バックサイド180完全マニュアル【これでできなきゃB1は諦めろ!?】

シェアいただけると嬉しいです。

スノーボード、レイトBS180

お前ら~

バックサイド180が、やりたいか~?

「先生・・・バックサイド180がしたいんです・・・」

はい、ということで、今回は「バックサイド180 おれマニュアル(キッカー編)」です。(笑)

前回の記事で、「バックサイド180の始めかた」について「完全おれマニュアル」をご紹介しました。

今回は、その記事の続きになります。

もし、前回の記事を読まれてないなら、ぜひ、一読いただくことをオススメします。

キッカーで「BS180」を練習する前に、やっておくことについて、順を追って説明しております。

言わば、今回の記事を読むための事前準備ってやつです。

バックサイド180の始めかた【まずはグラトリで回してみよう!】

読んでいただきましたか?(笑)

はい、それでは、本題に入ります。

一般的にBS180は、非常にランディング(着地)が難しく、グラトリで完璧でも、キッカーになると「ぜんぜん立てない」というのがあたりまえです。

理由としては「BS180」はストレートエアを違い、ランディングが見えない(見づらい)状態で着地しなければならないため、ボードの回転速度や、着地のタイミングがつかみづらいためです。

つまり、技の完成度を高めるのが非常に大変なトリックと言えます。

ですので、凡人ライダーさんには、かなりハードルが高いトリックと言えます。

なお、超凡人ライダーである私は、BS180には、すっごい苦労をしました。

いやー、何度やられたことか・・・

そこで、私と同じように「BS180」で苦労している人に、私の経験がお役に立てばいいなって思い、この記事を書いています。

なお、こんな想いも込めています。

「凡人だって、かっこいいBS180を決めたいんだよ~」

「BS180は、非凡なライダーだけのものじゃない!」

そんなことで、今回は「凡人の凡人による凡人のためのBS180」をご紹介します。

なお、ここに示すのは、超凡人の私がやられまくった結果、たどりついたノウハウです。

天才ライダーさんは、閲覧をご遠慮ください。

私のヘタレさがばれるんで・・・(笑)

それでは、この掛け声と共に「バックサイド180完全マニュアル」のスタートです。

「全国に散らばる凡人ライダーの仲間達よ!共に、凡人の手にBS180を取り戻そうじゃないか!」

ちなみに、レギュラースタンスを想定して書いています。

グーフィースタンスの場合は、ライン取りなどが逆になりますので、うまく読み替えてください。

キッカーに入る前に

キッカーでBS180を練習する前に、これだけはやり込んでおいてください。

  1. グラトリでのBS180
  2. スイッチのフリーライディング
  3. ストレートエア(できればグラブも)

もし、この3つについて「ちょっと不安があるぞ」と感じているなら、ぜひ、復習をお願いします。

1と2については、前回の記事「バックサイド180の始めかた【まずはグラトリで回してみよう!】」を参考にしてください。

ストレートエアについては、こちらの記事がオススメです。

キッカー記事のまとめ【ストレートジャンプの基本知識と理論(コツ)】

ストレートジャンプ「グラブトリック記事」のまとめ

3つの重要なポイント「BS180」

キッカーに入る準備は完璧ですか?

いいね、オッケイ!

では、まず、キッカーでのBS180においては、意識しなければならない重要な3つのポイントからご紹介します。

言わば、この記事の結論(伝えたいこと)になります。

この3つを疎かにして、BS180を決めることはほぼ不可能です。

  1. ライン取り
  2. 抜け
  3. 目線

逆に言えば、この3つを理解し練習を重ねることで、BS180の完成度を一気に高めることができます。

それでは、この3つのポイントを意識しながら、キッカーでのBS180を説明していきます。

ライン取り

スピントリック全般に言えることですが、ライン取りは、スピンの基本です。

言わば、「スピン ≒ライン取り」であり「ライン取りなくして、スピンはあり得ない」と言っても過言ではありません。

そのぐらいライン取りは、重要です。

BS180のライン取り

BS180ライン取り

キッカーに対し、向かって右側から、ゆるめのバックサイドターン(ヒールエッジ)で、左側へアプローチします。

キッカーを上り始める少し手前で、トゥーエッジに切り替え、リップに対しボードが真っ直ぐになるようにします。

そのまま、キッカーを上っていき、テイクオフです。

ライン取りのポイント

ライン取りをきつくし過ぎないこと

バックサイドターンをきつくしてしまうと、トゥーエッジに切り替えた際に、横への遠心力が残り過ぎてしまい、キッカーを抜ける際に、真上に抜きづらくなります。

つまり、高さが出なかったり、ボードが回り過ぎたりします。

BS180は、たったの半回転(180度)でいいので、回らない心配より、回り過ぎの心配をしたほうがいいです。

ですので、ライン取りは、極力、ゆるい方がいいです。(理想は、ほぼ真っ直ぐで、エッジの切り替えのみ)

トゥーエッジを強く踏まないこと

キッカーを上っていく際に、トゥーエッジを強く踏みすぎると、フロントサイドターンが始まってしまいます。

キッカーに対し、真っ直ぐ進入するためにも「軽くトゥーエッジがかかっている状態」を作ることを意識してください。

コツとしては、ボードをフラットに踏みながら、両足のつま先で物を掴むような感じで、力を入れることです。

ぜひ、お試しを!

BS180の一連の流れ

ライン取りを理解したら、BS180の全体の流れを見ながら「抜け」と「目線」について、ご紹介します。

アプローチ

BS180アプローチ

ゆるいバックサイドターンから、キッカーを上り始める前に、トゥーエッジに切り替えます。

この時、目線は、リップを見ています。

BS180アプローチ2

低い姿勢(軽いトゥーエッジ)で、キッカーを上っていきます。

重心は、「前足4:後ろ足6」のぐらいを意識しましょう。

その際、前肩を軽く開いておくと、抜けの際に回転力がつけやすくなります。

前肩の位置(目安)としては、「前足のかかと」ぐらいです。

目線は、まだ、リップをガン見してます。

抜け

BS180抜け

抜けのタイミングは、ストレートエアと同様で、前足がリップを通過したぐらいから伸び上がっていきます。

最初のうちは、オーリーは軽めに行ってください。

おもいっきりオーリーすると、バランスを崩します。

抜けの瞬間は、前肩を斜め上に引き上げると同時に、目線を「前足のつま先あたり」に送ります。

覗き込むのではなく、あごを引いて、下を向く感じです。

覗き込むと、頭が下がって、前のめりになり危険ですので、やめましょう。

なお、前肩の引き上げ方ですが、前肩の位置が「前足のかかと」から「前足のつま先」に移動するぐらいを目安にしてください。

前肩を少し、被せるイメージです。

抜けは、回すというより、軽いトゥーエッジで、しっかり真上に伸び上がることを意識してください。

回す意識は、ほぼ必要ありません。

なぜなら、この3つの動作で、BS180の回転力は十分だからです。

  • 前肩を軽く開いたアプローチ姿勢
  • 軽いトゥーエッジ
  • 目線を前足つま先に送る

これだけで、勝手に回ります!

心配なのは、回りすぎです・・・(笑)

ピーク

BS180ピーク

エアーのピークでは、ボードを引き上げ、コンパクトな姿勢を取りましょう。

余裕があれば、グラブを入れてみましょう。

ちなみに、この画像は「メランコリークラブ」です。

回転のイメージとしては、ピークで90度が目安です。

そして、ピークから着地までに、残り90度回転させるイメージです。

ただ、実際には、空中で180度回してしまうと回り過ぎてしまいます。

ですので、ピークで90度、ピークから着地までに70度を意識して「BS160」をイメージしたほうが立ちやすいと思います。

そのほうが、トゥーエッジでの着地がしやすく、回り過ぎを防ぐことができます。

目線は、ひたすら「前足のつま先あたり」を見続けてください。

ランディング(着地)

BS180着地に合わせる

ピークを過ぎたら、グラブを離し、着地の準備をします。

着地は、抜けの瞬間から見続けている「前足のつま先越し」に、ランディングバーンを確認します。

つまり、目線は、抜けから着地まで常に「前足のつま先あたり」を見続けることになります。

これ重要なポイントです。

BS180着地

ランディングバーンが近づいてきたら、膝を使って、トゥーエッジで着地します。

ランディング(着地)時の注意点としては、すぐに進行方向に目線を送らないことです。

グラトリでのBS180同様に、少しの間、前足(スピン後は、後ろ足になります)のつま先を見続けてください。(少しのあいだ、後ろ向きで滑るイメージです)

あとは着地の際、ノーズ側に重心が寄りやすいので、ボードの中心に乗ることを意識し、テール側をしっかり踏むようにしてください。(テール側に重心を移動するイメージです)

これで、キッカーでの「BS180」は完成です。

BS180のオススメグラブ

メランコリーグラブ

BS180ピーク

まずは「BS180の一連の流れ」で紹介した、メランコリーグラブです。

メランコリーグラブは、回転方向に逆らってグラブ(前手でかかと側のエッジを掴む)するため回転を抑えるのに適してます。(まわり過ぎを抑える)

つまり、メランコリーグラブは、グラブすることで自然に回転を抑えることができます。

着地後、ボードがドライブしてしまうなどの「回り過ぎに悩んでいる人」にオススメです。

ミュートグラブ

次は、ミュートグラブです。

ミュートグラブは、メランコリーグラブとは逆で、回転方向に対し自然にグラブ(前手でつま先側のエッジ掴む)できるため回転を補うことができます。

また、他のグラブトリックと比べ、比較的グラブしやすいと思います。

ただ、BS180で「どうやっても、180度回らない・・・」という人に会った事がないため、BS360以上の回転で威力を発揮するグラブです。

BS180でミュートグラブをするときは、逆に、回転数を抑えるのに苦労すると思います。

【BS180ミートグラブのイメージ】

低い姿勢でアプローチします。

BS180ミュート アプローチ

極力、ボードを真っ直ぐにして、抜くようにしてください。

BS180ミュート 抜け

空中に出たら、グラブ(ミュート)します。

BS180ミュート グラブ

余裕があれば、ピークでポークしてください。(スタイルをだす)

BS180ミュート ピーク

前足のつま先越しに、ランディングバーンを確認し、着地に合わせていきます。

BS180ミュート 着地に合わせる

そして、着地です。(少し回りすぎてますね・・・)

BS180ミュート 着地

レイトのBS180

グラブではないのですが、BS180ではレイト(遅く・ゆっくり)で回すトリックがかっこいいです。

慣れてきたら、やってみてください。

【レイトのBS180のイメージ】

ゆるいバックサイドターンからのアプローチです。

レイトBS180 アプローチ

低い姿勢(軽いトゥーエッジ)でキッカーを上っていきます。

レイトBS180 抜け

抜けの瞬間に、目線を前足のつま先に送ります。

レイトBS180 抜け2

空中に出たら、ピークまでボードを回さないように、下半身をロックします。

イメージとしては、フロントサイドシフティーをする感じです。

レイトBS180 ピーク

ピークを過ぎたら、ランディングバーンに対し、ボードを合わせていきます。

上半身と下半身を逆にひねるようにし、ボードを回転させてください。

レイトBS180 着地に合わせる

そして、着地です。(ちょっと、ヒール気味になっちゃいました)

レイトBS180 着地

スピンは、小さめのキッカーから始めよう

恐らく、BS180にチャレンジしようと思う人の多くは、ある程度「ストレートエア」をやり込んでいると思います。

ストレートエアで、ビックキッカーを飛べるからって、いきなりビックキッカーでBS180を仕掛けると必ずやられます。

ストレートエアと、スピントリックは、全くの別のものだと思ってください。

つまり、ストレートエアの達人でも、スピントリックは、初心者からのスタートということです。

悲しいですが、それが現実です。

そうです、スピンは、1からやり直しです。

ポコジャンと言われる、3mぐらいのキッカーから練習しましょう。

ちなみに、私も、ストレートエアでは、それなりのサイズを飛んできましたが(自分で言うのもなんですが)スピンでは、ストレートエアの半分ぐらいのサイズのキッカーまでしか飛べません。

そうです、そうです、ヘタレなんです・・・

でも、リーマンなんで「無理は良くねーよ」ってことで。(笑)

これだけはダメ!「BS180編」

キッカーでのBS180において、「一番やっちゃダメなやつ」を紹介します。

これはダメ!ランキング1位

「キッカーのリップを抜ける前に、ボードが回り始めてしまう」

いわゆる「早抜け」ってやつです。

では、理由についてです。

  • 高さが出ない(かっこ悪い)
  • 飛距離が足りない(ランディングバーンまで届かない)
  • リップに逆エッジが引っ掛かる(後頭部から落ちる)

こんな感じで、良いことが1つもありません。

じゃ、どうすればいいの?

「BS180は、リップを抜ける瞬間まで、ボードを真っ直ぐに抜くことに集中する」

「そんなこと、わかってるわ~」って聞こえてきそうな・・・(笑)

そこで、私が心がけている、ボードを真っ直ぐ抜くためのコツをご紹介します。

私の場合は、これに尽きます。

「アプローチで躊躇したり、ビビッたりしない!」

アプローチにおいて、キッカーへの進入速度で躊躇したり、ビビッたりすることで、トゥーエッジが強くかかり、ターン(フロントサイドターン)が始まってしまいます。

また、ビビッてしまうことで、リップギリギリまで、オーリーが待てなくなります。

これが、早抜けになる原因です。

ですので、初めてのキッカーにおいては、いきなりスピンをするのではなく、ストレートエアで何本か飛び、アプローチ速度や滞空時間をチェックしておきましょう。

あとは、ビビッたりしないように「おれ、かっこいい!」と心に念じ、アプローチしてください。

結構効果ありますよ。(笑)

なお、多少ボードが回り始めてしまう程度ならまだ良いのですが、ひどい人だと90度ぐらいボードが回ってしまう人がいます。

これ、本当に危険なトリックなので、止めてください!

ちなみに、このトリック名は「BS180」ではなく「BS90」です。

略すと、「B9(バック9)」となり、かっこいいんですが・・・

でも、死ぬほうの「B9」なんですよね~(笑)

まとめ

ここで「バックサイド180 おれマニュアル(キッカー編)」のポイントをまとめておきます。

  1. ライン取りを意識し、軽いトゥーエッジで真っ直ぐアプローチする
  2. 抜けの瞬間、前肩を斜め上に引き上げつつ、あごを引き目線を前足のつま先に送る
  3. ピークでは、ボードを引き付けコンパクトな姿勢をつくる
    ⇒目線は、前足のつま先のまま固定する
  4. 前足のつま先越しに、ランディングバーンを確認し、トゥーエッジで着地する
  5. 着地後は、すぐに進行方向に目線を送らず、少しの間、後ろ向きのまま滑る

キッカーでのBS180は、はっきり言って難しいです。

プロライダーさんでも、10本飛んで完璧に10本決められる人は、ほとんどいないそうです。(雑誌のインタビューで読んだ知識です)

ですので、まずは、ボードからしっかり着地することだけを意識してください。

ボードから下りれば、着地の衝撃も少ないですし、心も折れません。

BS180の完成度を上げる近道は、しっかりと理論を理解した上で、やり込むしかないと思います。

理論だけでもできませんし、理論を全く理解しないでやり込んでも、ただ、やられるだけです。

ぜひ、今シーズンは理論を理解し、憧れのトリック「BS180」をかっこよく決めちゃってください。

なお、今回ご紹介したノウハウをベースに、ライン取りや目線など、個人のクセに合わせて微調整してくださいね。

誰にでも、100%当てはまるマニュアルは存在しませんから。

「え!?世界一のバックサイド180が見たいって・・・」

なら、この動画を見んかい。(笑)

スノーボーダー「國母和宏」の美学(哲学)に感動!

おわりに

キッカーで遊ぶなら、このボードがオススメです。

コンベックスソールで、無駄にエッジが引っ掛からないため、BS180の抜けで絶大な効果を発揮します。

私は、このボードで、劇的にキッカーの抜けが安定しました。

詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

国産スノーボード「ノベンバーアーティスト」に私が乗り続ける理由

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

スノーボードスピントリック「180」のすべて【グラトリ~キッカーまで】

「ヒール抜けvsトゥー抜け」フロントサイドスピンはどっちが簡単?

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク