スノーボードで例える「仮想通貨」と「取引所」の違い【不正アクセスの報道から】

シェアいただけると嬉しいです。

コンピューター、ハッキング、不正アクセス

平成30年1月26日に、日本の大手仮想通貨取引所「コインチェック」へ外部からの不正アクセスがあり、約580億円分の仮想通貨(NEM)が流出しました。

私も、「コインチェック」さんにお世話になっておりましたので、結構、衝撃的な報道でした。

また、このニュースは、日本中のメディアに取り上げられ、仮想通貨に全く興味のなかった人たちも、少なからず関心を抱いたのではないかと思います。

そんなとき、友人から「これが、一般的な反応なんだろうな!?」と感じさせてくれるLINEが届きました。

ライン、メッセージ、コインチェック

通貨が仮装しちゃっているし、ボードって書こうとして、「ボート」になってる・・・(笑)

でも、少し前までの私も、友人と同じ反応をしていたと思います。

私の場合、たまたま仮想通貨とブロックチューンに興味を持ち、色々な本を読んでいたため、報道の受け取り方が違っただけです。

そこで、仮想通貨と仮想通貨取引所の違いについて、私の大好きなスノーボードで例えて説明したら「超わかりやすいかも!?」と思い、まとめておきたいと思います。

題して、「スノーボーダーのための、仮想通貨、全くわからんの解消」です。

それでは、おもいっきり、偏っていきます。

仮想通貨をスノーボードに例えると

まず、仮想通貨というと、「ビットコイン」というイメージがあると思いますが、仮想通貨は世界に1,000種類以上あると言われています。

ビットコインは、その中の1つであり、仮想通貨の王様です。

つまり、仮想通貨の「ビットコイン」とは、スノーボードでいう「BURTON」です。

ここで、私の独断の偏見で、仮想通貨をいくつか抜粋し、スノーボードに例えてみます。

こんな感じです。

 No  仮想通貨  スノーボード
 1  bitcoin(ビットコイン)  BURTON(バートン)
 2  ethereum(イーサリアム)  SALOMON(サロモン)
 3  ripple(リップル)  LIBTECH(リブテック)
 4  NEM(ネム)  CAPiTA(キャピタ)
 5  Monacoin(モナコイン)  NOVEMBER(ノベンバー)

今回の「コインチェック」さんの騒動は、スノーボードでいう CAPiTA(キャピタ)のスノーボードが、盗まれたということです。

ちなみに、「コインチェック」さんで取り扱われている仮想通貨は、これだけあります。

【平成30年1月28日現在】

コインチェック仮想通貨一覧

仮想通貨取引所をスノーボードで例えると

「コインチェック」さんのような、仮想通貨取引所は、スノーボードでいう「スノーボードショップ」です。

つまり、仮想通貨の販売(取引)店です。

スノーボードショップでいうところの「Victoria(ヴィクトリア)」さんや、「ムラサキスポーツ」さんということになります。

ちなみに、国内だけでも仮想通貨取引所は、10社以上あります。

有名どころだと、

  1. bitflyer
  2. 簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
  3. Zaif

あたりでしょうか。

今回の被害(報道)をスノーボードで例えると

私たちは、オフシーズンに、CAPiTA(キャピタ)のスノーボードを購入しました。

スノーボードのシーズンまで、まだ時間があり、すぐにボードを使う予定もないから、「ボードショップ」にボードを預けておきました。

ちなみに、使いたいときには、いつでも連絡し、受け取ることができます。

そして、そのボードショップに泥棒が入りました。

その泥棒は、「CAPiTA(キャピタ)のスノーボード」をすべて盗みました。

ちなみに、他のメーカーのスノーボードは、すべて無事でした。

なぜなら、他のスノーボードは「CAPiTA(キャピタ)のスノーボード」が置いてある部屋の奥の部屋に、施錠して保管されていたからです。

もちろん、ボードショップの入り口は、しっかりと施錠されていましたが「CAPiTA(キャピタ)のスノーボード」だけ、一番手前の部屋に保管してました。

泥棒は、ボードショップの入り口の施錠だけを開けて進入していました。

後の祭りですが、「CAPiTA(キャピタ)のスノーボード」も、奥の部屋に保管していれば・・・

みたいな感じでしょうか。

まとめ

今回の一件で、友人のように「仮想通貨、終わった・・・」と思っている人が多いのかもしれませんが、この考え方は間違っています。

だって、

「あのボードショップから、CAPiTA(キャピタ)が盗まれたらしいよ。」

「あー、これでCAPiTA(キャピタ)も終わりだね。」

って、おかしくないですか?

「CAPiTA(キャピタ)の製品」と、「盗まれたという事実」は、全く関係ありません。

逆に、良いものだから盗んだとも考えられます。

だって、価値のないものを盗む人なんていませんから。

よって、「仮想通貨」は終わるどころか、ますます拡大していく市場だと思います。

おわりに

今回の「コインチェック」さんの報道を見ていると、不正アクセスでNEMを盗んだ犯人より、盗まれた「コインチェック」さんが悪者のように聞こえます。

泥棒が、一番悪いはずなのに・・・

そもそも、盗まれたい人なんていませんし。

私としては、報道のしかたも、もっと考えて欲しいなって感じました。

だって、報道のしかたによって、民意にバイアスがかかり、物事の本質が見えづらくなりますから。

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

ブロックチェーンと仮想通貨を学ぶインセンティブ【仮想通貨の未来を考える】

法定通貨と仮想通貨の違い【国の保証って本当に重要なの?】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク