超マイナーだが効果絶大!手首用プロテクター【スノーボード用】

シェアいただけると嬉しいです。

スノーボード用リストガードの紹介

私は、スノーボードにおいて、このマイナーアイテムを使っている方を、ほとんど知らないのですが、私は10年以上、愛用してます。

で、今回紹介するのは、「手首用プロテクター(リストガード)」です!!

スノーボードは、立ったり座ったり転んだりと一つひとつの行動に対し、手を着くことが多いスポーツです。

特に、ゲレンデのバーン(雪)が固い時など、手首を痛めやすくなります。

そんなとき、重宝するのが、このマイナーアイテム「リストガード」です。

値段もリーズナブルなのに、効果は絶大です!

使い始めは、少し窮屈で、グラブに支障が出ないか心配ですが、全く気になりません。

こんな感じで、グラブもばっちりです!!

スノーボード、インディ、がっちりグラブ

「俺は、ジェイミー・リンをリスペクト(尊敬)してるから、グローブはしない!」という、スタイルの向こう側を目指している人以外は、着用をオススメします。

手首用プロテクターの種類

手首用のプロテクター(リストガード)には、2種類のタイプがあります。

1つは、グローブの外側に着けるタイプで、もう1つは、グローブの内側に着けるタイプです。

私は、グローブの内側に着用するタイプを愛用しています。

理由は、着けていることが、全くわからないからです!

重要ですよね!?(笑)

「グローブの内側に着けるタイプ」を使用する際の注意点としては、グローブのサイズ選びです。

ずばり、少し大きめを買いましょう!

手首用プロテクターを着けると、グローブが入りづらくなりますので。

リストガード  リストガード

手首にまつわるエピソード

先シーズン、友人が手首を負傷しました。

私には、軽く手を着いたぐらいに見えたのですが、検査結果は、骨折でした。

毎シーズン一緒に滑りに行っている、元気にキッカー(8m程度)で遊ぶ、女の子なんですが、春先で気が緩んでいたのか・・・

オススメの手首プロテクター

グローブの外側に着けるタイプ

言わずと知れた、eb’s(エビス)です。

しっかりガードできます。

グローブの内側に着けるタイプ

マジックテープで調整できるので、手首固定のストレスを軽減できます。

オススメです。

おわりに

上手い人でも、その日のコンディションや気の緩みなどで、怪我を誘発します。

そんな、ちょっとした行動を、悔やんでも「あとの祭り」です。

そんなとき、プロテクターを着用しておくことで、怪我を回避できることもあると思います。

事故と一緒で、いつ怪我するか分かりませんので、日頃から気をつけておきましょう。

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

ヘルメット【スキー・スノーボード】の重要性と正しい(かっこいい)かぶり方

国産スノーボード「ノベンバーアーティスト」に私が乗り続ける理由

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク