【実体験】交通事故(人身事故)発生時の対応をまとめておくよ

シェアいただけると嬉しいです。

交通事故、車のフロントガラス大破

全くもって、笑えない話なんですが・・・

僕は、先日、車で自転車との接触事故を経験しました。

幸い、自転車を運転していた相手は、命に別状はなく、入院することも、骨折することもなかったのですが、事故の瞬間は、完全に「いっちゃったな~!!」って感じでした。

だって、フロントガラスに頭から突っ込んできて、ぶつかった衝撃で前方へ吹っ飛んだんですから・・・

はっきりいって、超怖かったです。

なお、僕が経験した事故の状況は、こちらの記事で詳しく書いています。

初めての交通事故(車と自転車)に学んだ、車を運転する「リスク」と「責任」

2度とこんなツライ思い(お互いに)はしないようにしようと思いますが、事故はいつ起こるかわかりません。

もし、また、事故に遭遇してしまったときのために、今回経験した交通事故時の対応について、まとめておきます。(記憶の範囲です)

なお、交通事故の経験がない人は、この記事を読んでいただくと、事故発生時の対応について、だいたいのイメージができるかと思います。

ぜひ、もしもの時のために、ご覧いただけると嬉しいです。

普通に書くと、超暗くなっちゃうので、ゆるーい感じで書いていきます。

交通事故(人身事故)発生時にやったこと

まずは、僕が行った事故後の一連の対応です。

  • 相手の状態(ケガなど)を確認する
  • 警察(110番)への連絡と救急車の手配
  • 相手への謝罪
  • 相手と「名前、住所、電話番号」の交換
  • 会社へ連絡(出勤途中であれば)
  • 自動車保険の担当者へ連絡
  • 事故状況等を写真に撮る
  • 救急隊への事故状況の説明
  • 警察官との現場検証
  • 警察署で事情聴取

箇条書きにしてみると、結構な濃度ですね・・・(笑)

それでは、1つずつ説明していきます。

相手の状態(ケガなど)を確認する

今回の事故は、僕が車で直進中、左から、いきなり自転車が飛び出してきて、接触事故が起こりました。

僕は、事故発生後、すぐに車を横に寄せました。(後続車の通行の邪魔にならないように)

そして、すぐに車を降り、相手の状態を確認しにいきました。

幸いにも、相手は、吹っ飛ばされた後、普通に立ち上がり、意識もしっかりしてました。

僕が、「大丈夫!?」って聞くと、

「ぜんぜん、大丈夫です、痛いところもないです!!」と言いました。

そのとき、僕は、少し「ホッ」としましたが、事故の直後だったため、「アドレナリンの影響で、痛みを感じてないのか?」とも思いました。

まー、どちらにせよ、警察への連絡は必須です。

すぐに、110番(警察)へ連絡しました。

警察(110番)への連絡と救急車の手配

110番(警察)へ連絡し、交通事故であることを伝えると、警察官がいくつかの質問をしてきました。

僕は、その質問に1つずつ答えていきます。

  • あなたは、事故の当事者(運転手)ですか?
  • 相手は、自動車ですか?
  • 相手は、男性ですか?
  • 怪我はしていますか?
    (人身事故か、物損事故か?)
  • 事故の場所はどこですか?
    (目安になる建物や交差点の名前など)

相手がケガをしていることを伝え、すぐに救急車を手配してもらいました。

なお、すっごく気が動転して、焦っていることもあり、しゃべり過ぎます!!(笑)

相手への謝罪

事故の原因がどうあれ、自分が車を運転し、相手にツライ思いをさせていることには変わりはありません。

なので、しっかりと謝罪しました。

以前は、「謝罪すると、自分に過失があることを認めたってことになる」と言われましたが、現在は、そういう解釈にはならないそうです。

なので、僕は、相手にしっかりと謝罪するべきだと思います。(お互いに!!)

相手と「名前、住所、電話番号」の交換

相手に意識がない場合(事故の状況によって)は、難しいですが、僕の場合は、相手の意識がしっかりしていたので、その場で、連絡先等の交換をしました。

この「相手との連絡先等の交換」は、必ずしておいてください。

警察は、個人情報保護法の関係上、相手の情報を全く教えてくれませんので!!

会社へ連絡(出勤途中であれば)

僕の場合は、出勤途中に事故が発生しましたので、会社へ連絡し、遅刻する旨を伝えました。

もし、自分がケガをしていた場合は、

「相手の自賠責保険を使うのか」

「会社の労災保険(通勤災害)を使うのか」

と受診する病院で、選択を迫られますので、会社への連絡は必ず行いましょう。

自動車保険(任意保険)の担当者へ連絡

詳細の連絡は、事故処理後でいいと思いますが、まずは、事故が起きたことを連絡しました。

そして、フロントガラスが破損していることを伝え、レッカー車の手配と、レンタカーの手配を依頼しました。

もちろん、事故現場の場所の連絡とともに。

事故状況等を写真に撮る

使うかどうかはわかりませんが、車の破損状況を含め、事故現場の写真をたくさん撮っておきました。(可能な範囲で)

ほんと、スマホって、便利ですね~

画質も綺麗ですし。

ちなみに、僕の場合は、破損した愛車の写真を、ブログに使いました!!(笑)

救急隊への事故状況の説明

救急車の到着は、すっごく早かったです。

おそらく、警察に連絡してから、5~10分程度で到着したと思います。(僕の感覚では・・・)

そして、救急隊に事故状況を伝えました。

  • どういう事故だったのか?
  • スピードは、どのくらい出ていたのか?
  • どの部分が、ぶつかったのか?

その後、救急隊は、ケガをしている相手を救急車へ乗せ、意識や痛みの有無を確認していました。

そして、自転車に乗っていた相手は、そのまま救急病院へ搬送されました。

警察官との現場検証

救急車に遅れること、5~10分で、警察官が到着しました。

まず、警察官から、

  • 運転免許証
  • 自賠責保険証
  • 車検証

の提示を求められました。

そして、事故の状況について、詳細に説明しました。

続いて、僕のした説明をもとに、現場検証スタートです。

  • 運転席から見て、どの時点で自転車に気づいたのか?
  • スピードはどのくらい出ていたか?
  • 相手は、車のどの部分にぶつかったか?
  • どのくらい、吹っ飛んだか?

など、1つ1つの説明を、タイヤの跡や車のキズなどから検証していました。

そう、ドラマで見るように、チョークで道路に書きこみながら・・・(笑)

こんな感じで。

交通事故、現場検証

警察署で事情聴取

現場検証が終わると、次は、警察署での事情聴取です。

そうです、人生初めての「事情聴取」です。

うーん、事情聴取・・・

超刺激的なフレーズですね。(笑)

なお、警察署へ出頭するタイミングですが、

「事故車両の対応とかもあるだろうから、すべての処理が終わってから、警察署に来てくれればいいよ」

って言われました。

なので、自動車保険の担当者が手配してくれた「レッカー車」で、愛車を修理工場へ運んでもらってから、警察署へ出頭しました。

ちなみに、事情聴取に必要なものは、次の4つです。

  • 運転免許証
  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 印鑑(シャチハタ不可)

で、人生初の「事情聴取」はどんな感じだったかと言うと、

「警察官が事故の状況について、1つずつ説明するので、その内容について相違がないかどうかを確認する」

って感じでした。

カツ丼が出ることもなければ、「お前がやったんだろ!!」とか、怒鳴られることもありませんでした。

終始、穏やかに優しく接してもらえました。(笑)

続いて、

  • 交通違反の点数
  • 反則金額(罰金)
  • 運転免許の停止

などの説明を受けます。

そして、最後に、すべて確認事項を書面で確認し、署名・捺印をして終わりです。

僕は、その後、仕事にいきました。

当然、この日の仕事の生産性は、どうしようもなく低かったです・・・

まとめ

重要

ここで、おさらいの意味を込め、交通事故(人身事故)の一連の対応をまとめておきます。

  • 相手の状態(ケガなど)を確認する
  • 警察(110番)への連絡と救急車の手配
  • 相手への謝罪
  • 相手と「名前、住所、電話番号」の交換
  • 会社へ連絡(出勤途中であれば)
  • 自動車保険の担当者へ連絡
  • 事故状況等を写真に撮る
  • 救急隊への事故状況の説明
  • 警察官との現場検証
  • 警察署で事情聴取

事故の直後って、気が動転していて、何をしたら良いのか混乱します。

もしもの時のために、スマホに、メモしておくといいかもしれません。

スマホなら、必ず持ち歩いているでしょうし。

自分が意識を失ってしまっていたら、無理ですけどね・・・

なお、今回の事故に関して、警察署と会社への移動は、自動車保険の担当者が、送迎してくれました!!

そして、レンタカー(台車)は、会社に届けてもらいました。

そうです、自動車保険の担当者が、事故現場にすぐに、駆けつけてくれたんです。

ほんと、有り難いですね。

自動車保険は、「やっぱり、値段だけじゃなく対応の良し悪しが重要だな!!」って思いました。

まー、同じサービスなら、とことん安い方がいいですけどね。

ちなみに、自動車保険の検討をするなら、まず、保険料の目安(相場)を確認しましょう。

今は、ネットで簡単に、色々な会社の「見積り比較」ができますし。

その上で、サービス内容を比較していくことで、必要以上の保険料を払わずに済みますよ。

なお、自動車保険の一括見積りについては、こちらをご覧ください。

保険の窓口インズウェブ

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

交通事故を起こした時の「安全運転義務違反」の内容と罰則(罰金)とは?

誰もが悩む「その下取り額って高いの?安いの?問題」の解決策と考え方

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク