インディグラブ入門【スノーボードのストレートジャンプ】

シェアいただけると嬉しいです。

スノーボード、インディ、真正面から

ストレートジャンプにおいて、完璧にマスターしておきたいトリックの1つが、「インディ」です。

「インディ」は、シフティーやポークなどと組み合わせることで、全く違ったスタイルになり、発展性の高いトリックです。

グラブしてない手の位置やポークの強弱など細部にこだわって、かっこいいインディを手に入れちゃってください。

なお、キッカーに入りはじめたばかりなら、こちらの記事で自分のクセ(得意エッジ)とオススメグラブをチェックしてみてください。

ストレートジャンプ(エアー)における【ライン取り】の重要性

「キッカー初心者のためのグラブ入門【何からはじめる?オススメグラブトリック】」

それでは、「インディグラブ入門」のスタートです。

言い忘れましたけど、私は、「インディ大好き男」です。

インディグラブとは

インディは、後ろ手でつま先側のエッジを掴むトリックです。

グラブする位置は、前足と後ろ足の間です。

つかみやすいからといって、後ろ足の外側(テール側)をグラブしないようにしてください。

「ティンディ」という禁断の技になってしまいます。

ちなみに、ティンディは、「かっこ悪いトリック代表」です。

キッカーに入る前に必ずやること

ステップ1

インディにはじめてチャレンジする際は、いきなりキッカーで試さず、ゲレンデのフラットな場所で、しゃがんでボードをさわってみてください。

この動作を行い、「どのくらい膝を引き上げれば、手の届く範囲にボードがくるのか」を確認しておきます。

ステップ2

ゆっくりとしたスピードで、ゲレンデのギャップ(落ち込みなどの起伏)でオーリーし、ボードを思いっきり引きつけ、後ろ手でボードにさわってみてください。

オーリーである程度の高さが出せるなら、グラトリで「インディグラブ」の練習ができるはずです。

ぜひ、試してみてください。

インディを行う場合の注意点とポイント

インディグラブ

ベーシックエア(ノーグラブのストレートジャンプ)と同じく、しっかりとキッカーを抜けてください。

グラブを意識し過ぎて、すぐにつかみにいこうとすると、ふみきり(オーリー)があまくなり、高さが出なくなります。

空中に出たら、膝を引き上げ、ボードを引きつけることに集中してください。

そこまでできたら、後ろ手を下ろすだけで、ボードがそこにあります。

まずは、ボードに軽く手を添える程度で十分です。

慣れてきたら、しっかりグラブしましょう。

グラブするときの目線は、進行(飛んでいく)方向のランディング地点を見続けてください。

決して、グラブする場所(ボード)を見ないこと!!

目線を下に送ったり、ボードをつかみにいくと、頭が下がり危険です。

あとは、ランディングに合わせてグラブしている手を離し、着地します。

ちなみに、インディは、グラブしてない前手でバランスを取るようにしてください。

かっこいいインディのワンポイント

「グラブしてない手を、思いっきり後ろに引いてください。」

これだけで、一気に、かっこよさがアップします。

発展技

ノーズをポークする(前足を蹴りだす)

インディノーズボーン

シフティとの組み合わせ

バックサイド

インディとシフティ

フロントサイド

インディとシフティ

まとめ

インディグラブは、その人の個性(スタイル)が、すごく出るトリックです。

自分が目指すスタイルを追求してください。

ちなみに、私は、山崎勇亀さんの「ストレートジャンプのスタイル」が大好きでしたので、毎日、映像を見て、「どうしたらできるのか?」、「どこが違うのか?」と、試行錯誤を繰り返した思い出があります。

トリックに関し、今、DVDを見返しても、全く色褪せることのない、スタイル全開のライダーさんだと思います。

また、スケートボードのプロとしても、活動してます。

一度だけ、さいたまスーパーアリーナでお会いしたことがありますが、笑顔で写真を撮ってもらいました。

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

ストレートジャンプ「グラブトリック記事」のまとめ

バックサイド180の始めかた【まずはグラトリで回してみよう!】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク