かっこいいスノーボーダーは、滑り以外でも魅せる【私の3つのこだわり】

シェアいただけると嬉しいです。

スノーボード、ゲレンデで立っているところ

スノーボードって、すっごいかっこいいスポーツ(遊び)だと思うんです。

個々のスタイル(個性)が重視されるため、かっこいいの基準も1つじゃない。

また、着こなしや、滑り方、遊び方のすべてが自由です。

だからこそ、自分がかっこいいと思うことをやることが大切だと思うんです。

もっと言えば、自分の中の「かっこいいの指標(基準)」を持ち、そこに向かって自分を磨いていく。

つまり、スノーボードとは、「成長欲求」と「自己実現」のオンパレードなんです。

だから、やめられない・・・

逆に言えば、かっこ良くないなら、スノーボードじゃない。(ちょっと大げさかな!?)

そして、スノーボードのかっこよさって、ボードを履いて滑っているときだけじゃありません。

スノーボードって、ゲレンデにいる時間は、すべてスノーボードだと思うんです。

「家に変えるまでが遠足です」っていうのと同じです。(笑)

つまり、ゲレンデ内のリフト待ち、休憩中など、すべて「かっこよくあれ」ってことです。

そんなかっこよさを追求するスポーツ「スノーボード」において、滑り以外で、私がこだわっている3つのポイントを今回、ご紹介します。

滑り以外でも魅せる【3つのこだわり】

もったいぶらずに、いきなり結論から。

  1. 立ったまま、ビンディングを着ける
  2. 立ったまま、ビンディングを外す
  3. スケーティングやリフト待ちでは、ヒールエッジ側に後ろ足を置く

「え!?そんなこと?」って思ったあなた・・・

正解です!!

そのとおり、「え!?そんなこと?」です。(笑)

でも、「そんなこと」の積み重ねが、スノーボードのスタイルを作り上げるのです。

トリックで言えば、手の位置、シフトの角度、ランディング時の膝の使い方など「どうでもいいでしょ!?」っていう小さなところに、こだわってこそスノーボードなんです。

逆に言えば、その細かな部分を意識できなければ、「かっこいいスノーボーダー」の頂に立つことはできません。

なお、私は、まだまだ道半ばです・・・

それでは、私のこだわりを、1つずつ紹介していきます。

1.立ったまま、ビンディングを着ける

スノーボードのビンディング取り付け

スノーボードを始めた頃って、ビンディングを座ってつける人が多いと思いますが、ある程度滑れるようになってきたら、ビンディングは、立ったまま着けましょう。

どんなにかっこいいウェア着て、どんなカッコいい滑りをしていても、ビンディングを座って着けていては、ぜんぜん、かっこよくないです。

つまり、魅せれてない!!

ぜひ、「座って着けるビンディング )から卒業しましょう。

かっこよさ以外のメリット

なお、かっこよさ以外にも、ビンディングを立って着けるメリットがあります。

それは、

  • 滑り出しが早い(時間を無駄にしない)
  • 体力を無駄にしない(立ったり座ったりは意外と疲れる)

なお、「立ったり座ったりも、トレーニングじゃないの?」って思うかもしれませんが、それは的外れです!!

トレーニングだと思うなら、家で、毎日スクワットでもしてください。

ゲレンデにおいては、100%滑ることだけに集中するべきです。

ですので、体力も、すべて滑ることに投下するべきだと思います。

なお、スクワットならバランスボールを使って行うと、効果絶大です。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

「バランスボール」を使ったオフトレがスノーボードの滑りを変える!

立ったままビンディングを着ける手順

立ってビンディングを装着する

一応、ご紹介します。

まず、ヒールエッジで、雪面を軽く削り、しっかりヒールエッジで踏めるように足場を作ります。

あとは、後ろ足を、ビンディングに乗せ、ストラップを着けます。

最初のうちは、ボードが動いてしまい、着けづらいかもしれませんが、何度も繰り返すことで、慣れていきます。

2.立ったまま、ビンディングを外す

これは説明不要ですね。

立ったままビンディングを着けるのに、外すときに座っていたら、ぜんぜん魅せれてないです。

ゲレンデを滑り降り、リフト乗り場まで着いたら、立ったまま「サラッ」とビンディングを外し、リフトに乗りましょう。

「ビンディング立って外すメリット」は、「ビンディングを立って着けるメリット」とほぼ同じです。(笑)

3.スケーティングやリフト待ちでは、ヒールエッジ側に後ろ足を置く

【スケーティング】

スノーボードでスケーティング

リストに乗る時などに、後ろ足のビンディングを外し、スケーティングする際は、常に、ボードのヒールエッジ側に後ろ足が来るようにしてください。

こうすることで、スケーティングに余裕感が出て、だんぜんかっこいいです。

なお、ボードのトゥーエッジが側に、足を置くスケーティングは、動き的にも初心者感が漂います。

また、トゥーエッジが側に後ろ足を置く、スケーティングより、ぜんぜん進みやすいというメリットもあります。(慣れの部分もありますが)

なお、リフト待ちでも、このスタイルを徹底します。

【リフト待ち】

スノーボード、リフト待ち

スノーボーダーは「ナルシスト」であれ

かっこいいスノーボーダーになるために最も重要な要素は、「ナルシスト」なれるかどうかです。

言い換えれば、「ナルシスト」とは、かっこいいスノーボーダーになるための必須条件です。

なぜなら、スノーボードにおけるすべての要素が、自己満足でできているためです。

そして、自己満足の先に、他者満足があります。

なお、次の似たような2つの画像を見比べて見てください。

どれくらい自己満足が重要かがわかるはず。

【画像1】

スノーボードトリック、インディ、失敗

【画像2】

スノーボードトリック、インディ、成功

どちらも「インディ」という飛びのトリックですが、片方が失敗ジャンプで、片方が成功ジャンプです。

私としては、「画像1」は、失敗ジャンプです。

なぜなら、飛びのピークで、ポークができず、重心が少し前に寄っているからです。

はっきり言って他の人からすれば、どうでもいい話だと思うんです。

でも、私からすれば大きな違いです。

ただ、この微妙な「こだわり」に対し、ナルシストという要素が影響すると思うんです。

なお、私が言う「ナルシスト」とは、次の2つの意識を持っている人のことです。

まず、「自分が、かっこいいと思えるトリックじゃないと、他人を感動させられない」という意識を持てるか!?

そして、「俺、かっこいい!」と思えるレベルまで、自分を高めていけるか!?

この意識がある人は、「かっこよさ」に対して貪欲に追求していくので、どんどんかっこいいスノーボーダーになっていきます。

なお、自己満足の先に、他者満足があると言ったのは「自分が、かっこ悪いと思っている滑りでは、見てくれる人に失礼だ!」という思いを込めています。

だって、ゲレンデって、結構、色々な人に見られてますから~(笑)

結果、かっこいいスノーボーダーになるには、まず、自分のトリックに酔い、自分が「ナルシスト」であること認め、そして、そんな自分を愛でることだと思います。

ナルシストって、悪いイメージがあるかもしれませんが、スノーボードに関しては、大切な要素です。

ぜひ、あなたも「ナルシスト」の仲間入りをしましょう!!

あ!?言い忘れましたけど、私は超絶に「ナルシスト」です。(笑)

つーか、ほとんどの「スノーボード好き」は、ナルシストでしょ!?

スノーボードの判断基準

フリースタイルのスノーボードおける判断基準は、超単純です。

そう、「かっこいい」かどうかです。

これだけです!!

つまり、かっこいいやつが最強なんです。

そして、その、かっこよさを左右するのが「スタイル」と呼ばれる「個性」です。

スノーボードの大会などになると、トリックの難易度ばかりが注目されますが、はっきり言って、そんなのどうでもいいんです。

かっこよければいいんです!!

ぜひ、あなたにしか出せないスタイルを追求し「かっこよさ」を磨いてください。

なお、スノーボードの「スタイル」については、こちらの記事をご覧ください。

スノーボードのスタイルとは?レジェンド「ジェイミー・リン」に学ぶ

まとめ

ここで、かっこいいスノーボーダーになるための「滑り以外でも魅せるポイント」をまとめておきます。

  1. 立ってままビンディングを着ける
  2. 立ったままビンディングを外す
  3. スケーティングは、後ろ足の置く位置にこだわる

ゲレンデでは、常に、誰かに見られています。

だからこそ、どんな時でも、魅せ方を意識してください。

スノーボードのかっこよさは、細部にこそ宿ると思いますので。

ぜひ、トリック以外でも、かっこよさにこだわってください。

ゲレンデにいる時間は、すべてスノーボードですから。

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

BOXでスタイルを出したいなら徹底的に「ノーズマニュアル」をやり込め!

ストレートジャンプ「グラブトリック記事」のまとめ

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク