「バランスボール」を使ったオフトレがスノーボードの滑りを変える!

シェアいただけると嬉しいです。

スノーボード、BS180、キッカー

「オフシーズン」

スノーボード好きにとって、こんなに残酷な言葉はありません。

特に、シーズンが終了する5月は、ほぼすべてのスノーボーダーがやる気を失い廃人と化します。

でも、やる気が出ないからといって、ダラダラしていては、来シーズンのパフォーマンスに影響が出てしまいます。

なんとかして、この失ったやる気を取り戻し、来シーズンに向けて「オフトレ」をスタートしたいものです。

まー、やる気を引き上げるという意味なら、ジャンプ練習施設(キングス・クエスト)や、スノーヴァ新横浜へ行きたい所ですが、仕事や子育てに追われるパパボーダーにとっては、ハードルが高すぎます。

ならば、「筋トレでバキバキのボディを!!」という意気込みも続くわけもなく・・・

だって、筋トレって楽しくないじゃないですか!?(笑)

そんな私のような人にオススメしたいのが、「バランスボール」を使ったトレーニングです。

実際に私もやっており、習慣化しやすく、費用対効果が高いと思います。

ぜひ、オフトレを習慣化して、来シーズンの滑りを変えちゃいましょう!

バランスボールトレーニング

膝立ち

バランスボールを使ったトレーニングって色々な種類がありますが、多くを取り入れると毎日続けられないので、基本的に私はこれしかやりません。

「テレビを見ながら、バランスボールに毎日30分乗る」

これだけです。

最初は短い時間から始めて、徐々に時間を延ばしていくといいと思います。

バランスボール オフトレ

最初のうちは、バランスを取るのに必死になりますが、慣れてくると「ボー」とテレビを見ながらバランスが取れるようになります。

私の場合は、毎日、夕食後にやっております。(私は、晩酌をしませんので・・)

10分を経過したぐらいから、ジワジワと汗が吹き出ます。

ちなみに、このトレーニングですが、プロライダーさんが実際に行っている「体幹トレーニング」をそのままパクッてます。

慣れてきたら「立ち上がる」

30分膝立ちをし、やる気のあるときは、バランスボールの上に立ってみます。

その日の調子にもよりますが、15分間ぐらい立ったままバランスをとります。

なお、テレビを見ながらです。(笑)

バランスボール オフトレ

注意点としては、少し広い部屋やることです。

ボールの上は、結構バランスが悪いので・・・

さらに、スノーボードへのモチベーションが抑えられないときは、バランスボールの上で「スクワット」をやります。

一番調子の良いときで、100回ぐらい「スクワット」をやってました。

ちなみに、ここまでやると、嫁に冷たい目で見られます。(笑)

終わった後は、うち太ももがパンパンになり、膝が笑います!!

効果

私が実感した限りでは、効果は絶大です!!

まー、プロライダーさんが取り入れているトレーニングですから当然かもしれませんが。

なにが違うって、スノーボードに乗ったときのバランス感覚が強烈に研ぎ澄まされます。

朝一の滑走から、自然とバランスがとれ、高速滑走、オーリー、キッカーの抜けなど、かなり安定します。

ちなみに、シーズン中に、バランスボールに乗った週と、乗らなかった週で違いがあるか試してみたことがありますが、ボードに乗ったときの安定感が全く違います!!

ただ、滑りに行く前日にテンションが上がって、バランスボールに乗りすぎると、次の日に疲れが残ります。(筋肉痛で思うように滑れないことも・・・)

ここまでやっちゃうと、本末転倒になりますので、やり過ぎには気をつけてください。(笑)

まとめ

バランスボールは、ホームセンター等で安く購入できますし、ちょっとした時間でやれますので、続けやすいと思います。

体感トレーニングとしても超効果的です。

ぜひ、お試しください。

ただ、滑りの違いを実感したくて、シーズンインが待ち遠しくなるため、テンションのコントロールに苦労します。

こればっかりは、各自で対処法をご検討ください。

最後に、バランスボールに乗っているときの最大の注意点です。

たまたま(?)機嫌の悪い嫁が、バランスボールを蹴ってくることがありますが、多少の衝撃でもバランスを崩さない強靭な体感を作るための「愛のインステップキック」だと思って静かに耐えてください。(笑)

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

オフトレで「スイッチライディング」をマスターして、スノーボードを倍楽しむ!!

スノーボーダーのための「五月病」を深刻化させない3つの方法

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク