スノーボードの「日焼け・乾燥・肌荒れ」で悩んでいる人へ【オススメ化粧品】

スポンサーリンク

女性、スノーボード、ライス28、肌荒れ対策

スノーボードって、

  • 滑走時の爽快感
  • 上達を感じたときの達成感
  • 仲間との時間の共有
  • 雪山という非現実の体験
  • 美しい景色

などなど、ほんと最高なんですが・・・

 

肌、荒れません?

 

というのも、僕は、スノーボードを15年以上やっていますが、滑った後に肌が、

  • 微妙な日焼け
  • 乾燥でカサカサ
  • 寒さで真っ赤

になることが多いからです。

これは、同じく15年以上、スノーボードをやっている、僕の妻も同様です。

 

そこで、この記事では、僕と僕の妻が、

「肌荒れ対策のために利用している、基礎化粧品(化粧水・美容液・保湿クリーム)」

を紹介します。

 

「スノーボードした後の肌荒れ(日焼けや乾燥)が気になる」という人に読んでいただけると嬉しいです。

オススメの化粧水・美容液・保湿クリーム「ライスフォース」

ライスフォース化粧品

僕と僕の妻が愛用しているのは、ずばり「ライスフォース」です。

 

ライスフォースは、もともと、超敏感肌の妻が使用していた基礎化粧品で、

「ちょっと使わせてもらったら、あまりの保湿感に僕もハマった!」

というアイテムです。

ちょっと、値が張るので、妻には嫌な顔をされましたが・・・

 

ちなみに、妻は、ライフフォースとの出会いについて、こんな風に言っていました。

私は、すっごく敏感肌だから、今まで、色々な基礎化粧品を試したんだけど、肌が赤くなったり、「ピリピリ」と刺激が出たりして、なかなか自分の肌にあった基礎化粧品に出会えなかったんだよね。

しかも、季節によって、ちょっと肌質が変わるのか、夏場はいいんだけど、冬になると合わなくなったりするし。

でも、「ライフフォース」にしてからは、1年中、肌のトラブルがなくなったんだよ。

保湿効果がスゴイから、肌がプルプルするし。

まぁ、寝不足とかで肌が荒れたりはするけどね~

 

妻は、ライスフォースを、10年以上、愛用しています。(定期便で勝手に届きます)

また、年1回、「肌質チェック」が無料でできるので、肌の状態を確認できるのも嬉しいみたいです。

こんな感じで。

【診断結果】

ライフフォース 肌分析 全体

ライフフォース 肌分析 部分1

ライフフォース 肌分析 部分2

 

【公式サイト】

ライスフォース 

ライスフォース

ライスフォースは、1ヶ月のお試しセットがあるよ

化粧品って、結構高額なのに

「自分の肌に、あうのか?あわないのか?」

使ってみないとわからないので、買うのに躊躇しますよね。(僕の妻がそうです)

 

でも、ライスフォースなら、

「1ヶ月間使えるお試しセット(3,500円)」

が、あるので安心です。

 

しかも、肌にあわなければ、全額返金対応をしてもらえますので、「とりあえず試してみる」ができます。

肌荒れが気になっているなら、使ってみて損はないと思います。

 

なお、お試しセットについて、詳しくはこちらの「公式サイト」を。

たっぷり約30日分・・・しっかり試せてうるおうお肌へ『ライスフォース30日セット』

スノーボードしているときの「紫外線、寒さ、風」が肌荒れを引き起こす

次に、「なんで、スノーボードをすると肌が荒れるんだよ~」についてです。

主な理由は、次の3つです。(僕の経験上)

  • 雪山の紫外線は、かなり強い
  • 寒さにより、肌が真っ赤になる
  • 滑っているときに受ける風が、肌を乾燥させる

 

それでは、1つずつ詳しく説明していきます。

雪山の紫外線は、かなり強い

一般的に、冬の紫外線は、夏に比べて少ないと言われます。

ただ、雪山は、全くの別物です。

 

というのも、紫外線は、太陽から降り注ぐだけではなく、地面からの反射(照り返し)があるからです。

雪面の反射率は、アスファルトや砂浜などに比べ、何倍も高くなっているため、強烈に紫外線を浴びることになります。

いわゆる、「雪焼け」ってやつですね。

 

日焼け(雪焼け)って、「軽度ヤケド」ですので、肌に良いわけありません。

結果、肌が荒れちゃいます。

 

なお、紫外線の反射率について、詳しくはこちらのサイトを。

気象庁「地表面の反射と紫外線」

 

【関連記事】

スノーボードをするときは紫外線予防を徹底してくださいね。

フェイスマスクは、日焼け・肌荒れ防止の最強アイテム【スノボ女子必見】
スノーボードって、滑り終わったあと、肌が荒れませんか? スキー場って、気温が低く、空気も乾燥してますので、結構、肌に負担を強いてるんですよね。 また、「ゲレンデ焼け」と言われるぐらい、紫外線のはねかえりが強く、結構、日焼けしちゃ...

寒さにより、肌が真っ赤になる

あたりまえの話ですが、雪山は寒いです。

そして、吹雪などで、雪を顔に浴びれば、寒さを通り越して、痛くなります。

 

そうなると、肌は、真っ赤になっちゃいます。(いわゆる霜焼けみたいな感じ)

こんな感じです。

吹雪の時のヘルメット

当然、こんな状態が肌に良いわけありませんので、肌が荒れちゃいます。

滑っているときに受ける風が、肌を乾燥させる

スノーボードって、滑っているときに、強烈に風を浴びます。

扇風機の風を、ずっと顔に浴び続けるのをイメージしてもらえば、わかりやすいと思いますが、肌や唇がカッサカサになります。

これは、フェイスマスクをしていても痛感します。なので、僕はリップクリームを常備しています。(笑)

 

ご存知のとおり、「乾燥」は肌の大敵ですので、当然、肌が荒れちゃいます。

まとめ

スノーボードって、肌に悪い条件が揃いまくっています。

だからといって、

「肌が荒れるから、スノーボードはしない」

なんて言えないんです。

 

だって、スノーボード最高なんですもん!!

 

なので、

  • 紫外線予防の徹底(フェイスマスクや日焼け止め)
  • 滑った後のケア(化粧水やクリームなどを使った保湿)

が大切になります。

 

ぜひ、スノーボードをもっと楽しむためにも、肌対策を徹底してみてください。

「ライスフォース」オススメですよ。

公式サイト「ライスフォース」 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク
スノーボード
スポンサーリンク
やすをフォローする
ほんゆき「ゆっくり遠まわり」

コメント

タイトルとURLをコピーしました