パウダーライディングが楽しめないのは、滑り方を知らないからだよ!

シェアいただけると嬉しいです。

スノーボード パウダー

イメージしてください。

「快晴のパウダー」

いま、顔が「にやけた」あなた・・・中毒症状が出始めています。

病んでますね。(笑)

でも、その気持ち、すごく良くわかります。

そうなんです。

「パウダー(新雪)」って、超魅力的で中毒性が高いんです。

ただ、パウダーライディングは、普通のフリーライディングと違い、難易度が高いのが問題なんですよね。

ちなみに、我が妻は、パウダーが大嫌いです。(8mキッカーを飛ぶくせに・・・)

理由は、「ノーズが埋まり、ボードが滑らないから!」って、初心者か!?(笑)

そこで、我が妻のように、パウダー嫌い(苦手)な、あなたでもパウダーをノリノリで楽しめる方法についてまとめておきます。

パウダーって何だ?

スノーボード パウダー

パウダーは、「山の神様からのご褒美(贈り物)」です。

せっかくの贈り物を受け取らないのは、バチがあたります!!

有難く(ありがたく)受け取り、山の神様にパウダーで遊んだときに生まれる「笑顔」をお返しするべきです。

人として、いただいたらお返ししないといけないですよね。

パウダーってどんな雪?

一般的には、水分が少なく、さらさらした粉雪のことだと思いますが、新雪(降ったばかりの雪)全般を指すことが多いですが、深雪(深い雪)をイメージする人が多いのではないでしょうか。

なお、圧雪されていない、降ったばかりの雪は、ボード操作が難しい上に、スピードが出ません。

パウダーの魅力

「滑りづらい雪なのに、なんでそんなに魅力的なの?」って思いますよね?

いくつか私が思うパウダーの魅力を紹介します。

  • 誰も滑ってないバーンに、自由にターンを刻んでいく優越感
  • 「フワフワ」する滑り心地と浮遊感
  • プロスノーボーダーが滑る「バックカントリー」への憧れに対する小さな達成感

パウダーの滑り方

スノーボード パウダー

基本的な考え方

ボードが埋まらないように、常に、後ろ足に重心を置き、テールを踏むことで、ノーズを浮かせます。

慣れてきたら、前足と後ろ足の加重のバランスを調整してみましょう。

パウダーでボードを走らせるには、ノーズが埋まらないギリギリのバランスで滑ることです。

ぜひ、何度も埋まりながら、試行錯誤してみてください。

必ず、最高のポジションに出会えるはず!!

なお、後ろ足に重心を置くことで、ボード操作が非常にしづらくなりますので、フリーライディングにおいて、「後ろ足重心で滑る」練習をしておいてください。

また、ボードのセッティングを変えてみるのも、手だと思います。

強めにセットバック(ボードのテール寄りに、ビンディングを取り付け、ノーズを長めにとること)をいれてみましょう。

劇的に、滑りやすくなりますよ。

なお、ビンディングのセッティングについては、こちらの記事を。

滑りを変える!ビンディング(スノボ)の正しいセッティングのしかた

スノーボードのセットバックとは?【セッティング方法と滑りの違い】

注意点

圧雪されたバーンを滑るように、パウダーを滑らないでください。

必ず、ノーズが沈み、ボードが埋まります。

なお、埋まった場所によっては、春まで出てこれなくなりますので、お気をつけください。

滑るときの意識としては、膝と腰を下げ、低い姿勢でターンを行ってください。

パウダーによる、ボード操作のしづらさを緩和できます。

パウダーを滑ったあとは、想像以上に疲れます。

特に、後ろ足の太ももが「パンパン」になります。

逆に言えば、この太ももの疲れも、パウダーの魅力なんですけどね。(笑)

それでも、パウダーが嫌い(苦手)な場合

上記の注意点を見ても、まだ、「山の神様からの贈り物」を受け取れない場合は、最終兵器である「パウダーボード」を試してください。

各メーカーさんから、多数のパウダーボードが出ておりますので、色々探してみてください。

なお、パウダーボードは、普通に滑っても、ノーズが自然と浮き、ノリノリでパウダーを楽しめます!!

これでダメなら、私はお手上げです・・・(笑)

ちなみに、パウダーボードについては、こちらでご覧ください。

おわりに

パウダーは、山の神様からのご褒美(贈り物)と言いましたが、そのなかで、最上級の贈り物が「快晴のパウダー」です。

もはや、「奇跡としか言いようがない、スペシャルデー」です!!

そんな奇跡の日を満喫できるよう、パウダーライディングを磨いていきましょう。

そして、最上級の贈り物をいただいたなら、きちんと「感謝」をしてから、下山してください。

山の神様へ感謝

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

パウダーボードの乗り心地とは?【CAPITA SPRING BREAK 試乗レポート】

非圧雪エリア多数の「ホワイトワールド尾瀬岩鞍」でパウダーを楽しめ!

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク