初めての交通事故(車と自転車)に学んだ、車を運転する「リスク」と「責任」

シェアいただけると嬉しいです。

自動車、運転のリスクと責任

先日、僕は、生まれて初めて、車で人をはねました・・・

基本的に、良いことも、悪いことも「いい経験だから」って思うようにしてるんですが、「人をはねる経験」は、しなくていい経験だなってつくづく感じました。

それぐらい、人をはねた時の衝撃と映像が凄まじく、人生において、この上なく気が動転しました。

事故の直後は、「なんとかしなきゃ!?」ばっかりが先行して、気が焦り、警察や保険会社の担当者に、伝えなきゃいけないことが、伝えられない・・・

仕事では、他人の交通事故の対応を散々してきましたが、自分が当事者になると大違いでした。

「あんな状況で、冷静になんかなれるはずがない!!」って感じです。

ほんと、自分の弱さを痛感した瞬間でした。(笑)

そこで、今回は、初めての交通事故(人をはねる)の経験を通して、感じたこと、気づいたことを、まとめておきます。

「2度と、こんな想いはしないし、させないぞ!」という気持ちを忘れることなく、車の運転をするための記録(戒め)として。

それでは、ちょっと、テンション低めで、偏っていきます。(笑)

交通事故の状況「車と自転車」

まずは、僕が経験した交通事故の状況から説明します。

僕は、対面通行の直線道路を、車で走っていました。(スピードは、法定速度です)

そして、「見晴らしが悪く、信号のないT字路の交差点」に差し掛かった時、左からハイスピードの自転車が突っ込んできたのです。

「は!?」と思った瞬間には、僕の車の左前のバンパーに自転車の前輪(カゴ部分)がぶつかり、その反動で、自転車に乗っていた人が、車のフロントガラスに頭からぶつかりました!!

その瞬間、「ドン!!」という衝撃とともに、フロントガラスは大破!!

こんな感じです。

自動車フロントガラス破損

自転車に乗っていた人は、2~3mぐらい前方に吹っ飛びました。

なお、自転車が飛び出してきた道路は、車がやっと1台通れる程度の細い道です。

わかりづらいので、図にしておきます。

交通事故状況図

ぶつかる瞬間の感覚

運転していた僕としては、直線道路を進行していたら、いきなり左前方に「自転車の乗った人が現れた!!」みたいな感覚でした。

そして、

「なんで、人が飛んでくるの?」

「何が、起きたの?」

って感じです。

ただ、そんな状態でも、人がフロントガラスにぶつかる瞬間の映像は、脳裏に鮮明に焼きついていますし、「ドン!!」という衝撃を体が覚えています。

ほんと、「人が、車のフロントガラスに飛び込んでくる映像」は衝撃過ぎましたし、思い出すだけで少し体が震えます・・・

なお、ぶつかって来た自転車ですが、警察による現場検証等の結果からも、車道の真ん中まで膨らんでカーブをしていました。

そりゃー、交わしようもないですし、ぶつかった瞬間に「何が起きたの状態」になるはずです。(笑)

ちなみに、最初に自転車が接触した左前のバンパーは、こんな感じです。

自動車フロントバンパー

しかも、ボディの歪みのせいか、助手席のドアが開かなくなりました。

つまり、結構な、衝撃だったってことです。

加害者と被害者

日本の法律においては、どんなに相手に非があったとしても、原則、車を運転している人が加害者となります。

相手が、車以外(歩行者・自転車など)の場合です。

よって、今回の事故は、100%僕が加害者です。

なお、警察にも、「あなたが加害者だよ」って念を押されました。

しかも、「どうすれば、今回の事故を防げたと思う?」って聞かれて、

「一時停止しかないと思います。」

って僕が答えたら、

「一時停止までじゃないにしろ、左から飛び出してくるかもしれないって予測して、徐行する必要はあったよね」

って言われました。

僕は、その言葉を聞いた瞬間、

「は!?つーか、そんなことしてたら、すべての道路が徐行になるわ~」って、心でツッコミました!!(笑)

だって、どんなに、こっちが気をつけていても、相手が突っ込んできたら、回避しようがないじゃないですか!?

ただ、現在の法律で、「車と自転車の事故は、すべて車の運転手が悪い!!」って定めてるからって、「車を運転しているお前が、すべて悪い!」って、おかしくないですか!?

現在の法律が、すべて正しいのだとすれば、法改正なんて行われないでしょ!?

常に、改正が行われているってことは、法律なんか不完全なものなんだよ!!

つーか、そもそも人間の作るものに、完璧なんてあるのかよーーーー!!!

おっと、すいません、取り乱しました。(笑)

警察にも立場があるのはわかりますが、さすがに、「もう少し言葉を選んでくれよ!」って思いました・・・

ただ、この事故を経験し、車を運転するってことは、それだけ大きな「リスク」と「責任」を背負うってことなんだと痛烈に感じました。

被害者の状態は?

おそらく、一番気になるところですよね。

僕の車と接触し、2~3m吹っ飛んでいった「自転車を運転していた人」ですが、すぐに救急車を手配し、救急病院に運んでもらいました。

そして、

検査の結果、「すり傷」と「打撲」のみ!!

ほんと、奇跡としか言いようがないです。

ただただ、良かった・・・

だから、ブログに書いているんですけどね。(笑)
もしものことがあったなら、書けてません・・・

交通事故を経験した人が思うこと

「あと、1分だけ、家を出るのが早かったら・・・」

「違う道を通っていれば・・・」

「見聞色の覇気を、もう少し鍛えておけば・・・」

「これって、夢なんじゃないか!?」

交通事故とは、奇跡(偶然の産物)によって引き起こされるものです。

なぜなら、その道を通るのが、たった1分、早くても、遅くても、事故に遭っていないわけですから。

つまり、交通事故とは、最終的に「運が悪かったね・・・」の一言に尽きるってことです。

なので、起きちゃったものを悔やんでもしょうがないですから、「タラレバ」は止めて前向きにいくしかないです。

特に、現実逃避は一番ダメですね!!

おーい、夢じゃないよーーー!!(笑)

誰も得をすることのない「交通事故」

交通事故って、加害者であれ、被害者であれ、どちらも幸せになりません。

だって、事故がなければ、

  • 車が壊れることはなかった
  • 人がケガをすることはなかった
  • 事故対応という無駄な時間を使う必要がなかった
  • 事故対応という無駄なエネルギーを使う必要がなかった
  • 罰金、免許停止、保険料高騰、車の下取り価格の低下がなかった

ってことですから。

ざっと、考えただけでも、こんなに出ますから、もっと、損失は大きいのかもしれません・・・

よって、お互い事故が起きないよう、

  • 飲酒運転
  • 運転中のスマホ
  • スピードの出し過ぎ
  • 信号無視
  • 一時停止無視

などの交通違反することなく、安全第一で、車の運転を心がけることが大切です。

ちなみに、「道路交通法」って運転手に罰則を与えるものだと思っていましたが、今回の事故を経験し、

「道路交通法って、車を運転する人を、殺人者にしないためのルールなんだ!!」

って感じました。

つまり、車を運転する僕たちは、「道路交通法」というルールに守られてる側面があるってことなんです。(感謝すべき法律なのかも・・・)

交通事故も最高の学びになる!(大怪我や命に別状がないなら)

交通事故なんて経験はしないほうがいいですが、起きてしまったなら、それを学びに変えないともったいないです。

なので、2度と同じような事故を起こさない(巻き込まれない)ようにすることが大切です。

今回の僕の事故を例にすると、

「極力、細い道路からの合流のない、大きな道路を選ぶ」とか、

「すべての道路を徐行で走行するとか・・・(笑)」

ですかね。

また、自転車に乗っていた相手の場合は、

「ノンストップで交差点に突っ込まない」とか、

「自転車に乗らない・・・(笑)」

などなど。

つまり、良い悪いは抜きにして、経験を次に生かせるよう考えることが大切ってことです。

まとめ

重要

ここで、「初めての交通事故から学んだこと」を、まとめておきます。

  • 自動車運転は、大きな「リスク」と「責任」を伴う
  • 交通事故は「偶然の産物」
  • 加害者も、被害者も損しかしない
  • 道路交通法は、自分を守るためのルール
  • 交通事故も最高の学びになる!(大怪我や命に別状がないなら)

今回、自転車との事故(人をはねる)を経験して、車を運転するってことは、人を傷つけたり、最悪の場合、命を奪ってしまうというリスクを背負うってことなんだと、痛烈に感じた1日でした。

つまり、車を運転するってことは、「人を殺める加害者に、いつでもなりえる」ってことなんです。

しかも、どんなに自分が安全運転をしていたとしても。

でも、それが、車を運転するってことなんですよね。

ほんと、車って、すっごいリスク・・・

なお、普段、車を運転していると、無理な車線変更をされたり、あおってくる車がいたりと、「イラッ!」とすることがありますけど、事故によってお互いにツライ思いをすることに比べれば、ほんと「どうでもいいこと」だな~って思います。

言い換えれば、「そんな、くだらないプライド争いしても、何のメリットもない!」ってことです。

最後に、

何度も言いますが、ほんと「人をはねる」って、すっごい怖いことなんです!!

人を傷つけるぐらいなら、「プライド」なんか必要ありません。

ぜひ、車を運転するときは、常に「穏やか」を意識してください。

僕も、常に、心がけたいと思います。

「あー、でも、ほんと相手に大きな怪我がなくて良かった~」

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

【実体験】交通事故(人身事故)発生時の対応をまとめておくよ

交通事故を起こした時の「安全運転義務違反」の内容と罰則(罰金)とは?

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク