しています。

しかも、老健については、医師、看護師の配置が必須です。

これほどのサービスを提供して、施設の収入は、入所者1人あたり、12,213~13,272円(1日あたり)となっております。

この金額を、高いと感じますか?

それとも、安いと感じますか?

次に、利益をみていきます。

利益率の一番高い老健ですら、入所者1人あたり、453円(1日あたり)しか利益が出ていません。

特養にいたっては、189円の利益です。

ほぼ、ボランティアです。

これって、事業として、成り立ちますか?

生産性の観点からみても、酷すぎます。

24時間働いて、453円の給料しか出ない仕事って、どう思いますか?

最低賃金法を完全に無視してますね。(笑)

そして、介護施設は、入所定員が決まっていますので、入所者数を、定員以上に増やすことはできません。

つまり、売上は、頭打ちということです。

小売業は、利益率が低くても、販売数を伸ばすことで、成り立ちますが、介護施設はそうはいきません。

それだけ、介護施設は、苦しい経営を強いられているということです。

まとめ

重要

ここで、介護施設の経営状況について、まとめておきます。

  1. 入所稼働率は、高いが、利益率が低い。
  2. 人が主体となるサービスのため、人件費率が圧倒的に高い。
  3. 介護業界は、価格決定権のない官製市場である。

以上のことから、私が出した結論は、これです。

介護報酬の引き上げがされない限り、介護職員の給料は上がらない(上げられない)!!

ただ、仕事って、給与だけで選ぶものではないと思います。

やりがいや、働きやすさ、休みの取りやすさなど、あなたが「人生で手に入れたいと思っているもの」を総合的に考え、判断したほうがいいかもしれません。

逆にいれば、職場環境が悪く、やりがいを感じられない職場(介護施設)は、すぐに辞めたほうがいいでしょう!!

そして、給与が「仕事を選ぶ最重要ポイント」だというなら、介護業界は不向きです!!

あなたは、仕事に何を求めますか?

おわりに

「あなたは、自分が働いている施設の経営(財務)状況を、知っていますか?」

恐らく、開示されていないところが、多いのではないでしょうか?

私としては、経営状況を開示をしている事業所の方が、好感を持てます。

なぜなら、現在の厳しい状況を、職員全員で乗り切っていこうという意思表示に思えますし、職員全員で経営していこうという姿勢がみられ、職員に対し誠実さを感じるからです。

ちなみに、誰でも同じだと思いますが、いつ倒産するかわからないような会社で、働きたくないじゃないですか!?

しかも、それを、隠ぺいしている会社なら、なおさらです。

ただ、残念ながら、現代の日本において、将来に不安のない会社なんてないのかもしれません。

大企業も倒産する時代ですし、リストラもあたりまえです。

また、会社の平均寿命を考えると、1つの会社の看板で、一生働き続けることは難しいですし。

これからの時代、会社の将来に不安を感じるのではなく、自分の職能に不安を感じ、自己成長のため、学び続けることが大切かもしれませんね。

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

介護職から「無料」で看護師へキャリアアップする方法【現役看護師に伺いました】

「介護職のキャリアアップ」について、現役ケアマネに話を伺いました!

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク