スノーボードにおける「キッカー」の基礎知識・注意点

シェアいただけると嬉しいです。

スノーボード、キッカーの基礎知識・注意点

フリーライディングでオーリーができるようになってくると、「キッカー(ストレートジャンプ)」にチャレンジしてみたくなりますよね。

私も、キッカーに入り始めた頃は、ただ気合(恐怖心に負けず)で「フリーランのときと同じオーリーをすれば良い!」と思って、かなり遠まわりをしてきました。

でも、遠まわりをしてきた経験からはっきり言わせていただくと、

フリーラン(グラトリ含む)のオーリーと、キッカーのオーリーは全くの別物です!!

キッカーの場合は、オーリーで飛ぶ(蹴る)というより、キッカーのR(キッカーを上っていく弧)を使って、いかに上半身を引き上げられるかを意識することが大切です。

この違いを理解しておかないと、キッカーでやられます!

そんなことで、今回は、怪我をせず、スノーボードを楽しむために必要な「キッカーの基礎知識・注意点」をまとめてみました。

キッカーについて

キッカーの呼び方

分かりやすくするために、大き目のキッカーの画像を使用します。(湯の丸スキー場)

スノーボード キッカー

黄色矢印:アプローチ
緑の直線:リップ
赤の直線:テーブル
青の直線:ランディング

キッカーの流れ

黄色矢印(アプローチ)から滑っていき、緑の直線(リップ)でキッカーを飛び出し、青の直線(ランディング)に着地します。

ランディング(着地)する場所

基本的に、青の直線(ランディング)部分でしたら、どこに着地しても正解(安全)です。

ある程度、着地の衝撃をランディングの斜度が緩和してくれます。

ただ、理想の着地ポイントは、オレンジの△部分であり、ここに着地できると、着地の衝撃はほとんどありません。

なお、私は、オレンジの☆部分に着地するようにしてます。

なぜなら、飛び過ぎても、少し足りなくても、青の直線部分に着地できるからです。(飛び過ぎてもOK、足りなくてもOKが理想!!)

その分、アプローチスピードが必要になるのと、着地の衝撃が増えますが・・・

そして、着地してはいけない場所が、赤の直線(テーブル)です。

テーブルと呼ばれるこの部分は、斜度がほとんどなく着地の衝撃がスゴイです!!

ちなみに、大き目のキッカーでテーブル落ちすると、心まで折れます!!(笑)

その日は、「もう帰ろうかな!?」と一気に弱気になりますので、お気をつけください。

キッカーが大きくなるほど、衝撃が増しますので、できれば小さいキッカーから練習し、ランディング部分に着地することを意識してください。

キッカーを飛ぶときの重要なポイント

アプローチスピード

キッカーに入る前に、必ず確認しなければなりません。

つまり、「どのくらいのスピードで入れば、ランディングまで届くのか」を確認します。

アプローチスピードが速すぎると、オレンジの☆部分を越えて、飛び過ぎます。

多少の飛びすぎは、耐えられますが、ランディングを飛び越えるようなことは、止めてください!!

今後、スノーボードが楽しめなくなる可能性があります。

なお、アプローチスピードの決め方については、こちらの記事を。

初級者必見!キッカーへのアプローチスピードの決め方!

アプローチ姿勢

膝を曲げ、腰を落とし、低い姿勢でアプローチしてください。

リップが近くなってから、低い姿勢を作るのではなく、アプローチから低い姿勢で滑ってください。

リップでは、抜けに集中したいため、不要な動きを1つでも減らした方が安定します。

低い姿勢(しゃがむ)という動作を減らせば、あとはリップで伸び上がるだけです。

アプローチ姿勢

リップを抜けるのタイミング

キッカーにおいて「抜け(タイミング)」は、非常に重要です。

抜けが決まると、その後の滞空時間から着地までが安定します。

グラブトリック(ボードを掴む)も自然にできちゃうぐらいです。

抜けのタイミングは、アプローチスピードにも多少左右されますが、リップが前足を通過したぐらいから、前肩を前方斜め上に引き上げる意識で、後ろ足で立ち上がるイメージです。

タイミング合うと、テールがキッカーのRに合わせて「パンッ」と自然に反発するので、「ふわっ」と感じると思います。

ちなみに、ボードを付けていることを忘れるぐらい下半身が軽くなります。

最初は、オーリーを意識せず、キッカーのRに合わせて、上半身を上に送ることを意識した方が安定すると思います。(オーリーを使って高く飛ぶのは、キッカーに慣れてからのほうが良いです)

キッカー抜けの瞬間

着地

着地(ランディング)は、雪面と肩のラインを平行にし、できれば微妙にテールからノーズの順(両足同時着地でなく)で着地すると着地の衝撃はほぼありません。

常に、前肩を落とさない(下げない)ように意識しましょう!!

前肩が下がると、肩から落ちて危険です。

まとめ

ここで、「キッカーを飛ぶときの注意点」をまとめておきます。

  • フリーランのオーリーと、キッカーでのオーリーは別物
  • キッカーのRを使って、上半身を引き上げることを意識する
  • アプローチスピードは入念にチェックする
  • 低い姿勢のままアプローチし、リップ(踏み切り)では伸び上がるだけにする
  • 抜けでは、前肩を前方斜め上に引き上げる意識で、後ろ足で立ち上がるようにする
  • 着地は、ランディングバーンの真ん中あたりを狙う

キッカーは「危ない」「怪我をする」というイメージが強いと思いますが、キッカーの遊び方を理解すれば、怪我のリスクをかなり減らせます。

つまり、キッカーの正しい知識を持つことは、スノーボードをもっと楽しむことに繋がるってことです。

ぜひ、正しい知識で、安全にキッカーを楽しんでください。

ちなみに、学生さんのグループが、「お前行けよ!」みたいなノリでキッカーに入り、頭から落ちて運ばれているのを何度か見たことがあります。

キッカーについて、何の知識もない人が、ノリでキッカーに入ると確実にやられます。

超危険なので、絶対にやめましょう!!

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

キッカーの形状に合わせて「オーリー」を使い分ける!!

はじめてのキッカー入門【まずはウェーブとミニキッカーで遊べ】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク