オーリー【OLLIE】がスノーボードの楽しさを無限大に変える!

シェアいただけると嬉しいです。

オーリーノーズボーン     

記念すべき、ブログ初投稿は、みんな大好き「オーリー」です。

オーリーは、スノーボードトリックの基礎であり、オーリーができるようになると、スノーボードの楽しさは無限大となります。

オーリーにより、山(ゲレンデ全体)が、あなたのパークになり、想像力しだいで、すべてがアイテムになります。

そうです!どこで、どう遊んでもいいんです!

ぜひ、オーリーでゲレンデを楽しみつくしてください。

オーリーとは

後ろ足で踏み切って、飛び上がる(ジャンプする)トリックです。

両足ジャンプと違って、後ろ足で踏み切ることで、テール側のフレックス(しなり)を使うことができ、その「しなった板」が元に戻ろうとする反発を利用することで、ボードを引き上げやすくします。

なお、フレックスについては、こちら記事を。

スノーボードのフレックス【FLEX】とは?ボードのしなりを感じよう!

オーリー

オーリーのやり方

まず、オーリーを練習する前に、ゲレンデを滑り込んでください。

滑り(フリーライディング)に余裕がないと、飛び上がる時(後ろ足で踏み切る時)のバランスが取りづらく、安定したオーリーはできません。

ですので、ある程度余裕を持って滑れるようになったら、オーリーの練習を始めましょう。

その方が、圧倒的に近道です。

それでは、オーリーのやり方です。

1.アプローチ姿勢(低い姿勢)をつくる

スノーボード、オーリー、アプローチ

ボードを乗っている時の重心は、「前足4:後足6」を意識し、膝を曲げ、腰を落とします。

その際に、ボードをフラットに踏むことを意識してください。

【注意点】

  • 頭の位置が、ボードから極力はみ出さないように意識する。
  • 腰を落とすときは、前かがみにならないようにする。(体が「くの字」にならないように)

2.雪面から飛び上がる

【踏み切り始め(後ろ足で立ち上がるように)】

スノーボード、オーリー、踏み切り

【踏み切りで後ろ足が伸びきった状態(テールでしっかりはじく)】

スノーボード、オーリー、引き上げ

アプローチ姿勢から、前肩と前足を引き上げながら、後ろ足でボードを「一瞬」踏み込みます。

後ろ足で「一瞬」踏み込むことで、テールがしなります。

そのしなったボードが戻ろうとする反発を使い、下半身を上半身へ引き付けます。(膝を抱えるイメージです)

【注意点】

  • 後ろ足で一瞬踏み込むときに、後ろ足でジャンプする意識を捨て、テールをはじくイメージで素早く「ポンッ」と踏み込む。(後ろ足で立ち上がるイメージ)
  • 前肩が下がると、つんのめったり、肩から落ちたりするので、前肩を進行方向の斜め上へ送るよう意識し、絶対に前肩を下げないようにする。

なお、後ろ足で蹴ることを意識し過ぎると、後ろ足が上がる分、前肩が下がりますので、いかにして上半身(前肩から)を斜め上に引き上げるかを意識してください。

3.空中姿勢

スノーボード、オーリー、ピーク

空中では、しっかりと膝を引き付け、目線を進行方向へ送り、雪面と肩のラインが平行になるように意識してください。 

テールを使って伸び上がるため、後傾になりやすいです。

体が遅れないように、上半身を被せるイメージを持ってください。

4.着地(ランディング)

オーリー着地

着地は、膝を使って、衝撃を吸収します。

スノーボード、オーリー、そのまま滑る

着地が決まったら、心の中で歓喜の声を上げ、そのまま滑り続けてください。

オーリーは、滑りの中で「サラッ」と決めるのが、かっこいいです。

ガッツポーズは、心の中で!!(笑)

オーリーは自分のクセを大切にしよう

上記の「オーリーのやり方」で紹介した、「ボードをフラットにする意識」ですが、個人的には、完全なフラットは存在しないと考えています。

なぜなら、スノーボードは常に、トゥーエッジ(つま先側)か、ヒールエッジ(かかと側)に微妙に加重しているからです。

人には必ず、クセがあり、ボードの踏みやすさ(バランスの取りやすさなど)があります。

自分のクセを理解しながら、練習することでオーリーの精度を高める近道になります。

スノーボードに正解はありません。

色々、試行錯誤しながら、自分にあったスタイルを探してみてください。

ちなみに、私は、トゥーエッジ(つま先側)を強く踏むクセがあるので、アプローチでは薄いトゥーエッジ(つま先側)で直進し、飛び上がる瞬間は、薄いヒールエッジ(かかと側)で飛んでいます。

ちょっと、特殊かもしれませんね・・・(笑)

まとめ

オーリーは、スノーボードにとって、すっごく重要なトリックです。

なぜなら、すべての「スノーボードトリック」の原点であり、基本だからです。

ぜひ、フリーライディングの中にオーリーを取り入れ、呼吸をするように、オーリーをやり込んでください。

「安定したオーリー」ができるようになると、スノーボードの楽しさが一気に広がりますので。

なお、最後に、オーリーの大切さを表す「有名な言葉」を紹介します。

「オーリーができないと、恋愛はできません!!」

そうです、なんにせよ、まずは「オーリーしろ!」ってことです。(笑)

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」
 
スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク