オフトレで「スイッチライディング」をマスターして、スノーボードを倍楽しむ!!

スポンサーリンク

親子 スケートボード

この記事では、子育てをしながら「スノーボードのスイッチライディング」の練習ができちゃうという、素晴らしすぎる方法を紹介しています。

僕のような「子育て中のパパ」に、特にオススメです。

 

ぜひ、お試しください。

スイッチ(フェイキー)ライディング

まずは、「スイッチライディング」について説明していきます。

スイッチ(フェイキー)とは

自分の本来のスタンス(レギュラー)とは逆の足を前にして滑ることです。

つまり、ボードのテール側を、前にして滑る技術です。

僕の場合は、レギュラースタンスですので、右足が前になります。

 

【スイッチのフロントサイドターン】

 

【スイッチのバックサイドターン】

スイッチは、レギュラーの動きを、そのまま逆にしただけなのですが、思った以上に難しく感じると思います。

 

完全に、初心者に逆戻りです!!

滑るときのコツ

  • 自分が思っている以上に、前足(レギュラースタンスなら右足)をしっかり踏むことを意識してください。
    慣れていないスタンスでは、自分が思っている以上に、後傾姿勢になっています。
    スノーボードは、後ろ足に体重が逃げるとターンがしづらくなります。
  • ビビッて、前かがみになる(腰が前に曲がる)人が多いので、意識的に体の軸を立ててください。
    ⇒初心者感がすごく出ちゃいますので・・・
  • 自分のビンディングの角度を理解し、無理に胸を前に向けることをを意識せず、横向きでの滑りをする。(ダックスタンスの人は別ですが・・・)
    無理に、胸を前に向けようとすると、体が開いてヒール側へ体重が乗りすぎます。

オフシーズンのトレーニング

シーズン中(ゲレンデ)だと、色々とやらないといけないことが多いですよね~

たとえば、

  • レギュラースタンスでの高速フリーラン
  • キッカーの練習
  • パウダーラン
  • BOXで遊ぶ
  • 動画撮影

などなど。

 

なので、シーズン中って「スイッチライディング」だけを集中して練習ってできないんです。

結果、なかなか上手くならない・・・

 

シーズン中が無理となれば、オフシーズンにスイッチの練習をするしかないですよね?

 

そこで、僕が実践している「オフシーズンのスイッチ練習法」を紹介します。

スケートボード

スケートボード オーリー

言わずとしれた、「最強オフトレマシーン」です!

スイッチの練習だけにとどまらず、すべてにおいて強烈な効果があります!

 

特に、オーリーについては、体の動かし方、タイミング、バランスが研ぎ澄まされます。

ただ、非常に難易度が高く、怪我がつきものなので、ハードルが高めです。

 

なお、スイッチライディングの練習としてやるだけでも、効果が期待できます。

トリック的には、「プッシュ」と「チクタク」でひたすら滑るだけで十分です。

 

この2つのトリックなら、ほぼ怪我はしないと思います。

 

ちなみに、スケートボードに興味を持ったなら、こちらの記事がオススメです。

スノーボーダーのための、スケートボードの始め方【まず、何を買えばいいの?】

【スケボー動画】スノーボーダーのテンションが上がる「オーリー・180・360…」の紹介

ブレイブボード

ブレイブボード

子供たちに大人気の、ブレイブボードです。

子供の誕生日プレゼントに買いましたが、僕にとっても大活躍です!!

しかも、思っていたよりバランスが取りづらく、スイッチの練習にはもってこいです。

スケートボードに比べると、怪我の心配も少ないので、子供と一緒に楽しみやすいです。

 

 

「スケボー」も「ブレイブボード」も子どもと一緒に遊びながらトレーニングできちゃいます。

これなら奥様も、ご機嫌です!!(笑)

スイッチ(フェイキー)で滑れることの効果

スイッチ(フェイキー)で滑れるということは、レギュラーでしか滑れない人に比べて、2倍滑れるということです。

 

スキー場で、リフト開始時間から、リフト終了時間まで、全力ですべり続けるのは、かなり体力を使います。

 

そんなとき、スイッチで滑れることで、「レギュラー疲れたな~」と感じたら、スイッチに切り替えます。

スイッチに切り替えることで、筋肉の使い方が逆になり、まだまだ滑れます!!

 

そして、スイッチで滑りながら、レギュラーの疲労回復を待ち、またレギュラーで滑ります。

これだけで、滑走本数と滑走時間がすごく伸びます。

 

スノーボードを倍楽しむためにも、「スイッチライディング」は必須です!!(笑)

まとめ

今回は、スイッチライディングの練習法として、

  • スケートボード
  • ブレイブボード

を紹介しました。

 

どちらの練習法でも、やり込んでおくと効果は絶大です!!(結構、自信を持って言えます)

 

ぜひ、スイッチライディングに不安を感じているなら、お試しください。

おわりに

子育て中のパパは、時間との戦いです。

独身の時のように、自由にスキー場に足を運ぶことはできません。

 

限られた時間を有意義なものにするためにも、本気で滑って、1日1日を大切にし、価値のある時間にしましょう。

 

なお、スキー場って、1日リフト券を4,000円で、営業時間を9時間(8時から17時)と仮定すると、1時間あたり444円でリフト乗り放題で、好きなだけ山で遊べます!!

 

つまり、すっごくお得な遊びなんです!!(早割り券を購入するともっとお得です)

ただ、体力が足りなくて、最後まで本気で滑れないのは、もったいないです。

 

そのためにも、スイッチライディングは、必須テクニックです。

だって、倍滑れますから!!

 

シーズン期間を有意義なものにするため、オフシーズンにスイッチライディングをマスターしちゃいましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

コメント

タイトルとURLをコピーしました