SNS利用者数の推移から、これからの労働市場を考える

シェアいただけると嬉しいです。

ネットワークイメージ

先日、人材紹介会社で働いている知人から、興味深い話を伺いました。

その人材紹介(エージェントサービス)会社では、
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用し、

人材紹介会社側から、「潜在的な転職希望者」へ積極的にアプローチしている

というのです。

人材紹介会社は、紹介できる人材がいなければ、求人を出している企業へ紹介できません。

そうなれば、当然、売上が上がりませんから、企業の業績は厳しくなります。

以前の記事でも何度か書かせていただいておりますが、有効求人倍率が高水準となっており、人手不足が深刻な時代です。

求職者の確保も、かなり大変なんだな・・・と感じました。

また、「労働力人口」の減少も懸念されているなか、企業側(求人側)の人材確保も大きな課題となります。

今回、SNSの普及(利用)状況から、これからの人材採用を含めた、労働市場について考えてみました。

本日も、偏ってまいります。(笑)

インターネットの利用状況

まず、総務省の「平成28年通信利用動向調査結果」を参考に、インターネットの利用状況についてみていきます。

インターネット利用率

  • 個人(全世代)の割合 83.5%
  • 年齢階層別
    13~59歳 97.0%
    60~69歳 75.7%
    70~79歳 53.6%

日本の総人口

平成29年3月1日現在 1億2675万5千人

つまり、日本だけでも、1億人以上がインターネットを利用していることになります。

13~59歳の世代については、
97%のインターネット利用率となっていることを考えると、

10年後、20年後には、限りなく100%に近い利用率となると考えられます。

SNS利用状況

次に、株式会社ICT総研さんの「2016年度 SNS利用動向に関する調査」を参考に、SNSに限定して、利用状況をみていきます。

日本のSNS利用者数

2016年度末 6,872万人
2018年度末 7,486万人(予想値)

主なSNS利用率(ネットユーザーに占める)

  1. LINE      72.1%
  2. Twitter   40.8%
  3. Facebook  36.1%
  4. Instagram 22.1%

SNSで100人以上とつながっている比率

  1. LINE      29%
  2. Twitter   41%
  3. Facebook  28%
  4. Instagram 28%

これからの労働市場は?

この結果をみると、SNSの影響力は凄まじいものがありますね。
どんどん利用者も増加し、つながりも強く(多く)なっています。

ちょっとした口コミで、企業のイメージが変わってしまうこともありそうです。

これだけ強いネットワークは、「人材確保を課題」とする企業では、積極的に活用したほうがいい気がしますね。

特に、若者世代の獲得に効果を発揮するのでは!?

企業側は、日々の投稿やつぶやきから、その人の人柄や価値観を探ることもできそうです。
面接だけでは、わからない部分が、SNSには溢れているでしょうから。

そして、もう始まっているのかもしれませんが、

これからの労働市場は、企業側から直接、潜在求人者(個人)へアプローチし、企業の信頼と信用をベースにして、人を獲得していく時代かもしれませんね。

必要なのは、「誠実さ」でしょうか・・・

逆に、労働者側からすれば、自分(個人)の価値を、積極的に情報発信していくことで、企業側からのオファーが増えるかもしれません。
(一握りの人たちかもしれませんが・・・)

まとめ

過去50年を見てみても、想像もできなかった時代の変化(発展)がありました。

つまり、これからの50年も、今の私たちでは、想像もできないことが起きる可能性は大いにあると思います。

労働市場においても、「どんな人材が必要とされ」、「どんな仕事がなくなるのか」、様々な議論はありますが、全くわかりません。

ただ、言えることは、「日々学び、成長し続ける意識が大切」ということでしょうか。

どんな時代においても、変化を柔軟に受け入れられるよう、せめて、新しい技術を、敬遠することなく、積極的に活用する姿勢でいたいものですね。

おわりに

この記事とは直接関係ありませんが、このブログの「ツイッター」をはじめさせていただきました。
「遅ればせながら」と言いたいところですが、そのレベルをもはや超えてますね。(笑)

スノーボードと読書をメインに、日々の疑問や、気づきを、ゆるく発信できたらいいなと思っています。
私にとっては、かなりのチャレンジです。(笑)

「ツイッター」初挑戦ですので、わからないことばかりです・・・
手探りで楽しんでいきます。

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク