「ありがとう」を再定義すると、見えなかった幸せに気づく【ありがとうの本当の意味とは】

シェアいただけると嬉しいです。

ハートマーク

突然ですが、「ありがとう」って、どんなときに使いますか?

そして、「ありがとう」の本当の意味を知っていますか?

「ありがとう」という言葉は、一般的に、感謝を伝える言葉です。

ですので、人から親切にしてもらったり、何かを助けてもらったり、プレゼントをもらったりと、誰かから何かをしてもらったときに使うことが多いと思います。

ただ、同じことをしてもらっても、してくれた人によって、「ありがとう」が出たり出なかったりしませんか?

例えば、

付き合い始めたばかりの彼女が、食事(手料理)を作ってくれたら

「ちょーーーーーーありがとうーーーーー!!!」

ってなり、テンション上がりまくりですよね。

でも、結婚して20年以上の妻が、食事(手料理)を作ってくれても、

「毎日のことだし、普通だよね・・・」

って感じで、テンションが上がることはないと思います。

つまり、何が言いたいかというと、「ありがとう」が出るか出ないかは、「自分の期待値を超えているかどうか」に左右されてしまうということです。

よって、普段の「ありがとう」の使い方を定義すると、

「自分の期待値を超え、人から何かをしてもらったりしたときに使う言葉」

だと言えます。

でも、この「ありがとうの定義」は、少し表現に誤りがあります。

なぜなら、相手がしてくれたことが、自分の期待値を超えていなければ、「ありがとう」ではないということになってしまうからです。

つまり、どういうことかと言うと、

「プレゼントを貰ったが、欲しいものとは違ったので、「ありがとう」ではない!!」

って、なっちゃうってことです。

もっと、わかりやすく言うと、「欲しいプレゼントじゃない = 期待値を超えていない」ってことです。

これ、ダメダメじゃないですか!?(笑)

でも、普段の「ありがとう」の使い方は、このように使われているってことです。

最初の例え話を、思い出してください。

でも、結婚して20年以上の妻が、食事(手料理)を作ってくれても、

「毎日のことだし、普通だよね・・・」

って感じで、テンションが上がることはないと思います。

これって、期待値を超えていないから「ありがとう」が出ないんですよね。

つまり、ダメダメってことです。

そんなことで、今回は「ありがとう」の定義を見直しつつ、今まで見えなかった幸せに、気づくための「ありがとう」の考え方を、ご紹介します。

「ありがとう」の本当の意味とは

私は、「シンプルだけど重要なリーダーの仕事」という本に出会い「ありがとう」の本当の意味に気づかせてもらいました。

で、私が衝撃を受けた、「ありがとうの本当の意味」とは、これです!!

「ありがとう」は、「有難う」と書きます。

有ることが難しいから、「ありがとう」というのです。

「有難う」の反対は、「あたりまえ」です。

「あたりまえ」と思うと、感謝の気持ちは生まれません。

出典:シンプルだけど重要なリーダーの仕事(著者:守屋智敬 出版:かんき出版)

この本は、組織(会社)で働くリーダーにとって、

「何が重要なのか?」

「どうすればいいのか?」

というリーダーの本質やノウハウが書かれたものですが、この本に書かれている様々な言葉やノウハウは、組織という枠を超えて、人との繋がり(関わり)すべてにおいて、役に立つものばかりです。

そして、今回紹介した「ありがとうの本当の意味」については、その中の1つの言葉です。

これって、結構、衝撃的な言葉じゃないですか!?(笑)

「あたりまえ」と思うと「ありがとう」は生まれない

ポラロイドのTHANK YOUロゴ

「ありがとう」を再定義する

「ありがとうの本当の意味(ありがとうの反対は、あたりまえ)」を理解したところで、「ありがとう」を再定義してみます。

「ありがとう」の本当の意味から、「ありがとう」を再定義すると、

「ありがとう」=「あたりまえでないこと」

と定義できると思います。

つまり、「あたりまえでないこと」すべてに「感謝」するべきということなんです。

「あたりまえ」と思いがちなこと

一般編

夫婦間および友人間のやり取りから、考えてみました。

  • 食事を作ってくれる
  • 掃除や洗濯をしてくれる
  • 子育てを頑張ってくれる
  • 会話を楽しんでくれる
  • 一緒に遊んでくれる

仕事編

「仕事において・・・」という視点で、考えてみました。

  • 部下が報告や相談してくれる
  • 部下が仕事を手伝ってくれる
  • あなたの意見を聞いてくれる
  • あなたに意見を言ってくれる
  • 一緒に仕事をしてくれる

これらのことは、普段の生活の中で、「ありがとう」を伝えることを忘れがちです。

感謝の気持ちは、「ありがとう」と言葉にしないと伝わりません。

どんな小さなことでも、「ありがとう」と口に出すことが大切だな~って思います。

ただ、まず、感謝しなければならないのは、「あなたと同じ時間を共有してくれること」に対し、「ありがとう」と思うこと!だと思います。

人間の本質的な欲求「承認欲求」

次に、人の持つ本質的な欲求から、「ありがとう」のもたらす効果を見ていきます。

心理学者アブラハム・マズローの「欲求段階説」において、人間には「承認」という、とても強い欲求があることが示されています。

そして、この承認欲求の中に、「感謝して欲しい」という欲求も含んでいます。

つまり、人の本質的な欲求が、「ありがとう」を求めているのです。

そして、「人は、自分のことを認めてくれる相手を認めようとする、心の作用」があります。

そうです、あなたから、「ありがとう」を伝えることで、相手からも「ありがとう」が返ってくるということです。

この作用を、心理学では「返報性の法則」といい、非常に強い心理が働きます。

新約聖書の「与えよ、さらば与えられん」という有名な言葉からも頷けますよね。

六次の隔たり

世界平和 繋がり

続いて、「ありがとう」の輪を広げるための、ある考え方をご紹介します。

六次の隔たりとは、「人は、6人の知り合いを介すと、世界中の人と繋がることができる」という仮説です。

Wikipediaより、引用いたします。

六次の隔たり(ろくじのへだたり、Six Degrees of Separation)とは、全ての人や物事は6ステップ以内で繋がっていて、友達の友達…を介して世界中の人々と間接的な知り合いになることができる、という仮説。

多くの人数からなる世界が比較的少ない人数を介して繋がるスモール・ワールド現象の一例とされる。

SNSに代表されるいくつかのネットワークサービスはこの仮説が下地になっている。

出典:Wikipedia「六次の隔たり」

つまり、私たち一人ひとりが、「ありがとう」を意識し、発信し続けることで、「ありがとう」は、世界中の人たちに広がります。

これって、世界平和の第一歩ではないでしょうか!?

ちょっと、話が大きくなりすぎましたが・・・(笑)

まとめ

「有難い」と思い、感謝を伝えることは、あなたの周りの人たちを大切することです。

大切にされた人は、「承認欲求」が満たされ、「返報性の法則」により、あなたのことを大切に思ってくれます。

このサイクルが、幸福度を増やしていくためにとても重要です。

「ありがとう」と言われて、不愉快な人はいません。

まずは、「ありがとう」をあなたから与え続けましょう!!

おわりに

感謝(ありがとう)について、私がすっごく気に入っている言葉をご紹介します。

ラクに生きてる人って、感謝が多い。

イヤなことにも感謝する。

もちろん、よかったことも感謝する。

出典:幸せセラピー(著者:斎藤一人)

つまり、幸福度の高い人ほど、感謝が多いってことなんだと思います。

「ありがとう」は、幸せになるための「魔法の言葉」です。

まずは、行動を変え、「ありがとう」を口癖にしましょう。

行動が変わると、意識が変わります。

そして、意識が変わると、生き方が変わり、ひいては世界(人生)が変わります。

世界中が、「ありがとう」で溢れやがれーーーーーー!!!って想いで、発信し続けましょう!!

書籍紹介

最後に、記事内でふれさせていただいた、書籍をご紹介します。

シンプルだけど重要なリーダーの仕事

影響力の武器[第三版] なぜ、人は動かされるのか

「返報性の法則」を含め、人の行動心理について書かれています。

この本は、はっきり言って、誰にも勧めたくないぐらい、超オススメの1冊です。

なお、メンタリストの「DaiGo」さんの愛読書みたいです。

幸せセラピー

幸せになりたいなら!!

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

【下痢が1ヶ月続いてるのに全く異常がない!】ってどんだけ俺病んでんだよ!?という話

妻からの「顔はぜんぜん好みじゃない」は、最高の褒め言葉でしょ!?という話

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク