オーリー記事のまとめ【オーリー安定化理論(コツ)】

スポンサーリンク

2人で同時にオーリー

スノーボードにおいて、「オーリー」とは、すべてのトリックの基本となる技です。

オーリーの安定度が、そのまま「すべてのトリック」の安定度に影響を及ぼすと言っても過言ではありません。

 

1つ1つの動きと、自分のクセを理解し、オーリーのレベルを上げていきましょう。

 

今回、オーリーを安定させるための、僕、独自の理論(コツ)や基本的なやり方の記事を、まとめてみました。

オーリーの記事

1.フレックス(しなり)

まずは、フレックスを理解しましょう。

フレックスを使えないと、オーリーはできません!

スノーボードのフレックス【FLEX】とは?ボードのしなりを感じよう!
オーリーの説明や、スノーボードのカタログ表示などでよくフレックス(FLEX)という言葉を目にすると思います。 たとえば、 「ボードのフレックスを使って飛び上がる」 「フレックスが柔らかいから乗りやすい」 「フレ...

2.基本的な動き(やり方)

次に、基本的なオーリーの動きを理解しましょう。

オーリーができるようになってくると、スノーボードの楽しさが何倍にもなります。

オーリー【OLLIE】がスノーボードの楽しさを無限大に変える!
     この記事では、みんな大好きなトリック「オーリー」について紹介しています。 オーリーは、スノーボードトリックの基礎であり、オーリーができるようになると、スノーボードの楽しさは無限大になります。 オーリーによって、山(...

3.3種類のオーリー

基本的なオーリーができるようになってきたら、エッジを意識してオーリーしてみましょう。

なお、難易度が一気にあがりますよ。(笑)

3種類のオーリーを使い分けて、スノーボードをもっと楽しむ!
スノーボードの「オーリー」は、全部で3種類あります。 「オーリー」というと、ボードをフラットにして踏み込む(飛び上がる)イメージが強いかと思います。 でも、ゲレンデなどで滑っていて、常にフラットでオーリーを仕掛けられる(...

4.キッカーでのオーリー

フリーライティング中に行うオーリーと、キッカーのオーリーは別物です。

キッカーの形状に合わせ、オーリーをコントロールしましょう。

キッカーの形状に合わせて「オーリー」を使い分ける!!
スノーボードで、怪我なく「キッカー」を楽しむためには、キッカーの形に合わせてオーリーの強さを調整することが重要です。 何でもかんでも、「100%の力」でオーリーしていては、空中で安定しません。 蹴りたい気持ちは分かりますが・・・...

5.キッカーでのオーリーを仕掛けるタイミング

キッカーでのオーリーは、「タイミングがすべて」です!!

タイミングが合うと、「フワッと」ボードが引き上がってきます。

これが、正解のタイミングです。

はじめてのキッカー入門【まずはウェーブとミニキッカーで遊べ】
フリーライディングでオーリーができるようになってくると、 「キッカーに挑戦したい」 という気持ちが出てくると思います。 ただ、フリーライディングでのオーリーをそのままキッカーで行うと、 つんのめって、前のめりになる...

6.小学生でも1日でできる「オーリー」練習法

小学校低学年の息子に、オーリーを教えたときに一番効果のあった方法を紹介しています。

「なかなかオーリーができるようにならない・・・」と悩んでいる方に、オススメです。

小学生が1日でオーリー!?効果的な練習方法と教え方【スノーボード】
この記事では、小学3年生の息子にスノーボードを教えた経験から、超効果的だった「オーリー」の練習方法と教え方を紹介しています。 「オーリーって、どうやって説明したらいいのか・・・」 「オーリーが両足ジャンプになっちゃう・・・」 ...

まとめ

「オーリーに完成はない!」

と、スケートボードの世界では言われたりしますが、スノーボードにおいても同様かもしれません。

 

オーリーとは、それぐらい奥の深いトリックで、その日の体の調子や、バランスによっても、テールの反発が変わったり、前傾や後傾になったりします。

特に、キッカーの抜けに関しては、オーリーの「タイミング」がズレるだけで、トリックの完成度を左右します。

 

オーリーの理論を理解し、「なぜ?失敗したか?」を考え、練習することで、成長の速度を高めることができると思います。

 

「オーリーなんて、感覚だよ!」なんてセリフは、ぜんぜん伝わりません!

 

「グッ!ってやって、フッ!ってやってから、パーン!ってやればいいんだよ!オーリーはさ」って、意味わかります!?(笑)

 

もはや、「感覚勝負」とは、天才のみに許された特権です。

考えるスノーボードで、成長を促進しましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

コメント

タイトルとURLをコピーしました