心が疲れたときに試して欲しい「効果抜群の元気ワード」【本音で生きる(著者:堀江貴文)より】

シェアいただけると嬉しいです。

読書、ノートPC、男の人

僕は、常々、超前向き(スーパーポジティブ)を心がけており、嫌なことがあっても「いい経験だ!」って思うようにしてます。

ただ、本質は、心の弱い人間なので、あまりにも理不尽な人に関わると、心が疲弊します。

例えば、

  • 自分の気に入らないことについて、やたらと怒鳴る人
  • 自分の考えが一番正しいと思い込み、自分の価値観を押し付けて来る人
  • 人の意見を受け入れず、人の意見を全否定する人

などなど。

一言でいえば、「超自己中心的な人」ってことです。

今回の記事は、そんな心が疲弊したときに、ぜひ、読んでいただきたい書籍のご紹介です。

その本とは、

「本音で生きる(著者:堀江貴文)」

です。

もはや、説明の必要はないですね。

堀江貴文(ホリエモン)さんが書かれた書籍です。

僕は、「心が疲れたな~」って感じると、読み直すようにしています。

まだまだ、回復効果がありそうです。(笑)

なお、この本を読むと、「時間」という貴重な資源を、悩むこと(人間関係を含めたすべてのこと)に使うことが、バカらしくなり「よし、動き出そう!」って気になります。

つまり、「限りある人生という時間において、悩んでいる時間が、もったいない!」ということに気づかせてくれます。

ぜひ、読んでみてください。

それでは、偏ってまいりましょう。

他人のことは「ほうっておけ」

「お互いの価値観が異なっていることがわかる」というのは、とても大事なことだ。

僕達はわかり合えないことがわかり合えたでよい。

出典:本音で生きる(著者:掘江貴文、出版社:SBクリエイティブ)

人のよって、価値観は、違ってあたりまえです。

育ってきた環境や時代が違えば、考え方が違うのはすごく自然なことです。

そして、価値観が違い、意見が違うから、おもしろい。

逆に、同じ意見の人ばかりを、周りに集めても、全然おもしろくないいんですよね。

僕は、この本を読んでから、

この人は、こういう価値観の人なんだと、「ほうっておく」ことができるようになりました。

人の意見に、いちいち一喜一憂しても、時間が無駄ですし。

また、心が穏やかじゃないと、パフォーマンスも落ちますから。

「その考え方、おもしろいね!」と、自分の意見と違うことを、楽しむことが大切ですね。

ちなみに、僕は、自分の意見に対し、真っ向から、違う意見を言ってくれる人は、宝(大切な人)だと思っています。(攻撃的な人は例外です)

だって、自分の視野を広げてくれる「良いきっかけ」になりますから。

「できない理由」を探して、いいことがあるのか?

今すぐやめるべきは、こんな言い訳だ。

  • お金がないから
  • 時間がないから
  • 凡人だから、才能がないから
  • やり方がわからないから

出典:本音で生きる(著者:掘江貴文、出版社:SBクリエイティブ)

言い訳をやめると、本当にすっきりする。

すぐに体が動くようになる。

これだけは、今すぐやってみて欲しい。

出典:本音で生きる(著者:掘江貴文、出版社:SBクリエイティブ)

まさに、「できない理由探しは、全く意味がないな」って感じです。

できない理由を探すのではなく、「どうしたら、できるのか?」を考え、それを達成するための手段を、ひたすら試し続けることが大切だと思います。

ちなみに、「絶対に成功する条件」が揃うことなんかありえませんし、また、そんな素晴らしいマニュアルなんかありません。

だからこそ、まず、やってみることが大切なんだと思います。

「やりたいことは、何でもやってみて、才能の有無については、やってから判断すれば良いんじゃないかな~」って感じですかね。

やってもないのに、才能があるかどうかもわかりませんし。

また、必要な知識は、やりながら学んでいけばいいんですよね。

ちなみに、「できない言い訳を探す人」って、やらない理由づくりを必死にしている人なんですよね。

つまり、「本心は、やりたくない(現状のままがいい)」って思っているということです。

だったら、何も変えようとしないで、不満ばかりを述べるのではなく、「今のままが良い!」って、素直に言えば良いのになって思います。

だって、本当に、現状が嫌なら動いてるはずだしね。

みんなプライドが高すぎる

「世間体が悪い」「人の目が気になる」というのは、僕に言わせればすべて自意識過剰だ。

実際にあなたのことをそんなに注目している人は、そういない。

多くの人は自分以外のことになんの関心もないのだ。

出典:本音で生きる(著者:掘江貴文、出版社:SBクリエイティブ)

つまり、他人の目を気にする人は、プライドが高く、自意識過剰であると、堀江さんは述べています。

「誰も、あなたのことなんか、気にしてないよ。」という意識は、心をすごく軽くします。

最終的には、「プライド」や、「恥」をすべて捨てた人が、最強かもしれません。

他人の目なんか気にせずに、何でも、好きなことがやれますから。

「自分がバカ」であることを知っている人は、強いのだ。

出典:本音で生きる(著者:掘江貴文、出版社:SBクリエイティブ)

この言葉から、「自分は無知であることを知ることが大切」だと改めて実感しました。

自分が無知であることを知っている人は、素直に、人に教えを乞うことができます。

変なプライドが、自分の無知さをひたすら隠そうとしてしまうことで、衆知(人々の知恵)を集めることができなくなります。

これは、自己成長を考えたときに、非常に大きな損失です。

逆に、わからないものを「わからないから、教えてくれる?」って言える人って、周りから助けてもらえます。

これって、とても大切なことだと思います。

素直な人の周りには、人が集まりますし。

ちなみに、自分では無知なことを隠しているつもりでも、周りの人に、ほぼ、気づかれています。

つまり、知ったかぶりは、ほぼ、バレているということです。

だって、あなたも、気づきますよね?

「この人、知ったかぶりな人だなって・・・(笑)」

大量にアウトプットし、「自分で考える」ことを繰り返す

自分の意見をうまくアウトプットできないと悩む人もいるが、それはたんにインプットしている情報量が足りていないだけだ。

インプットの量とスピードを増やせば、自然とアウトプットの量やスピードも増え、自分なりの考察が自然と湧き出てくるようになる。

そして、日々の習慣として「考えること」を繰り返すこと。

出典:本音で生きる(著者:掘江貴文、出版社:SBクリエイティブ)

堀江さんは、大量にインプットするコツは、情報のシャワーを常に浴び続けることが大切だと述べています。

そして、「情報は、覚えるのではなく浴びる」ことが大切とのこと。

浴びた情報は、自分の頭の片隅に、しっかり残っており、必要なときに、情報と情報がつながり、「新しいアイデア」となって、アウトプットされる。

そして、そのアイデアの質を左右するのが、圧倒的な情報量とのことです。

スマホのアプリ(ニュースアプリやSNSなど)を活用しながら、意識的に情報を取り込むようにすることが大切ですね。

誰にでも好かれようなんて虫が良すぎる

「本音で生きる」からではないのですが、堀江貴文(ホリエモン)さんの著書「99%の会社はいらない」から、キングコング西野亮廣さんの言葉をご紹介します。

僕は、この言葉に、すごくシビれました!!

僕は自分のことを好きな人の数しかカウントしない。

自分のことを好きな人と嫌いな人の割合が1対9だとしたら、その割合なんて変えなくていい。

あとは声を大きくして、声の届く範囲を広げるようにする。

すると、1000万人を相手にした場合、100万人が自分のことを好きだと言ってくれる。

嫌われることを恐れて小さい声しかあげていなかったら、結局少ない人しか僕のことを好きになってくれない。

出典:99%の会社はいらない(著者:堀江貴文、出版社:KKベストセラーズ)

言われてみると、本当にそうだなって感じます。

価値観が多様化している現代において、誰にでも好かれようとすることは、意味のないことです。

ありのままの自分を、好きになってくれる人が、本当に大切な人なんだと思います。

まとめ

ここで、心が疲弊したときの、「元気ワード」をまとめておきます。

  1. 他人のことは「ほうっておけ」
  2. 「できない理由」を探して、いいことがあるのか?
  3. みんなプライドが高すぎる
  4. 大量にアウトプットし、「自分で考える」ことを繰り返す
  5. 誰にでも好かれようなんて虫が良すぎる

最後に、この本を読んで、僕が感じたのは、

「自分の人生をおもしろくするために、他人の時間を生きている暇なんてない!」

「自分のやりたいことに、没頭し、自己成長を続け、大きな声で、自分発信を続けることが、本当の意味での仲間を増やしていく最良の方法!」

という2つです。

どうですか?

生きるのが楽になりませんか?(笑)

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

【お金2.0~新しい経済のルールと生き方】で、マジ!生き方が変わる!

なぜ、自分の人生を1本の映画だと思うと、楽に生きることができるのか?

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク