妻からの「顔はぜんぜん好みじゃない」は、最高の褒め言葉でしょ!?という話

シェアいただけると嬉しいです。

ハート、つながり、家族、夫婦

今回は、先日あった、私と妻の「結婚」にまつわるエピソードの紹介です。

うちの妻は、超まじめで一生懸命なのに直感型でコツコツ積み重ねるのが苦手、好奇心旺盛で行動的なのにビビリ屋な、最高におもしろく、ちょっと天然感を感じさせるハイブリッドな女です。(って、どんな女だ!?)

私にとっては、最高のパートナーであり、また、人生最高の仲間です。

つーか、一緒にいてぜんぜん退屈しない!

そんなハイブリッドな妻と、我が家のリビングルームのソファーでくつろいでいるとき、テレビから、杏里さんの「オリビアを聴きながら」が流れてきたです。

まー、言うまでもありませんが、誰もが知る名曲で、

「出逢った頃は、こんな日が、来るとは思わずにいた~♪」

ってやつです。

その時です。

「オリビアを聴きながら」を聴きながら、妻がこんなことを言ったんです。

「すっごく共感する~」

僕は「そうだよね~」と頷きます。

その後、続けて、妻から衝撃の発言が!!

「まさか、あなたの隣にこんなに長くいるとは思わなかったな~」って・・・

「ん?????」

「え!?そっちーーーーーーーーーー」

と、全力でつっこむ僕!!

ちなみに、我が家は、付き合って2年で結婚し、結婚してから、ちょうど10年なんです。

そうです、今年スイートテンとして指輪をプレゼントさせられたばかり・・・

気づけば、もう、12年も一緒にいるんです。

いやー、まさかの13年目の衝撃(告白)でした!

これが、今回のエピソードのはじまりです。

なお、まだまだ、物語は続きます。

それでは、どうぞ、続きをお楽しみください。

まさかの「逆オリビア状態」

杏里さんの「オリビアを聴きながら」の「出逢った頃は、こんな日が、来るとは思わずにいた~♪」というサビのフレーズですが、

「付き合い始めた(出会った頃)は、別れが来るなんて思っていなかった・・・」的な想いを歌ったものだと思うんです。

つまり、ほとんどの恋愛において共通する感情であり、誰にでもあてはまる共感フレーズだと思うんです。

だって、始めから、別れを想定して恋愛を始める人ってあんまりいないですよね・・・
(って、ここにいたわ!?)

つまり、「僕とは、どうせ別れるでしょ!?」って感じで、スタートしたということです。

もっと言えば、僕への期待値ゼロということ!!

そうです、まさかの「逆オリビア状態」!!

かつ、さりげない僕批判・・・

おいおい、頼むわ~

普通なら「ビビッ」って、なにか運命的なものを感じて・・・みたいなものがあってもいいと思うんですよね~

いやー、相変わらず、最高におもしろい女です!

なお、このフレーズの前後の歌詞の意味については、今回の記事では全くフォーカスしておりません。

だって、妻がこのワンフレーズだけ切り取って、強烈に共感しちゃったんで。

はっきり言って、他の歌詞なんか、全くアタマに入ってきません。(笑)

ちょっと待てよ!良く考えたら、これって喜んでいいんじゃないか!?

でも、ふと、考えてみたんです。

僕への期待値は「ゼロ」からのスタートです。

そんな「全く期待されていない男」が「そんなに長く一緒にいる気のなかった女」を、こんなにも長く隣においてるんです。

そのとき、気づいてしまったんです。

「俺の魅力って凄まじいな!!」って!(笑)

なので、ちょっと、嬉しくなってしまいました。(超前向きなアホなんです僕は!)

だったら「出逢ったときの印象」はどんななの?

乗りかかった船です。

続けて、出逢ったときの第一印象を、妻に聞いてみました。

いやー、これもすごい!!

「こんなにも、自分大好きな人って、出会ったことないな・・・」

「顔は、ぜんぜん好みじゃない・・・」

さすがに、これは完全に僕批判でしょ!?(笑)

でも、そこは持ち前の前向き思考で反撃だ~

「自分大好き」って

俺は思う。

自分を好きになれない人が、他の人に好きになってもらおうなんて、おこがましい。

だって、「自分が、好きな自分」になるために、成長して(変わって)いけばいいんだから。

自分のことを嫌いな人って、好きな(なりたい)自分になろうとしない人だと思う。

つまり、「俺は、成長し続けてるってことだぜ~」って捉えます。

ね、完全に褒め言葉でしょ!?(笑)

「顔は、ぜんぜん好みじゃない」

次に、「顔は、ぜんぜん好みじゃない」いっちゃいます。

うちの妻の最近のブームは、俳優の「竹内涼真」さんと、「山﨑賢人」さんです。

ついでに言うなら、V6の「岡田准一」さんです。

この際だから、はっきり言おう!!

日本中探しても、顔が好みの男なんかに出会えるかーーーーーい!!

こんな「イケメン」ほぼ、おらんわーーーーーーーーい!!

でも、よくよく考えてみると「顔がぜんぜん好みじゃない男」の隣に、12年も一緒にいるんですよ。

どんだけ俺、顔以外が魅力的なんだーーーーーー!!

そんなに褒めるなーーーーーー!!

照れるわーーーーーーーーい!!

まさか、結婚13年目にして、こんな大きな愛の告白を受けるとは夢にも思わなかったです。(笑)

じゃあ、なんで結婚したのか?

ここまで褒められると自分にはわからない、凄まじい魅力が僕にはあるんだと「勘違い」が生まれます。

気づけば、すでに「勘違い」が、よちよち歩きぐらい始めてます。

いやー、成長の速度がハンパないっす。

で、自分じゃわからないので、妻に聞いてやりましたよ。

結婚を決めた理由は、この3つだそうです。

「一緒にいておもしろかった」

「自分のやりたいことを規制しない(束縛しない)」

「他の女を抱かない(お店も禁止)」

マジか!?

妻のみにしか通用しない限定的要素である「おもしろい」と、恋愛における普通代表の「束縛」と「浮気」という平凡トリオ!!

ぜんぜん、特別感を感じない・・・

俺の凄まじい魅力とは、いったい・・・(笑)

ん、でも、なんかおかしくないか?

だって、この3つの条件なら、俺じゃなくてもいいんじゃないのーーーーーーーー!?

いやー、相変わらず、おもしろすぎる妻です。(笑)

まとめ

重要

ここで、今回の妻とのエピソードから得た教訓をまとめておきます。

「婚活男子に届け!」という想いをこめて!

1.スタートは「ゼロ」でもいい、常に相手の期待値を上回れ

相手の期待値を超えつづければ、結婚という頂に必ずたどり着く。

結婚とは、相手の期待値を超え続けた先にあるものなんだーーー!!

2.まず、自分を好きになれ

常に、成長し続けろ!

自分自身が、大好きになれる自分を目指せ!

3.「顔は好みじゃない」は逆にチャンス

ラッキーなことに、相手の期待値がやたら低い。

つまり、期待値というハードルが、超えやすい!

イケメンが背負う、期待値というハードルは、結婚という頂に到達するまでに、棒高跳び級の高さまで成長してしまう。

でも、僕レベルなら、小学生用のハードルの高さで、結婚という頂に手が届く。

つまり、強烈なアドバンテーーーーージ!!

4.他の女を抱くな

「浮気は、分散投資だ」

「浮気はアウトソージングだ」

この名言は、女性に理解されることはない!!

はっきり言おう。

抱いちゃダメだ!(笑)

5.まず、徹底的に信頼しろ

結婚とは、お互いの信頼関係の上に成り立つものです。

なお、信頼関係とは、お互いに束縛する必要のない関係に繋がります。

そして、信頼してもらいたければ、まず、徹底的に信頼し続けましょう。

与え続けるものにしか得られないもの・・・それが、「信頼」です。

これが、我が家の結婚にまつわる5つの教訓です。

これで、こんなスノーボードバカの所にも、嫁は来るのです。

ぜひ、参考にしていただけると嬉しく思います。

って、役に立たなそーーーーーー(笑)

おわりに

私は、付き合い始めてすぐに「お前を、俺の嫁にするから」って言っていました。

今思えば、超上から目線ですね。(当然、ギャク的にですよ~)

嫁は「はーーーー?」って感じでしたが。

そして、実際に結婚してからは、お互いにこんなことを言い続けてます。

僕:「お前は、俺の嫁になる以外、幸せになる選択肢はなかった!」

妻:「あなたなんか、私がいなかったら、結婚できてないよ!!」

ともに、上から目線だから、対等です!!(笑)

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

インフルエンザで5日間出勤停止になったら、幸せ過ぎてビックリ!した話

「ありがとう」を再定義すると、見えなかった幸せに気づく!

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク