楽々ワックスのやり方【ガリウム 2WAY CLEANER・ドミネーター HYPER ZOOM PASTE】

スポンサーリンク

スノーボードワックス

常に、ボードのパフォーマンスが最高の状態で滑りたい!!

でも、毎回、アイロンでホットワックスをかけるのは面倒過ぎる・・・

 

この相反する希望を叶えるため、今回は、僕がやっている「楽々ワックス(勝手に命名)」の方法を紹介します。

オススメ「楽々ワックス」のやり方

それでは、楽々ワックスに必要なものと、手順を紹介していきます。

1.GULLIUM(ガリウム)ワックス【2WAY CLEANER ベースワックス&クリーナー】

ベースワックスとクリーニングが同時にできる画期的なスプレータイプのワックスです。

使い方は、簡単です。

 

まず、ボードのソールに、このワックスをスプレーし、ワキシングペーパーで拭くだけです。

ソールの汚れが酷いときは、スプレー後、少し時間をおくと、汚れを拭きとりやすいです。

これでベースワックスまで終了です。(笑)

 

2.DOMINATOR(ドミネーター)ワックス HYPER ZOOM PASTE 

これは、ペーストタイプの滑走ワックスです。

このワックスは、控えめに言って、超走ります!!

 

使い方は、「ガリウムワックス(2WAY CLEANER)」と同じく、超簡単です。

  1. 付属されているスポンジでペーストワックスをソールに薄くのばす
  2. 数分待って乾かす
  3. フィニッシュクロスで磨く(拭く)

 

春雪でボードが滑らないときに、ゲレンデでも使用できるので、すっごく便利です。

 

アイロンによるワックスとの比較

これは、僕の主観になりますが、ハイシーズンに関しては、全く変わりません!!

1秒、2秒を争うスピードレースなら別でしょうが・・・

 

また、春雪の場合は、ワックスの性能というより、汚れがソールについてしまうことが、ボードを走らなくさせる最大の原因ですので、どんなに良いワックスを塗っていても、ソールが泥だらけでは、全く走りません!

 

つまり、「楽々ワックス」で、シーズンを通して十分ってことです。

ですので、僕は、シーズン中は、「楽々ワックス」しか行いません。

 

ちなみに、ガリウムワックスとドミネーターワックスの併用(メーカーが別)ですが、全く問題ありません。

スノーボードにワックスをかける目的とは

そもそも、スノーボードにワックスをかける目的とは何だと思いますか?

 

そうです。

ワックスをかける目的は、「ゲレンデでボードが快適に走らせる(滑らせる)こと」です。

 

じゃあ、何でゲレンデで、快適にボードを走らせたいの?

 

そうです、そのとおりです。

「ボードが快適に走ることで、スノーボードを楽しみたいから」ですよね。

 

そうなんです、ワックスをかける目的とは、スノーボードを楽しむためなんです。

 

つまり、ワックスとは、スノーボードを楽しむための1つの手段ということです。

よって、スノーボードが楽しめれば、ワックスなんか何でもいいんです!!(笑)

 

ちなみに、会社員スノーボーダーの人(僕もそうです)で、

平日、夜遅くまで仕事して、やっと週末を向かえ「明日はスノーボードだ!」って時に、もし、睡眠時間を削って、ホットワックスをかけているなら、すぐに「楽々ワックス」に変えてください。

 

だって、睡眠不足は、パフォーマンスを低下させますし、何より眠いと「スノーボード」が、全然楽しめなくなっちゃいますから!!

 

手段(ワックス)が目的になってしまわないようにしましょう。

 

極論を言えば、スノーボードが楽しめるなら、ワックスなんか、かけなくてもいいんですから!!

 

ただ、ワックスを全くかけてないボードは、お世辞にも走るとは言いがたいです。

ですので、「ワックスをかけない」という選択肢は、あまりオススメできません。

 

結果、時間と負担を軽減できる上、ほぼ変わらないパフォーマンスを発揮する「楽々ワックス」を、僕は推しまくっているってことです。

おわりに

理想を言えば、ボードショップへチューンナップに出して、Vサーモという機械でワックスをかけてもらいたいところなんですが、費用がかかります。

予算に余裕があるなら、Vサーモでのワックスは、かなりオススメです。

チューンナップに出すときに、ソールにストラクチャーを入れておくことで、春雪でのボードの走りが全然違いますし。(凄く走ります)

 

ちなみに、僕は、アイロンによるホットワックスに対し、懐疑的ですが、それは、投下した時間や労力に対して、期待できるほどの実感がないからです。

僕の場合、その分、眠ったほうが、翌日のパフォーマンスが高いですし。

厳密に比較(摩擦係数を測定したり)すれば、アイロンによるホットワックスの方が、ボードが走るんだと思います。

 

ただ、シーズン前(11月ぐらい)は、テンションもMAXなので、僕も、アイロンでワックスをかけています。(年に1回だけのホットワックスです)

「想いというワックス」とともにです。(笑)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

コメント

タイトルとURLをコピーしました