日本の人口が減ると何が問題なの?【他人事で済まない大きな課題】

シェアいただけると嬉しいです。

地球儀

現在、日本では少子高齢化による、人口減少が大きな問題(課題)となってます。

帝国データバンク「人口減少に対する企業の意識調査」においても、人口減少による影響について、

日本全体にマイナスの影響がある 84.8%

自社に対しマイナスの影響がある 78.7%

という結果になってました。

ちなみに、この問題、

「未来の話でしょ?」

とか、

「俺は、関係ないよ!」

といった、他人事では済まされる問題ではありません。

私は、少なからず、日本国民全員に影響が出ると思っています。(マイナスの影響かどうかは人それぞれだと思いますが)

なお、日本国民全員に影響が出ると言ったのは、私たちの子ども達(赤ちゃんも含め)にも影響があるからです。

なぜなら、「人口減少後の日本がどんな社会になっているか」で、

「何を学ばせたらよいのか?」

「どういう仕事が選べるのか?」

という、子ども達の人生の選択肢が変わってくるからです。

ちなみに、人口が激減した社会では、社会全体の構造が変わってると思いますので、子ども達の生き方も、私達の時代とはぜんぜん違うものになる気がします。

そんなことで、今回は、「人口減少って何が問題なの?」をテーマに考えてみます。

それでは、偏ってまいりましょう。

人口推移

まず、日本の人口がどのように変化しているのかを「平成27年版厚生労働白書 -人口減少社会を考える-」を参考に見ていきます。

日本の人口推移グラフ

出典:平成27年版厚生労働白書 -人口減少社会を考える-

一覧にするとこんな感じです。

西暦 事柄 概算人口(単位:万人)
1603年 江戸幕府成立 1,500
1868年 明治維新 3,500
1945年 終戦 7,500
2008年 人口ピーク 12,808
2048年 人口1億人割り込み 9,913
2060年 予想値 8,674
2100年 予想値 4,959

ちょっと、衝撃の数値じゃないですか?

今から、40年後(2060年)の日本は、4,000万人以上、人が少ないんです。

4,000万人も人口が減るってことは、いくつもの地方都市がなくなりますよ!!

地方行政も当然、財政破綻するでしょうし。

人口減少がおよぼす影響

水面に水滴が落ちるところ

次に、「人口が減ると、どんなことが起きるのか」について考えてみます。

消費活動の減少

まずは、日本全体の消費活動が激減します。

これって、一番大きな問題じゃないでしょうか。

それでは、視点を変えながら、消費活動減少の影響を考えてみます。

国民目線

  1. 人口が減れば、当然、買い物が減ります。
  2. 買い物が減れば、企業の売上は減ります。
  3. 企業の売上が減れば、業績が落ちます。
  4. 業績が落ちれば、人件費を削るため、給料が減ります。(もしくはリストラです)

結果、その会社で働き続けることは、難しくなります。

企業(会社)目線

  1. 商品の購入者や、サービスの利用者が減れば、業績は落ちます。
  2. 業績が落ち、利益が出せなければ、雇用を守れません。
  3. 結果、企業は、職員をリストラせざるを得なくなります。
  4. そして、さらに業績が悪化すれば、倒産となります。

また、新商品や新サービスへの投資(開発)ができないため、世の中に新しい価値の提供ができなくなります。

新しい価値が提供できないってことは、時代の変化についていけなくなりますので、最終的には、倒産します。

政府目線

  1. 企業の利益が減れば、法人税が減ります。
  2. 給料が減れば、所得税、住民税、社会保険料が減ります。
  3. また、消費活動が減れば、消費税が減ります。

つまり、日本の経済規模はどんどん縮小していきます。

「経済大国日本」はどこへ・・・

行政機能の破綻

税収が減れば、行政サービスを維持することが難しくなります。

例えば、

  1. 社会保障制度の破綻(健康保険、年金保険、生活保護等)
  2. 道路などのインフラ整備ができない
  3. 警察機能の縮小(地域の治安の悪化)

などなど。

特に、人口の少ない地方都市では、完全に行政機能は破綻する可能性が高いと思います。

ちなみに、人口減少で消滅してしまう可能性がある都市については、日本創成会議の「消滅可能性都市の試算」を読んでみてください。

少し前に、注目され、結構おもしろい内容でしたよ。

日本企業の海外流出

日本の企業からすれば、日本にお客さんがいなくなる(少なくなる)ということですから、お客さんのいるところへ行くしかありません。

だって、会社が倒産しちゃいますから。

つまり、海外へ進出するしかないってことです。

ただ、体力のある大企業ならいいですが、中小企業では、海外進出する体力があるかどうか、疑問です。

海外に進出できなければ、日本という小さなマーケットで、パイを取り合うしかなくなります。

厳しい戦いですね・・・(笑)

逆に、海外企業からすれば、日本のマーケットに魅力を感じなくなるかもしれませんね。

結果、日本には、新しいサービスが、入ってきづらくなるかも。

まとめ

ここで、人口減少がおよぼす影響について、まとめておきます。

  1. 給与が下がり、リストラが増える
  2. 日本企業の倒産が増える
  3. 社会保障制度の破綻
  4. 地方都市の行政破綻
  5. 日本というマーケットの魅力が低下する

このように、人口減少がおよぼす影響は、計り知れません。

このまま人口減少が続けば、今のような生活を維持することも難しいでしょう。

今ですら、「日本の財政は破綻する」と言われているのに、少子高齢化の問題は、日本の財政を、もっと深刻にします。

ちなみに、日本政府(地方行政含む)は、人口減少への対策を講じていますが、現在の状況をみると、減少を緩やかにすることはできても、人口減少を止めることは難しいと思います。

ましてや、増加させるなんて不可能です!!

ってことで、最後に、総括します。

これからを生きる人たちは、人口が減少することを前提に、人生設計を行うこと!!

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

日本の人口はなぜ減っているのか?【人口減少の本質を探る】

人口知能とベーシックインカム【「AIが仕事を奪う」は悪いこと?】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク