日本の人口は、なぜ減っているのか?【人口減少の本質を厚生労働省の資料から探る】

シェアいただけると嬉しいです。

疑問符

現在、日本の人口減少が大きな問題となっており、40年後(2060年)の人口は、約8,600万人と予想されています。

日本の人口は、約1億2649万人(2018年現在)ですから、4000万人以上減少することになります。

なお、日本の人口ピークは、2008年の約1億2800万人です。

つまり、約40年で、日本の人口は3分の2に減るってことです。

すっごい減少スピードです。

ちなみに、4000万人の人口というと、関東地方(一都六県)がほぼ消滅することを意味します。

内訳は、こんな感じです。(日本の統計2018より)

都道府県 人口数(単位:千人)
東京都 13,515
神奈川県 9,126
埼玉県 7,267
千葉県 6,223
茨城県 2,917
栃木県 1,974
群馬県 1,973
合 計 42,995

これは、さすがに、ヤバイでしょ!?

他人事って、笑ってられない・・・(笑)

なお、人口減少が、なぜ問題かというと、

  • 消費活動の減少
  • 行政機能の破綻
  • 企業の海外流出

などが起こり、日本の経済規模がどんどん縮小してしまうからです。

経済規模が縮小するということは、国の税収が減ることを意味しますので、今までのような行政サービスを維持することも難しくなります。

つまり、結果、私たちの生活に大きな影響が出るということです。

なお、人口減少がおよぼす影響については、こちらの記事をご覧ください。

日本の人口が減ると何が問題なの?【他人事で済まない大きな課題】

でも、

「なぜ?人口が減っているの?」、「改善はできないの?」って、

疑問に思いませんか?

結論から、言っちゃえば、

「死亡者より、出生者が少ないから」

となっちゃいますが、それをさらに深堀りして、人口減少の本質的な原因を考えてみたいと思います。

それでは、偏ってまいりましょう。

出生率等の推移

まずは、内閣府と厚生労働省の資料から、人口減少に関係がありそうな指標を比較してみます。

言葉の定義

ちょっと、聞きなれない言葉が多いので、わかりやすく、1つずつ説明しておきます。

合計特殊出生率

1人の女性が生涯に産む子供の数の平均

完結出生児数

夫婦の最終的な平均出生子供数(結婚した夫婦の平均出生数)

生涯未婚率

50歳の時点で一度も結婚したことがない人の割合

平均初婚年齢

初めて結婚した年齢の平均

比較表

合計特殊
出生率(%)

完結出生
児数(人)
生涯未婚率(%) 平均初婚年齢(%)
1947 4.54 4.27 26.1 22.9
1975 1.91 2.19 27.0 24.7
1985 1.76 2.19 3.9 4.3 28.2 25.5
2000 1.36 2.23 12.6 5.8 28.8 27.0
2005 1.26 2.09 16.0 7.3 29.8 28.0
2010 1.39 1.96 20.1 10.6 30.5 28.8
2015 1.45 1.94 24.2 14.9 31.1 29.4

※完結出生児数については、調査時期のずれがあるため、近似値を使用しています。

この表から読み取れること

まず、合計特殊出生率ですが、2005年の1.26(最低値)より、緩やかに上昇してます。

ただ、人口維持に必要な水準は、合計特殊出生率2.08とされておりますので、人口を維持することはかなり難しいことがわかると思います。

ちなみに、団塊の世代と言われる1947年は、合計特殊出生率4.54となってます。

最終的には、この「合計特殊出生率」を上げない限り、日本の人口増加(維持)は難しいということになります。

次に、完結出生児数ですが、1975年から2005年の30年間は、ほぼ変動はありません。

常に、2人以上をキープしています。(2005年で、2.09人です)

つまり、2005年までは、結婚した夫婦は、2人以上の子どもを出産していることになります。

その後、緩やかに減少しておりますが、2015年においても「2人の子どもを出産している夫婦」が多いことがわかると思います。

なお、生涯未婚率と平均初婚年齢は上昇し続けており、2015年現在で、

【生涯未婚率】

  • 男性 24.2%
  • 女性 14.9%

【平均初婚年齢】

  • 男性 31.1歳
  • 女性 29.4歳

となっております。

つーか、初婚年齢はまだしも、これって結構、衝撃的な数字じゃないですか!?

だって、男性に限って言えば、100人中24人が、一生のうち1度も結婚してないんですよ。

いい勉強(経験)になるから、1度ぐらい結婚したっていいのに・・・(笑)

参考資料

内閣府

出生数及び合計特殊出生率の年次推移

平成27年度少子化の状況及び少子化への対処施策の概況「第1部 少子化対策の現状と課題」

平均初婚年齢の推移

厚生労働省

第15回出生動向基本調査「国立社会保障・人口問題研究所」

平成26年版厚生労働白書

人口減少の原因

上記の比較表をみて、既にお分かりかもしれませんが、

結婚した夫婦の出生児数は、長い間2.0人を維持しているのに、合計特殊出生率が、下がり続けているということは、「結婚しない人」が増えたということです。

これは、生涯未婚率の推移を見てもらうと一目瞭然ですね。

ちなみに、日本の婚外子割合は、2.1%となっており、出生する子どもの約98%は、婚姻関係にある男女から産まれています。(アメリカの婚外子割合は、約40%です)

つまり、生涯未婚率の上昇は、直接的に、合計特殊出生率の低下につながるということです。

以上のことから、

日本の人口減少の直接的な原因は、「生涯未婚率の上昇」である

と考えられます。

なお、婚外子については、こちらの記事で詳しく書いています。

日本の婚外子割合は?【未婚者の意識が意外な結果に!?】

完結出生児数が低下している原因は?

「完結出生児数」の低下は、「平均初婚年齢」の上昇が原因だと思われます。

なぜなら、妊娠率は、年齢の影響をすごく受けるからです。

初婚年齢が上がるということは、妊娠率が下がるということを意味しますので、当然、出生児数に影響を与えます。

結果、「完結出生児数」が低下します。

これは、「不妊治療をされる方」が多いとの報道からも、なんとなく感じとれますね。

そして、その要因の1つとして「初婚年齢の上昇」が影響しているのです。

ちなみに、初婚年齢の上昇においては「経済的不安」という要因を無視できません。

以前、読んだ「ニッセイ基礎研究所」さんのレポート(未婚者:18~34歳に行った調査)で、1年以内に結婚する場合における最大の障壁は、男女ともに「結婚資金(40%程度)」という結果が出ています。

これは、若者たちが抱える「日本社会の未来に対する不安」が、初婚年齢に少なからず影響を与えているのだと思います。

以上のことから、「完結出生児数の低下」を抑えるには、「平均初婚年齢」の上昇を抑えるしかないと思います。

あ!?

あとは、強烈な医療の進歩とかかな・・・(笑)

まとめ

ハート、心、つながり

はい、最終的な結論です。

日本の人口減少は、「結婚しない人が増えた」ことが直接の原因です!!

よって、「生涯未婚率」の改善を行わない限り、人口減少を止めることはできません。

なお、「結婚をしない人」について考えてみると、次の2つに分けられると思います。

  1. 結婚したくない
  2. 結婚したいけど、できない。

「結婚したくない人」に、結婚しろとは言えませんので、「結婚したいけど、できない人」同士が、結婚できるようにマッチングするしかありません。

現在、各自治体が、税金を投入し、婚活イベントなどを行っている背景には、このような事情があるんだと思います。

つまり、国としては、人口減少を食い止める(緩やかにする)ため、「生涯未婚率を下げたい(結婚して欲しい)」と考えているのです。

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

男性目線で考える「愛」と「恋」の違いとは?「下心」って悪いもの?

出産手当金・育児休業給付金を自動計算する【無料エクセルファイル】の紹介

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク