谷口尊人さんのリバースターン【近年で一番見た、スノーボード動画の紹介】

シェアいただけると嬉しいです。

私は、スノーボードが大好きで、15年以上、山(スキー場)へ通ってきました。

その、15年という年月の中で、スノーボードのトリックは劇的に変わりました。

難易度もさることながら、流行や理論まで、さまざまです。

スピントリックの抜け方(トゥ or ヒール)や、高回転トリック、縦回転と横回転の合わせ技など、大会や動画の中で、プロのライダーさんが「放ったトリック」によって、スノーボードの流行や、トリックの難易度を急激に変えて(引き上げて)しまう影響力があります。

例えば、ストレートジャンプにおける、

トラビス・ライス

「ダブルバックフリップ」
「フロントサイドダブルコーク1080」

イェロ・エッタラ

「ダブルヒールロデオ1080」

JPソルバーグ

「横回転から縦回転を入れるバックサイド1080(バックサイドダブルコーク1080と呼んでいいのか・・・)」

ハーフパイプにおける、

ショーン・ホワイト

「フロントサイドダブルコーク1080」
「キャブダブルコーク1080」

などです。

これらのトリックを初めて見たときは、「はっ?意味がわからん!?」と思い、かなりの衝撃を受けました。

また、これらのトリックが放たれた後から、急激に、スノーボードトリックにおける「超・高難易度時代」が始まったと私は思っております。

つまり、そのぐらい、「プロライダーさんが放つ新トリック」は、スノーボードの流行を一気に変えてしまうほどの影響力を持ちます。

そんな中で、私が思う、「日本のスノーボードの流行を一気に変えた動画」をご紹介します。

スノーボードトリック ドルフィンターンとリバースターンにはまってるよ 竜王シルブプレシーズン2 VOL7


(2014/12/31 に公開)

動画の見所

出演ライダー「谷口尊人」さんの紹介

谷口尊人さんは、プロスノーボーダーであり、「SLIDE LINE(スライドライン) スノーボードショップ」のオーナーさんです。

以前、毎年開催されていた、スノーボードのストレートジャンプ大会「トヨタビックエアー」において、オリジナルトリック「マサカリ」で、3位入賞などの経験がある、結構ヤバイ人です。(笑)

谷口尊人さんについては、こちらのホームページをご覧ください。

ちなみに、「マサカリ」とは、「スイッチロデオメソッド(540)」で、「CAB540メソッド」の超軸ズレって感じでしょうか。

当時は、ヒール抜きが主流の時代で、トゥ抜きのオープンスピンはあまり見かけなかった気がします。

だからこそ、かなり衝撃的でした!!

リバースターン

動画の中で、随所に出てくるこのトリック(リバースターン)ですが、初めて見たときは、逆再生でもしているのかと思うほどの衝撃で、どうなっているのか、理解ができなかったほどです。

また、「キレッキレのカーヴィングターン」との相乗効果でしょうか!?

カッコよさが、想像を超えていました!

プロライダーさんが、ゲレンデで遊ぶと、こんなにもカッコいいんですね!!

ボードさばき

やたらと動きが軽く、ボードが「ふにゃふにゃ」に見えます。

恐らく、しっかり踏んでいるんだと思いますが、軽く遊んでいるようにしか見えません。

私は、スノーボードがうまい人ほど、「すべての動きが軽く見える」と思っております。

この動画は、その最たるものだと思います。

おわりに

私は、フリーライディングの遊びの幅が「リバースターン」によって、一気に広がったと思っております。

また、この動画が公開されてから、リバースターンを練習している人をゲレンデでかなり見かけました。

日本のスノーボードシーンにおいて、谷口尊人さんのこの動画は大きな影響力を発揮したと思います。

まだ、あなたが、この動画を見てないようでしたら、ご覧いただくことをオススメします。

ちなみに、この動画が公開されてから、何シーズンが経過しますが、私は、まだ見させていただいております。(笑)

時が過ぎても、全く色褪せないですね。

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

スノーボードのスタイルとは?レジェンド「ジェイミー・リン」に学ぶ

平野歩夢(スノーボード)の進化が止まらない!【世界一のトリック集「2013-2018」】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク