ヘルメット【スキー・スノーボード】の重要性と正しい(かっこいい)かぶり方

シェアいただけると嬉しいです。

サンドボックスヘルメット

スノーボード(ウィンタースポーツ)において、プロテクターは非常に重要です。

ケツ、ひざ、背中、手首など、様々な部位のプロテクターがありますが、頭を守ることを忘れている方が多いような気がします。

以前、ある記事で読ませていただきましたが、日本におけるヘルメットの普及率は、海外に比べて、非常に低いそうです。

その理由としては、海外のスキー場では「ヘルメットの着用を義務付けている所が多い」というのがあります。

特に、スノーボードはスキーに比べ、転倒の多いスポーツです。

ぜひ、怪我なく、スノーボード(ウィンタースポーツ)を楽しんでいただくためにも、ヘルメットを着用してください。

なお、子どもに関しては、もはや義務です!!

パパがかぶれば、子どももかぶります。

子どもを守るためにも、必ず、かぶらせてください。

どんなに自分が気をつけていても、避けられない衝突って必ず、ありますから!

ヘルメットに助けられたエピソード

フリーライディングやリフト待ちをしているときに、何度か横や後ろから激突され、転げまわったり、後頭部を強打したことがあります。

そんなとき、「ヘルメットをかぶっていて良かった!ありがとう!」って心から、ヘルメットに感謝します。

「パークに入らないから、ヘルメットはいらないよ!」という人もいますが、そんなことないです!

パークに入らなくても、危険なシチュエーションは結構あります。

フリーライディング時の速度

フリーライディングをしているときにはあまり気づきませんが、ゲレンデを滑っているときのスピードは一般の方でも、時速60kmを超える場合があります。

プロライダーさんになると、100kmを超えるスピード滑ることもあるそうです。

そんなスピードで、ぶつかったら、そりゃーすごい衝撃です!!

ヘルメットの正しい着用方法

これはかなり私の主観ですが、ヘルメットのカッコいいかぶり方です。

まず、ニット帽をかぶり、ゴーグルを着用した状態で、その上からヘルメットをかぶります。

このかぶり方は、フリースタイル系のプロライダーさんに多いです。

サンドボックスヘルメットを被っているところ

アイテム選びのポイント

  • ニット帽の形(デザイン)によっては、ヘルメットが着用できませんので、シンプルなデザインのものを選びましょう。(特に、ボンボン付きはNGです)
  • ヘルメットの中に、ニット帽をかぶるため、少し大きめサイズを選びましょう。

オススメヘルメット

私のまわりで、使われているヘルメットをご紹介します。

GIRO(ジロ)

bern(バーン)

SMITH(スミス)

SANDBOXサンドボックス)

  

私のまわりでは、SANDBOXサンドボックス)の使用率が一番高いです。

ちなみに、うちの息子もサンドボックスを使っています。(オススメです)

なぜ、SANDBOX(サンドボックス)がオススメなのか?

SANDBOXサンドボックス)は、サイズ調整のための「インナーパット」が着いているため、ヘルメット自体のサイズ(S/M、L/XL)以外に微調整が可能です。

なので、大人にも子どもにも、ばっちりです。

また、子どもの場合は「インナーパット」のおかげで、買い替える頻度が減るのも嬉しいポイントです。(子どもは、すぐに大きくなっちゃいますから)

デザインもツバ付きで、最高にかっこいいですし。

ちなみに、子どもが着けると、こんな感じです。

スノーボードヘルメット、サンドボックス

【SANDBOXのインナーおよび付属品】

サンドボックスヘルメットのインナー

サンドボックスヘルメットの付属品

ヘルメットのサイズは、メーカーにより様々です。(同じLサイズでもメーカーで全然違います。)

購入する際は、必ず、ニット帽を持参の上、試着することをオススメします。

ヘルメットなしで練習しちゃダメな「トリック」

こんなトリック(フロントフリップ)は、ヘルメットの着用なしで、練習しちゃダメです。

子供が、マネしたらどうするんですか!?(笑)

スノーボードのフロントフリップ1

スノーボードのフロントフリップ2

スノーボードのフロントフリップ3

スノーボードのフロントフリップ4

スノーボードのフロントフリップ5

おわりに

ヘルメット着用のメリットは、頭の怪我を防止するだけではありません。

例えば、

  • 転んでもゴーグルが吹っ飛ばない
  • 風を通さないから頭が暖かい(逆にいうと、春は蒸れます・・・)
  • 心を強くし、ニュートリックに挑戦できる

などなど。

最近は、カッコいいデザインのものや、着けているのを忘れるぐらい軽いものも多いです。

ぜひ、ヘルメットを含めた全身の着こなしを楽しんでください。

なお、ヘルメット以外のオススメアイテムは、こちらの記事をご覧ください。

ヘルメットとセットで使うと快適さアップ!【バラクラバ(目出し帽)活用法】

まだ吹雪で消耗してるの?【吹雪のスノーボードを楽しむ必須アイテム】

フェイスマスクは、日焼け・肌荒れ防止の最強アイテム!【スノボ女子必見!】

曇らない「ゴーグル」選びも大切だけど、その行動がゴーグルを曇らせてるんだぜ!

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

「足が痛い!」をあきらめない!スノボブーツの選びかた

スノーボードは生産工場で選べ!【自社工場を持ってるメーカーを紹介】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク