インフルエンザで5日間出勤停止になったら、幸せ過ぎてビックリ!した話

シェアいただけると嬉しいです。

自宅、ソファー、毛布、リラックス

いやー、先日、人生初のインフルエンザを体験しました。

結論から言うと最高に辛く、そして、すっごく幸せな5日間でした。

なぜって?

だって、強制的に5日間出勤停止なんですよ!

つまり、「休みたくないのに、休まないといけない!」ってことです。

別に、仕事が嫌いなわけじゃないですよ。(結構、会社員を楽しんでるんで)

でも、ただただ、連休は嬉しいよね。

私の場合、有給休暇もほぼ使えませんし、夏休みもない会社ですから、大型連休というと正月休みか、ゴールデンウォーク(休日出勤がない場合)ぐらいなもんです。

そんななか、まさかの5連休!!

そりゃー、辛いのを通り越して、嬉しいですよ。(笑)

そこで、せっかくインフルエンザを初体験したんで、記念に私が体験したインフルエンザのすべてを記録しておこうと思い、ブログを書いています。

なので、今回の記事は、インフルエンザの全行程とインフルエンザ休暇中に感じたことをまとめたものです。

それでは、「幸せなインフル休暇」のスタートです。

インフルエンザは突然に

インフルエンザの流行期は、一般的には、11月~3月ぐらいまでだと言われています。

なので、その流行期に合わせ、各医療機関が「インフルエンザの予防接種」を始めます。

私も、毎年11月に予防接種をしてます。

効果があるかどうかはわかりませんが、子どももいるので、極力、感染しないようにという想いからです。

でも、今まで1度も、インフルエンザに感染しなかったことを思うと、多少は効果があったのかもしれません。

今年は、ダメでしたが・・・

そんな下準備が完璧ななか、あいつはいきなりやってきたのです!

2月のある日、体の異変に気づきます。

  • なんか寒い
  • 体のあちこちが痛い
  • 少しだるい
  • のども痛い

風邪かな!?って思い、その日はブログを書いて早めに就寝しました。

このときは、まだ、ブログが書けました!(笑)

翌朝、目を覚ました瞬間に、気づきました!

「これ、ヤバイやつだ!!」って。

だって、アタマは「くらくら」するし、喉が強烈に痛いし、やたら寒い・・・

しかも、朝、洗面所でうがいをすると、血が混ざっている!

「おいおい、どんだけ、喉やられてるんだよ」って思わず、ツッコミました。

でも、そこは気合で出勤です。

幸いにも、私は車通勤のため、通勤途中で誰かにうつしてしまう心配はありません。

ただ、出勤はしたものの、もしインフルエンザだったら、会社の仲間にうつしてしまいます。

それは、まずいと思い、時間をもらい、病院に受診!

検査の結果、インフルエンザB型!

熱は、38.5分でした。

はい、完全にアウト!!

そうです、インフルエンザは「あれ?」って思ったら、いきなりきます!!

風邪とは、スピード感が全く違いました。

まるで、「一目惚れの恋」のようなスピードでした。

検査と治療薬

薬剤師、治療薬、検査

せっかくなんで、このあたりにも、触れておかなければなりませんね。

インフルエンザの検査

初めてのインフルエンザ検査は、涙を流すほどの辛いものでした。

インフルエンザの検査は、「インフルエンザ検査キット」というものを使用します。

この検査キットを簡単に説明すると、綿棒の長いやつを、鼻の奥まで「グッ」っと突っ込み、その綿棒についた粘膜(?)を調べることで、インフルエンザを診断します。

この鼻の奥まで突っ込まれるやつが、すっごく苦しいのです・・・

いやー、マジ少し泣いたわ~(笑)

ちなみに、検査結果は、すっごく早かったです。

10~15分ぐらいで、すぐに結果が出ました。(あっさり、インフルエンザBです)

なお、この検査は、インフルエンザの初期症状(初日)だと陽性が出づらいみたいです。

私の場合は、すぐに出ちゃいましたが。(もしかすると、少し前から、おかしかったのかも・・)

インフルエンザの治療薬

インフルエンザの薬は、現在、3種類しかないそうです。

  • タミフル(錠剤)
  • リレンザ(吸入薬)
  • イナビル(吸入薬)

私は、「イナビル(詳細はこちら)」を処方されました。

薬剤師さんの説明を聞きつつ、その場で吸入(口にくわえ、おもいっきり吸い込むやつ)して終了です。

その後は、一切薬を飲んだりする必要はありません。

タミフルのように、5日間飲み続ける必要がないため、楽々です。

ちなみに「イナビル」ですが、甘かったです。(味の情報はいらなかったかな!?)

また、吸ってもいいな。(笑)

ロングバケーション「インフル休暇」

インフルエンザ検査で「陽性」が出た時点で、もう、仕事にはいけません。

原則、症状が出始めてから、5日間はインフルエンザウイルスをうつしてしまう可能性があるとのことで、5日間は出勤停止です。

会社へ連絡し、そのまま自宅へ直行です。

そこから、インフルエンザとの闘いが始まりました。

インフル休暇初日

初日は、もうダメダメです。

熱も、38.5分を超えてますし、ブログも全く書けません・・・(笑)

自宅に昼前ぐらいに着き、次の日の朝まで水分補給と、夕食に起きるぐらいで、ひたすら寝続けました。

ここだけ聞くと、ちょっと、自慢に聞こえちゃうかもしれませんね。

ちなみに、水分補給は「ポカリスエット」がオススメです。

「ポカリスエットって、こんなにおいしかったっけ?」と感動するほど、体が求めていたようです。(笑)

「やるな、大塚製薬!」って感じでした。(なぜに、上から目線!?)

そんな大塚製薬効果のおかげか、38.5分あった熱が翌朝には、37.2ぐらいまで下がったので、全然、楽になりました。

思い返してみると、一番辛かったのは、熱によるダルさと、全身の痛みではなく、寝すぎで腰が痛いということでした。(笑)

僕は、腰痛持ちなので、長い時間、寝続けるのは苦痛なのです。(ジジイですね・・)

インフル休暇2日目

2日目からは、だいぶ楽になりました。

熱も、37度前半ですので、アタマも「ゆるいまどろみ状態」って感じで、考え方次第では、逆に楽しめます。

このぐらい熱が下がると、アタマに色々なことがよぎり始めます。

  1. スノーボードに行きたい
  2. 読書がしたい
  3. ブログが書きたい

僕は、こればっかりでした。

「あれ、仕事は?」って思いますが、

「5日間の休みなのに、2日目から気にしてたら、連休が楽しめないじゃないですか!?」という理由を後付けするぐらい・・・

ぜんぜん、浮かんできませんでした。(笑)

そこで、こんなことを感じました。

体調不良のときに自然と浮かんでくることは、自分が本当にやりたいことなんだろうなって。

このとき、敵だと思っていたインフルエンザに、ちょっとだけ好意を持つようになりました。

気づかせてくれて、ありがとう。

インフル君よ。

ただ、インフルエンザに感染してから、味覚がおかしくなっていて「ご飯が、おいしく感じない」のは、とても寂しく感じました。

なかでも、水道水の不味さが際立っている!!(普段は気にならないのに・・・)

ただ、ポカリは美味しい!!(笑)

なお、ブログに関しては、まどろみのなか結構気持ちよく書けます。

インフル3日目から5日目

このあたりになってくると、熱は完全に下がりました。

ただ、喉の異変と、咳が少々です。

つまり、もう絶好調なんです!

で、元気で休みだと「スノボ行きて~」ってなりますが、それはさすがに無理です。

だって、もし、こっそり行って、怪我でもしたら会社に何て言えばいいの?

「いや、その、思ったより足が上がってなくって、気づいたら、階段でつまづいて、滑り落ちました!」って。

「ん!?いけるか?」

いや、いけない!!(笑)

ですので、ひたすら読書とブログです。

これはこれで、超幸せな時間です。

「ブログ書いて、本読んで、ブログ書いて、本読んで」という繰り返し!

ね、幸せなサイクルでしょ!?(笑)

1つ屋根の下「家族のありがたみ」

体調を崩して、有り難いと痛烈に感じるのは、妻に対してですね。

だって、自分が動けなくても、ご飯は作ってくれますし、買い物も行ってくれます。

それこそ、洗濯だって。

私が、自宅監禁中に「ブログ書いて、本読んで、ブログ書いて、本読んで」の幸せサイクルを回せたのも、すべて妻のおかげです。

一人暮らしでは、食事を用意するのも大変ですからね。(大学時代を思い出した・・・)

ただただ、感謝です。

まとめ

重要

インフルエンザって、悪者かと思っていたんですが、感染してみると「結構、良いとこもあるじゃねーか!?」って思いました。

なので、インフルエンザの良いところをまとめておきます。

  • ひと夏の恋のようなスピード感
    ⇒ 一気に感染し、一気に回復する
  • 治療薬「イナビル」が甘い
  • ポカリが美味い
  • 5連休のプレゼント
  • 本当にやりたいことに気づく
  • 家族のありがたみに気づく

逆に、インフルエンザの悪いところです。

  • 検査が超つらい
  • 腰が痛い
  • ご飯がまずい
  • スノボに行けない

「良い6:悪い4」で、まあまあ、いいやつってことにしておきます。(笑)

今回、インフル休暇をいただき、がっつり会社を休ませていただきましたが、想像以上に有意義でビックリしました!

これなら、毎年あってもいいな、インフル休暇。

え!?

当然、「はい、復帰後、死ぬほど働きます!」という思いを、胸に抱きつつですよ。(笑)

最後に、ちょっとだけ真面目な話をすると、休みもなく働きすぎている人達は、インフルエンザと仲良くなって、強制的に5日間休むのもありかも!?って思いました。

だって、風邪ひいたぐらいじゃ、仕事休まないでしょ!?

インフルエンザは、完全に出勤停止なんで、堂々と休めます。

働きすぎのみんな、たまにはガッツリ休もう。

働きすぎは良くない!

「でも、仕事が回らなくなっちゃうよ~」って、意見が出そうですね。

そんなの全然、心配する必要なしです。

結構、自分がいなくても、仕事って回るものですよ。

逆に、自分がいないぐらいで回らなくなる仕事って、仕組みが悪すぎます。

だって、特定の誰かに依存しない仕組みづくりをしないなら、会社である意味なんかないじゃないですか。

ね、休んじゃいましょう!

なお、私の場合は「インフルエンザの予防接種をしていたので、症状が軽くて済んだのかな?」って思います。

予防接種してなかったら、もっと苦しんでいたかも。

やっぱ、予防接種は、必須ですかね。

インフル休暇を有意義にするためにも。(笑)

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

タバコによる時間損失は、年間600時間以上!【タバコをやめる動機づけ】

無駄な入院費(個室料)を払っていませんか?【子どもの入院・手術を経験して】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク