まさかの前立腺肥大!?いや、ただデカイだけ…という話【前立腺と性欲の関係とは?】

シェアいただけると嬉しいです。

空手、戦い、精力、絶倫

いきなりですが、質問です。

あなたは、体調を崩し撮影したCT検査で「前立腺が大きいね」と、医師に言われ、

「まさか!?前立腺肥大ですか?」って聞いたら、

「いや、ただデカイだけだよ!」って言われたことはありますか?

そして、「つまり、精力絶倫ってことだよ!」と医師に追い討ちをかけらたことはありますか?

僕は、あるよ!!

ってこれ、つい最近の僕のことですから。(笑)

いやー、衝撃な出来事でした~

まさか、体調不良から思わぬ副産物(絶倫の称号)を、手に入れることになろうとは。

ちなみに、このときの僕の心境は、

「前立腺のサイズって、個人差あるのか~」

「前立腺が大きいと、精力絶倫なのか~」

「そっかー、僕は、絶倫なんだ~」

「ってことは、僕には、秘められた力があるってことか~」

「確かに、能ある鷹は爪を隠すって言うしな~」

と、ちょっと喜びを、噛み締める感じです。(笑)

でも、ふと、我に返って考えてみたんです。

「ん?ちょっと待てよ・・・そもそも、僕、絶倫か???」

「能ある鷹は爪を隠すっていうけど、ちょっと、僕、隠し過ぎじゃないか?」

「そういえば、今まで生きてきて、絶倫だね!って言われたことないぞ・・・」

「百歩譲って、僕が、絶倫だとすると、僕の友人はすべて超絶倫ってことになるな・・・」

で、出した答えが、これでした。

「僕は、変態ではあるが、絶倫ではない!!」

確かに、変態っていうのは認めるけどさ~

僕なんかが、「絶倫の称号」をいただくのは、おこがましいっす。

だって、「絶倫」って男の勲章でしょ!?

そんな簡単に手に入れられるものじゃないんと思うんだよね~

そう、持って生まれた才能に加え、努力に努力を重ねることで、やっと辿り着くことができる、まさに「男の頂」であり、言い換えれば「選ばれし男」!!

つまり、そんな簡単に「僕、絶倫なんで!!」なんて、言えない・・・

いや、言ってはいけない!!

おっと、すみません。

体調不良から得た「絶倫」という副産物を得たエピソードから、長々と持論を展開してしまいました。

でも、勘のいいあなたなら、もうお分かりですね。

そうです、今回のテーマは、男の勲章である「絶倫」です。

ちなみに、次のことを深堀って、考えてみました。

  • そもそも絶倫とは、なんなのか?
  • どんな男が「絶倫」と呼ぶに相応しいのか?
  • 前立腺の大きさと精力(性欲)に相関はあるのか?

それでは、いつも以上に、偏ってまいりましょうか。(笑)

そもそも絶倫とは、なんなのか?

男性陣の間では、

「あいつは、絶倫だからさ~」

なんてフレーズで、褒めているのか、けなしているのか、わからない使われ方をしますが、そもそも「絶倫」とは、どういう意味なのか知っていますか?

僕は、ニュアンスで使っていたので、調べてみました。(笑)

すると、絶倫とは、こう出てきます。

「群を抜いて優れていること」

「技量などが、人並み外れて優れていること」

ん!?ぜんぜん、精力と関係ないやないかーーー!?

つーか、最高の褒め言葉やし。

じゃなんで、「絶倫 = 精力が強い」ってイメージがついたんだろ???

ただ、ここまで走り抜けちゃったんで、この記事では「絶倫 = 精力絶倫」という意味で走り抜けます!!(笑)

結果、「絶倫(精力絶倫)」を定義するなら、

「精力が、群を抜いて優れている」

ってことです。

なおも言うなら、「他者を寄せ付けない圧倒的な精力」とでも言いましょうか。

覇気で言うなら、覇王色の持ち主って感じですかね~

どんな男が「絶倫」と呼ぶに相応しいのか?

僕の30年を超える人生の中で、「こいつは、絶倫だぜ!!」と思わずにはいられなかった、3人の男を紹介しよう。

もはや、僕の中では「生きる伝説」と化している。

なお、言葉遣いも含め、男らしく紹介していくぜ!!(笑)

抜かず3発のカリスマ

まずは、「抜かず3発のカリスマ」さんだ!!

はっきり言って、こいつはヤバイ!!

完全に、優勝候補筆頭だーーーーー!!

この方は、僕の大学時代の先輩で、得意技はその名のとおり「抜かず3発」だ!!

当時の僕は、「この人は、神なのか!?」と両手を合わせたぐらいだ。

「抜かず3発のカリスマ」さんは、小柄な体格であり、決して恵まれた体格とは言えないが、その小さな体に強烈なエネルギーを秘めている。

つまり、彼は、

「絶倫は、体格で決まるんじゃねーーーー!心で決まるんだよ!!」

を体現してくれた。

まさに、「絶倫」と呼ぶに相応しい。選ばれた男!!

なお、現代の「草食」や「絶食」と言われる男子に、「抜かず3発のカリスマ」さんの、爪の垢を煎じて飲ませてやりたいぐらいだ。

朝昼夕晩のスピードスター

次は、「朝昼夕晩のスピードスター」さんだ!!

彼は、僕の大学時代の友人だ。

そう、彼はいつだって、スピードの向こう側にいた。

僕は思う。

「性欲の高まり」とは、言わば「スピードアップ」を意味する。

つまり、絶倫度が上がるということは、スピードが上がるということだ。

そう、「絶倫」とは、「スピード」なんだ!!

そういう意味では「朝昼夕晩のスピードスター」さんは、完全に「絶倫の向こう側」にいる。

彼も、まさに「絶倫」と呼ぶに相応しい。

なお、彼の場合、朝昼夕晩は「ほぼ毎日のルーティーン」だ!!

つまり、彼にとって、それは、あたりまえのことであり、無理は一切ない。

そして、誰よりも早い!!

夢精のスペシャリスト

最後は、「夢精のスペシャリスト」さんだ!!

彼は、僕の高校時代の友人であり、高校時代、結構な頻度で夢精を繰り返していた。

日によっては、1日に2回夢精することもある。

「絶倫」とは、人間の深層心理に働きかける強烈な衝動だ!!

言わば、別人格!!

つまり、「夢精のスペシャリスト」さんは、「絶倫」という強烈な人格を持っていることを意味する。

そういう意味では、意識を失っている状況下においても「絶倫という人格」をコントロールしている彼は、まさに、「絶倫」と呼ぶに相応しい。

ただ、「絶倫」が意識を失わせるのか、意識を失ったときに「絶倫」という人格が現れるのかは、誰にもわからない。

そう、答えは、「夢精のスペシャリスト」さんの中だけにある・・・

「生きる伝説」である3人を紹介させてもらったが、あなたなら、どう思う?

この3人に「絶倫」という称号を与えていいだろうか?

そして、誰を優勝者にするべきか、考えてみてほしい。

「絶倫」であるための要素は、多岐にわたるため、非常に厳しい判断を迫られることになるかもしれない・・・

でも、考えてみてほしい、あなたの判断基準で!!(笑)

前立腺の大きさと精力(性欲)に相関はあるのか?

次は、この問題について考えてみましょう。

「そもそも、前立腺の大きさって、精力(性欲)と関係あるの?」

人間の体における絶対の権力者である、医師の言葉に踊らされた僕ですが、そもそも「前立腺が大きい = 絶倫」の定義が正しいかどうか不明です。

で、色々と調べてみました。

グーグル先生に聞いてみた

まずは、グーグル先生に聞いてみました。

結果は、

「前立腺肥大(病気)」の記事は多いが、「前立腺の大きさと精力(性欲)との関係」については、全く出てきませんでした。

ただ、前立腺肥大の治療で、精力が減退すること(副作用)はあるみたいです。

詳細は、グーグル先生に聞いてみてください。(笑)

前立腺の役割って、なに?

いまさらですが、僕は、「前立腺」ってどんな役割の臓器か、知りませんでした・・・

ですので、調べてみました!!

前立腺は男性だけにある臓器です。

前立腺は膀胱の下にあり、尿道を取り囲んでいます。

また、一部が直腸に接しているため、直腸の壁越しに指で触れることができます。

大きさはちょうど栗の実くらいで、形も栗によく似ています。

前立腺の働きについては、まだわからないことが多くあります。

わかっている働きは、前立腺液を分泌することです。

前立腺液は、精液の一部となり、精子を保護したり、精子に栄養を与えるとともに、その運動機能を助ける役割を果たしています。

出典:アストラゼネカ株式会社「前立腺とは?」

この説明を読んでみると、精力に多少なりとも影響があるように思えますね。

ただ、「前立腺が大きい = たくさんの栄養を精子に与えられる」とは、書いてありません!!

つまり、「前立腺が大きいほうが、生産性が高い!」とは言えなそうです。

ハイブリッドな妻に聞いてみた!!

僕は、この衝撃的な出来事について、ハイブリッドな妻に話しています。

そして、聞いてみたんです。

僕「俺って、絶倫か?」

妻「は!?絶倫どころか、草食でしょ!?」

どうやら、僕は、草食系男子みたいです・・・

そして、妻の何気ないこの一言が、僕の心を傷つけました・・・(笑)

こんなことになるなら「抜かず3発のカリスマ」さんの、爪の垢を煎じて飲んでおけば良かった・・・

「え!?なぜ?妻に聞いたの?」って、

それは、僕が絶倫かどうかを一番知っている人だと思ったからだよ~

つーか、もう、これが答えでしょ!?(笑)

なお、「なぜ?我が妻が、ハイブリッドなのか」については、こちらのエピソードをご覧ください。

妻からの「顔はぜんぜん好みじゃない」は、最高の褒め言葉でしょ!?という話

妻が浮気!?そのとき僕は…【どこから浮気?それって良いこと?悪いこと?】

まとめ

はい、さっさと結論です。(笑)

「前立腺」のもともとの大きさと、精力に相関はありません!!

僕が、身をもって証明しておきました。

いやいや、また1つ、世の中の謎を解いてしまいました。

でも、「面白すぎるぜ、先生(医師)ーーーーーーーー!!」

ちょっと、真に受けたぜ!(笑)

なお、この出来事のおかげで、妻から数日間、

「絶倫くーーん、絶倫くーーーーーん!!」

とバカにされました・・・

まー、なんにせよ、僕には「絶倫(他者を寄せ付けない圧倒的な精力者)」という称号は、荷が重過ぎるので、彼らに任せたいと思います。

「抜かず3発のカリスマ」さん

「朝昼夕晩のスピードスター」さん

「夢精のスペシャリスト」さん

彼らは、やっぱり、絶倫です!!

最後まで、バカ過ぎる記事にお付き合いいただき、ありがとうございました。

あわせて読みたい「オススメ記事」

【下痢が1ヶ月続いてるのに全く異常がない!】ってどんだけ俺病んでんだよ!?という話

インフルエンザで5日間出勤停止になったら、幸せ過ぎてビックリ!した話

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク