マネしちゃダメ!キッカーへのアプローチスピードが原因の事故【画像で紹介】

シェアいただけると嬉しいです。

キッカーのアプローチを失敗したスノーボーダー

以前の記事「初級者必見!キッカーへのアプローチスピードの決め方」で、キッカーを飛ぶときに一番重要なのは、「アプローチスピード」だと紹介しました。

理由としては、アプローチスピードは、キッカーを飛んだときの「飛距離」に直結する要素だからです。

つまり、どんなに完璧なタイミングでオーリーをしたとしても、誤ったスピードでキッカーに進入していれば、なんの意味もないってことです。

アプローチスピードが速すぎれば、飛びすぎてしまいますし、逆にスピードが遅すぎれば、キッカーのテーブルに落ちてしまいますので。

そこで今回、「キッカーへのアプローチスピードがどれだけ大切か」について、

「実際に、誤ったスピードでキッカーに進入するとこうなっちゃうよ!」

を画像を使って紹介したいと思います。

絶対にマネしないでください。結構な衝撃が全身を襲いますので・・・(笑)

キッカーへのアプローチスピードが速すぎる場合

キッカーへの進入スピードが速すぎる場合、飛びすぎてしまいます。

場合によっては、ランディングバーンを飛び越えちゃう場合もありますので、注意が必要です。

ランディングバーンを超えて飛んでしまうと、着地の衝撃が凄まじいです。

それでは、速すぎるスピードでキッカーにアプローチした場合を見ていきます。

キッカーに向かって低い姿勢でアプローチです。

スノーボードキッカーへのアプローチスピード出過ぎ(1)

リップで踏み切ります。(オーリーします)

スノーボードキッカーへのアプローチスピード出過ぎ(2)

キッカーへの進入スピードが速すぎる場合、空中に飛び出した瞬間に体が伸びてしまい、足が「ビーン」ってなっちゃう人が多いです。(この画像もそうですね)

これは、自分のイメージより高い景色が見えた瞬間に、体が恐怖で硬直するからだと思います。

ちなみに、僕は、両手を「バタバタ」して空中で泳いじゃうタイプです。(笑)

スノーボードキッカーへのアプローチスピード出過ぎ(3)

足が「ビーン」のまま、飛んでいきます。

スノーボードキッカーへのアプローチスピード出過ぎ(4)

ランディングバーンの真ん中でも、この高さが残っています。

スノーボードキッカーへのアプローチスピード出過ぎ(5)

ランディングバーンギリギリで着地です。(ランディングバーンが長いキッカーで助かりました)

スノーボードキッカーへのアプローチスピード出過ぎ(6)

でも、着地の衝撃に耐え切れず、転倒です。

スノーボードキッカーへのアプローチスピード出過ぎ(7)

勢いそのままに、転げまわります。(3~4回転は回りました)

スノーボードキッカーへのアプローチスピード出過ぎ(8)

最終的には、こんな感じです。(チーン・・・)

スノーボードキッカーへのアプローチスピード出過ぎ(9)

キッカーへのアプローチスピードが遅すぎる場合

キッカーへの進入スピードが遅すぎる場合、ランディングバーンまで届かず、キッカーのテーブルに落ちちゃいます。

テーブル落ちの衝撃は、ほんと凄まじいので、絶対にやめましょう!!(テーブル落ちしたい人はいないと思いますが・・・)

ちなみに、テーブルに落ちるぐらいなら、飛びすぎたほうがマシです。

それでは、遅すぎるスピードでキッカーにアプローチした場合を見ていきます。

なお、失敗ライダーは僕です・・・

キッカーにアプローチしていきます。

スノーボードキッカーへのアプローチスピード足りず(2)

低い姿勢でキッカーを上っていきます。

ちなみに、キッカーを上っている段階で、スピードが足りないことに気づいています。

でも、止まれないのが「キッカー」です・・・

スノーボードキッカーへのアプローチスピード足りず(3)

覚悟を決めて、踏み切ります。

このとき、すでに「テーブル着地」の衝撃に耐える覚悟を決めています。

スノーボードキッカーへのアプローチスピード足りず(4)

空中では、少しでも遠くで飛びたくて、羽ばたきます!!(笑)

効果なしです・・・

スノーボードキッカーへのアプローチスピード足りず(5)

そのまま、テーブルに一直線です。

スノーボードキッカーへのアプローチスピード足りず(6)

予定通り、テーブル着地!!

しかも、テーブルの「ど真ん中」です・・・

スノーボードキッカーへのアプローチスピード足りず(7)

ボードから着地したのに、「ドン!!」という凄まじい衝撃が、脳天まで響きます。

そして、着地の衝撃で、前方に吹っ飛びます。

スノーボードキッカーへのアプローチスピード足りず(8)

転がるように落ちていきます。(チーン・・・)

スノーボードキッカーへのアプローチスピード足りず(9)

言い訳をさせてもらうと、この日の雪質は「シャバシャバ」だったので、1本飛ぶごとに適正なアプローチスピードが変わってしまうコンディションだったんです。

まー、完全に言い訳ですけどね・・・

まとめ

ケガをせずキッカーを楽しむには、キッカーのサイズに関係なく、適正な「アプローチスピード」が必須です。

今回は、大きめのキッカーでの失敗ジャンプを紹介しましたが、小さいキッカーにおいても、アプローチスピードを間違え、ランディングバーンを飛び越えてしまうと、結構な衝撃があります。

当然、着地のしかた(落ち方)によってはケガすることだってあります。

ぜひ、キッカーで遊ぶときは、細心の注意を払って「アプローチスピード」をチェックしましょう。

なお、「アプローチスピードは、どうやってチェックしたらいいの?」というあなたは、この記事をチェックしてみてください。

初級者必見!キッカーへのアプローチスピードの決め方!

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

キッカー記事のまとめ【ストレートジャンプの基本知識と理論(コツ)】

ストレートジャンプ「グラブトリック記事」のまとめ

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク