変わっていく「スノーボード」の楽しみ方【今は、滑ることが純粋に楽しい】

スポンサーリンク

スノーボードをもっと楽しもう

僕は、15年以上、スノーボードを楽しんできました。

その間には、結婚したり、子どもができたりと、山に通うのが厳しくなる環境の変化があり、その度に、スノーボードに行ける回数は減っていきました。

もちろん、それは、僕だけじゃなく、一緒にスノーボードを楽しんでくれる仲間たちも同様です。(一部の独身貴族を除きます)

 

それでも、スノーボードを続けているのは、純粋にスノーボードが大好きということもありますが、それ以上に、スノーボードの楽しみ方が変化していったからだと感じています。

 

そこで、この記事では、15年以上のスノーボード人生の中で、

「スノーボードの楽しみ方は、どう変わってきたのか?」

について、まとめておきます。

上達のみが楽しみだった、スノーボード1年生からの「全盛期」

スノーボードのキッカーでインディ

スノーボードにハマった頃は、滑れば滑るほど、上達していくのが楽しくて、狂ったように滑っていました。

そして、一本でも多く滑りたいという気持ちから、無駄な時間を排除するため、

  • 昼食は食べない(レストランの待ち時間が無駄)
    ⇒ カロリーメイト持参
  • 休憩は取らない(リフトの上で、十分座っている)
  • コース内は、一切止まらない(仲間は、待たない)
  • フリーランは、極力、自分の限界スピードで滑る

ってことをやってました。

なので、多い日には、1日で「リフト50回」とか乗ってました。

 

また、僕は、キッカーに、ドハマリしたので、できなかったトリックができるようになるのが楽しくて、ひたすら、キッカーを飛んでいました。(多い日だと、1日100本ぐらい飛んでました)

 

もちろん、僕は、普通の会社員なので、山に行けない平日などは、スノーボードDVDをコマ送りしながら、

「どうしたら、かっこいいトリックができるのか?」

をひたすら研究していました。

 

逆に言うと、この時期は、「上達」以外の楽しみを、ほぼ感じていなかったと思います。

つまり、こんなサイクルです。

  1. 上達を感じる(過去の自分との比較)
  2. 達成感という報酬を得る
  3. スノーボードが楽しくなる
  4. もっと、うまくなりたい(報酬が欲しい)
  5. 狂ったように滑る

 

ちなみに、この頃は、当時、彼女だった妻に、

「あなた、何になるの?」

とよく、ツッコまれていました。(笑)

 

【関連記事】

「滑ることだけに集中する」ストイックなスノーボードの楽しみ方
この記事では、スノーボードの目的を「滑ること」に限定(集中)し、時間を最大限に有効活用する遊び方を紹介しています。 滑る以外の、ムダな時間(あえて無駄と言います)を、すべて省き、 今はただ、上手くなりたい 今日とい...

スノーボード動画の制作にハマる「成熟期」

スノーボード、リフト、ゴープロで撮影

スノーボードDVDをひたすら見ているうちに、自分たちでも動画(DVD)を作りたいという欲求が高まり、仲間たちと、

  • デジタルビデオカメラ
  • 動画編集ソフト

を購入し、動画撮影・編集に奮闘しました。

 

この頃は、

  • いかに、いい画を残すのか?
  • いかに、かっこいいパートをつくるのか?
  • どういう角度、どういうロケーションで、どういう画が欲しいか?(必要か?)

を、仕事そっちのけで、ずっと考えていました。

 

また、自分のパートには、常に新しいトリックを入れたくて、今まで以上に、新トリックの練習に励んでいたように思います。

つまり、成熟期のサイクルとしては、

  1. かっこいい動画が撮れる
  2. オフシーズンに編集する
  3. 完成したDVD(動画)を見て、みんなが喜んでくれる
  4. 達成感という報酬を得る
  5. ますます、いい動画を取りたくなる

って感じで、「かっこいいスノーボードDVD(パート)をつくる」というのが、スノーボードの楽しみ方でした。

結果、今までで、5本のDVD(動画)を作成しました。

 

【関連記事】

スノーボードが上手くなりたい!だったら「撮影・編集」してみよう!
孫子の名言で、「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」なんて言葉があります。 スノーボードにおいても、そのとおりだと思います。 キッカーを敵と見立てれば、まず、キッカーのサイズや形状、アプローチスピード、ランディングバーンの斜度...

できたはずのトリックが、できなくなる不安と戦う「低迷期」

レイトBS180 ピーク

この頃は、スノーボードDVDを5本作成し、結構、やり切った感があり、燃え尽き症候群的な感じになっていました。

ちょっと、スノーボード熱が下がってきた感じです。

 

ただ、できたはずのトリックが、できなくなるのが怖くて、

  • 滑らないと
  • 飛ばないと

と自分に言い聞かせている状態でした。

 

サイクルとしては、

  1. 衰えたくない
  2. ひたすら滑る・飛ぶ
  3. 今までどおりのトリックができる
  4. 現状維持に、ホッとする(報酬)

って感じですかね。

 

スノーボードを純粋に楽しむというよりは、「不安回避=楽しい」という錯覚の中にいたように思います。

教える楽しみに気づいた「再燃期」

親子でスノーボード

子どもが生まれ、スノーボードができる年齢になってくると、

「子どもと一緒にスノーボードを楽しめたらいいな~」

と思うようになり、子どもを連れて、スノーボードに行くようになりました。

 

そのとき感じたのは、

「子どもが、上手くなっていくのが楽しい!」

でした。

 

今までは、スノーボードを教えるのって、苦手だったんですが、(自分が滑れなくなるから)教えた人が、出来るようになる嬉しさに初めて気づいた瞬間でした。

ちょっと大げさかも・・・

 

また、効率的な教え方、練習のしかたを考えるっていうのも楽しみだったりもします。

なので、サイクルとしては、

  1. スノーボードを教える
  2. その人が、スノーボードができるようになる
  3. その人の成長が嬉しい(報酬)
  4. 効率的な教え方、練習のしかたを考える

って感じです。

 

「自分の経験が、誰かの役に立てた」って純粋に嬉しいので、押し付けにならない範囲で、スノーボードを教えていけたらな~って思います。

これは、今でも感じていることです。

 

【関連記事】

はじめてのスノーボードの教え方【子どもにわかりやすく伝える方法】
子どもに、はじめてスノーボードをやらせようと思っているんだけど、 スノーボードスクールに入れるべきか? それとも、自分で教えるべきか? と、悩んでいませんか? もしくは、 「自分でスノーボード教えているんだけど...
スノーボードは何歳から始める?【子供のスノボデビューに必要なもの】
子どもを持つスノーボーダーなら、誰もが、子どもと一緒にスノーボードをするのを夢に描くのではないでしょうか。 そして、子どものスノーボードデビューにあたり、 何歳から始められる? 何の道具が必要? レンタルは可能...

ただただ、滑ることが楽しい「安定期」

スノーボード、オーリー、ピーク

今、ここです。

 

スノーボードって、結局、「楽しんだもん勝ち」みたいなところがあるので、

  • 大きなキッカーが飛べなくても
  • トリックができなくなっても
  • 上達が実感できなくても

ゲレンデを滑っている「爽快感、非現実の世界」を感じるだけで、ぜんぜん楽しいんですよね。

仲間たちと、同じ時間を共有できるっていうのも嬉しいですし。

 

なんか、ぐるっと回って、最初に戻ってきた感じです。

 

なので、今は、スノーボードができるだけで、結構、幸せだったりします。

昔だったら、「パークがないからツマラナイ」みたいな感じだったんですけどね・・・

 

ってことで、サイクルとしては、

  1. スノーボードをする
  2. 楽しい(報酬)
  3. スノーボードをする
  4. 楽しい(報酬)
  5. スノーボードをする
  6. 楽しい(報酬)

という最強のルーティーンです。(笑)

 

そういう意味では、「昔と変わらず、スノーボードを楽しめてるな~」と思います。

まとめ

ここで、僕が感じてきた「スノーボードの楽しみ方」についてまとめておきます。

  • 上達を実感する楽しさ
  • みんなで作り上げる達成感(動画制作)
  • 「不安回避=楽しい」という錯覚
  • 教える楽しさと貢献できた喜び
  • ただただ、滑ることが楽しい

 

スノーボードの楽しみ方って、人それぞれで、それこそ、100人いれば100通りの楽しみ方があるものだと思います。

また、年齢や環境によっても、楽しみ方は変わってきますので、僕としては、なんだかんだ言いながら、ずっと楽しめる気がします。

たとえ、スノーボードに行ける回数が減ってしまったとしてもです。

 

また、結婚したり、子どもができたりすると、みんな(仲間)で集まって何かするって、なかなか難しくなるけど、スノーボードをきっかけに、また集まれたりもします。

こういうのも、スノーボードの楽しみの1つだと思いますので、これからも、スノーボードをもっと楽しんでいきたいなと思います。

 

最後に、

「あなたは、どんな風にスノーボードを楽しんでいますか?」

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク
スノーボード
スポンサーリンク
やすをフォローする
ほんゆき「ゆっくり遠まわり」

コメント

タイトルとURLをコピーしました