グラトリの「FS180(トゥー抜け)」は両足ジャンプが基本だよ!

シェアいただけると嬉しいです。

トゥー抜けFS180グラトリ、踏み切り

以前の記事「グラトリのヒール抜けFS180はオーリーとライン取りが重要」で、ヒール抜けのFS180を紹介しましたので、今回は、トゥー抜けのFS180のコツと練習方法についてまとめておきます。

ヒール抜けのFS180と、トゥー抜けのFS180では、

  • オーリー
  • ライン取り
  • エッジの使い方

が全く違いますので、あなたの「目指すスタイル」と「クセ(得意なエッジ)」から、どちらか(ヒール抜け or トゥー抜け)を選んで練習したほうが上達が早いと思います。

ただ、最終的には、どちらの抜け(ヒール・トゥー)もマスターしたほうがいいです。

そのほうが、ゲレンデでの遊びの幅が広がりますので。

なお、この記事では「レギュラースタンス」を想定して書いています。
「グーフィースタンス」の場合は、うまく読み替えてください。

FS180に「フリーライディング(レギュラー・スイッチ)」と「オーリー」は必須

FS180にチャレンジする前に、次の3つは、やり込んでおいてください。

FS180の基本になりますので。

  • レギュラースタンスのフリーライディング
  • レギュラースタンスのオーリー
  • スイッチスタンスのフリーライディング

フラットな場所(止まった状態)でFS180をやってみよう

FS180にはじめてチャレンジする場合は、フラットな場所(止まった状態)から始めましょう。

なお、これから紹介する「止まった状態のFS180」については、「グラトリのヒール抜けFS180」の記事で同様の内容です。
既に、読んでいただいた方は、飛ばしてください。

ボードをフラットに踏み、重心を(前足4・後ろ足6)にして立ちます。

FS180フラット(1)

前肩を閉じ、膝を落として、伸び上がる準備をします。

なお、前肩を閉じるのは、スピンするための「タメ」をつくるためです。(いわゆる、先行動作ってやつです)

FS180フラット(2)

閉じていた前肩を開きながら、両足で真上に飛び上がります。(両足ジャンプでOK)

FS180フラット(3)

飛び上がったら、前足と後ろ足を入れ替えるように、スピンします。

後ろ足を前に送ることを意識すると、回しやすいと思います。

FS180フラット(4)

この一連の動作を何度も行っておくことで、FS180(スピン)の感覚を体に覚えさせることができます。

滑りながらのFS180(トゥー抜け)はライン取りが重要

トゥー抜けのFS180は、ライン取りがすっごく重要になります。

ライン取りを理解しないで、どんなに練習しても、FS180ができるようになることはありませんので、徹底的にやり込んでください。

最初は、次の図のようなライン取りで、FS180をやってみましょう。

最初は、ゆっくりなスピードから始めて、徐々にスピードを上げていきましょう。

FS180(トゥー抜け)練習法1

グラトリでの「FS180(トゥー抜け)」の流れですが、

  1. 重心は「前足4・後ろ足6」を意識
  2. フロントサイドターンを行い、しっかり「トゥーエッジ」がかかっている状態をつくる
  3. その場でのFS180同様に、前肩を閉じ、しっかり膝を落として「タメ」をつくる
  4. 前肩を開きながら、両足ジャンプで、真上に飛び上がります
    ⇒後ろ手で、アッパーカットするようにすると、高さと回転力が増します。
  5. 前足と後ろ足を入替るようにスピンする
  6. 着地はトゥーエッジを意識する

って感じです。

ちなみに、トゥーエッジがしっかりかかっていることで、ボードがずれてしまうことがないため、思いっきり飛び上がることができます。

慣れてきたら次の図のように、少しづつ、ライン取りをゆるくしていきましょう。

トゥー抜けFS180練習法(2)

ゲレンデ内のギャップを使って「FS180(トゥー抜け)」をやり込む

滑りながらのFS180に慣れてきたら、ゲレンデ内のギャップや落ち込みを使って、FS180で遊んでみましょう。

なお、ギャップで遊んでおくことで、キッカーでのFS180が楽々になります。

ギャップ(落ち込み)に向かってアプローチしていきます。

トゥー抜けFS180グラトリ(1)

トゥーエッジに切り替え、ギャップに対しボードを真っ直ぐにします。

トゥー抜けFS180グラトリ(2)

前肩を閉じ、膝を落として「タメ」をつくります。

重心は、「前足4・後ろ足6」を意識してください。

トゥー抜けFS180グラトリ(3)

前肩を開きながら、踏み切っていきます。

なお、オーリーではなく、両足ジャンプを意識してください。

トゥー抜けFS180グラトリ(4)

踏み切りは、真上に伸び上がって(飛び上がって)ください。

トゥー抜けFS180グラトリ(5)

空中に出たら、膝を引きつけ、コンパクトな姿勢を意識してください。

膝を引きつけることで、ボードが勝手に回ってきます。

トゥー抜けFS180グラトリ(6)

着地(ランディング)にボードを合わせ、しっかり膝を使って衝撃を吸収してください。

トゥー抜けFS180グラトリ(7)

あとは、何事もなかったかのように、滑り去るだけです。(笑)

まとめ

ここで、FS180(トゥー抜け)の注意点をまとめておきます。

  • 重心を「前足4・後ろ足6」にして、両足ジャンプで飛び上がる
  • ライン取りを意識し、しっかり「トゥーエッジ」を踏む
  • 前肩を閉じ、低い姿勢で「タメ」をつくる
  • 空中ではしっかり膝を引きつける
  • 着地は、トゥーエッジを意識する
事前に、オーリーをやり込んでおくことで、重心を「前足4・後ろ足6」にした両足ジャンプで、軽くオーリーがかかります。

トゥー抜けのFS180は、フロントサイドターンからスイッチに切り替えるときに、かなり重宝します。

おもいっきりエッジを踏み込めるので、ボードが安定し、ハイスピードでのスピンが可能だからです。

ぜひ、フリーランの中に、FS180(トゥー抜け)を取り入れ、スピンしまくっちゃってください。

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

バックサイド180の始めかた【まずはグラトリで回してみよう!】

ストレートジャンプ「グラブトリック記事」のまとめ

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク