小学生が1日でオーリー!?効果的な練習方法と教え方【スノーボード】

シェアいただけると嬉しいです。

小学生のスノーボードのオーリー

この記事では、小学3年生の息子にスノーボードを教えた経験から、超効果的だった「オーリー」の練習方法と教え方を紹介しています。

「オーリーって、どうやって説明したらいいのか・・・」

「オーリーが両足ジャンプになっちゃう・・・」

「オーリーってどうやって練習したらいいの?」

などなど、

オーリーについて、色々悩んでいる人に、読んでほしいな~って思います。

勘違いしてない!?オーリーは、後ろ足1本で飛び上がるトリックだよ

まずは、オーリー初心者の人に多い「3つの勘違い」について紹介します。

  • オーリーを両足ジャンプだと思っている
  • ボードがしなることを理解していない
  • 滑りながらのオーリーで真上に飛んでしまう

結構、多いんですよね~

この勘違い・・・(笑)

ちなみに、この勘違いを改善せず、どんなに練習しても、オーリーはできるようになりません。

ですので、オーリーを練習したり、教えたりするときには、次の3つを意識する必要があります。

  • オーリーは、後ろ足1本で飛び上がるトリックだと理解
  • テールのフレックスをしっかり使う
  • 滑りながらのオーリーは、前肩を進行方向斜め上に引き上げる
この3つのポイントは、オーリーの「3つの勘違い」を逆にしたものです。

オーリーを練習する前に「レギュラースタンスのフリーラン」をマスターしておこう

オーリーは、ボードをフラットにして飛び上がるトリックです。

「ボードがフラットな状態」というのは、スノーボードにおいて一番不安定な状態であるため、バランスが取りづらくなります。

ですので、そんな一番不安定な状態でも、しっかりバランスがとれるよう、徹底的に滑り込んでおきましょう。

フリーランができないと、オーリーはできませんので。

なお、目安としては「スイスイと連続ターンができる」ぐらいです。

連続ターンの教え方については、こちらの記事をご覧ください。

はじめてのスノーボードの教え方【子どもにわかりやすく伝える方法】

スノーボードの連続ターンの教え方【子どもが上達する2つの練習法】

オーリーを効果的に練習するには、「基本姿勢」がすっごく大事

まずは、フラットなところでボードを履き、基本姿勢をつくってみましょう。

なお、基本姿勢が保てないってことは、フリーラン(滑り込み)が足りないってことです。

ボードをフラットにして、真っ直ぐ立ちます。

小学生にスノーボードを教える

次に、後ろ足(テール側)に重心をズラしていきます。

目線は、進行方向(ノーズ側)を見るようにします。

小学生のスノーボードのテールプレス

この基本姿勢のポイントは、次の3つです。

  • 肩のラインを平行にする(後ろ肩を落とさない)
  • 前足を伸ばす意識
  • 後ろ足をフラットに踏むことで、ノーズを浮かす

小学生のスノーボードのテールプレス(3つのポイント)

写真のように、後ろ手を広げるとバランスがとりやすいです。

これで、オーリーのための基本姿勢は、完璧です!!

なお、気づいた方が多いと思いますが、「基本姿勢 = テールマニュアル」です。(笑)

小学生でも1日でできる!?「オーリー」の練習法と教え方

フラットなところで立ち、基本姿勢をつくっていきます。

スノーボードのオーリーの練習1

後ろ足でしっかりとボードを踏み込みます。

ノーズが浮いているのをチェックしてください。

スノーボードのオーリーの練習2

基本姿勢から、後ろ足だけで、真上に飛び上がります。

テールがしっかり、しなっていることを感じてください。

スノーボードのオーリーの練習3

テールがしなった状態で、飛び上がることで、テールのフレックス(反発)をしっかり感じることができるはずです。

スノーボードのオーリーの練習4

空中では、ボードをフラットにする意識を持ち、重心をボードの真ん中に移動させます。

スノーボードのオーリーの練習5

そのまま着地です。

スノーボードのオーリーの練習6

基本姿勢から、飛び上がるオーリーをしておくことで、

  • 後ろ足1本で飛び上がる
  • テールのフレックスを使う
  • 重心を、テール側からボードの中心に移動する

という3つのことを体に覚えさせることができます。

体が覚えるまで、繰り返し練習しましょう!

滑りながらのオーリー「1日で、ここまでできた!」

滑りながら、基本姿勢をつくります。(後ろ足重心)

ボードをフラットに踏まないと、ターンしちゃいますので、注意してください。

スノーボードのオーリーの練習初日1

後ろ足で飛び上がります。

このとき、前肩を進行方向斜め上に、引き上げるようにしてください。

スノーボードのオーリーの練習初日2

空中では、重心をボードの中止に移動し、ボードを雪面と平行にします。

スノーボードのオーリーの練習初日3

そのまま着地します。(ちょっと、重心がノーズに乗りすぎましたね~)

スノーボードのオーリーの練習初日4

なんとか、踏ん張りました。

スノーボードのオーリーの練習初日5

まだまだ、練習が足りませんが、オーリー初日なんで、ご理解ください。(笑)

なお、滑りながらのオーリーのポイントについては、こちらの記事をご覧ください。

オーリー【OLLIE】がスノーボードの楽しさを無限大に変える!

まとめ

ここで、「オーリーの効果的な練習方法」のおさらいをしておきます。

  1. 基本姿勢(テールマニュアル)をつくる
  2. 基本姿勢から後ろ足1本で飛び上がる(前肩を斜め上に引き上げるイメージ)
  3. 空中では、重心をボードの真ん中に移動する(ボードはフラットを意識)
  4. 膝を柔らかく使って着地する

1つ1つの動きを分解してみると、「オーリー」って、結構複雑な動きをしてるんですよね。

そりゃー、「オーリーをやったことない人」が、見よう見まねで「オーリー」すると、「両足ジャンプ」になっちゃうわけです。

変なクセがついちゃう前に、ぜひ、オーリーの動きを体に覚えさせてください。

慣れてくると、呼吸をするように「オーリー」ができるようになりますよ~(笑)

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

オーリー記事のまとめ【オーリー安定化理論(コツ)】

まだ吹雪で消耗してるの?【吹雪のスノーボードを楽しむ必須アイテム】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク