初級者必見!キッカーへのアプローチスピードの決め方!

シェアいただけると嬉しいです。

スノーボードパーク

初めてのキッカーを飛ぶときって、ドキドキ感が半端ないですよね。

「どのくらいのスピードで入れば、ランディングまで届くのか?」

「テーブル落ちしないか?」

「飛び過ぎたりしないか?」

「キッカーの形状は、アップ系、それともライナー系?」

こんな感じで、心配事はつきません!!

そんなとき一番気にして欲しいポイント(心配事)は、アプローチスピードです。

なぜなら、アプローチスピードは、キッカーの飛距離に直結するからです。

わかりやすく言うと、アプローチスピードが、ばっちりなら「オーリーのタイミング」が少しぐらい合わなくても、テーブルに落ちたりすることはなく、ランディングバーンに着地することができるってこと。

つまり、安全ってことなんです。

一般的に、キッカーを飛ぶ時は、できるだけ心配事(行動)を減らして、抜けに集中することが重要です。

よって、一番の心配事であるアプローチスピードを気にせず、キッカーに進入することができれば、トリックの成功確率を上げることができます。

ということで、今回は、キッカーにおける一番の心配事である「アプローチスピード」を決め方についてご紹介します。

アプローチスピードの確認方法

人から学ぶ

  1. 仲間に上手い人がいれば、最初に飛んでもらい、チェックしてもらいましょう。
  2. 1ができない人は、飛んでいる人(知らない人)を見て、どのくらいのスピードで入っているかをチェックします。
  3. あとは、少し勇気が必要ですが、実際に飛んでる人(知らない人)に聞いてみてください。
    結構やさしく教えてくれますよ。

何をチェックするか?

  1. アプローチのスタート地点
    ⇒どこから滑り始めているか?
  2. アプローチのターンの回数
    ⇒キッカーを登り始めるまでに、ターン(エッジの切替)を何回しているか?
  3. 着地位置
    ⇒ランディングバーンのどの位置で着地しているか?(どのくらい飛んでいるか?)

自分なりのアプローチのスタート地点を決める

スノーボード キッカーアプローチ

上記の方法で、アプローチスピードを確認したら、自分のアプローチの型(ライン取り)に合わせて、スタート地点を決めましょう!

そのスタート地点から、アプローチし、キッカーの手前まで滑ってみて、スピードの確認をします。

そして、自分に問います。

「いけるか?俺?」と!!

ここまで準備したら、実際に、飛んでみましょう。

飛んだ距離によっては、アプローチのスタート地点を微調整し、最終的に決定します。

これをしておくことで、アプローチにおける、無駄なスピード調整が不要になります。

狙ったランディングポイントにピッタリ着地できる、スタート地点を探りましょう!

そして、常にその場所からスタートするようにします。

なお、ストレートジャンプのライン取りについては、こちらの記事を。

ストレートジャンプ(エアー)における【ライン取り】の重要性

アプローチ位置の調整

何度も飛んでいるうちに、リップの形が変わったり、雪質により、スピードが変わる場合もあります。

「あれ?届かなくなってきたな・・・」って感じたら、アプローチの位置を、少し後ろに調整してください。(ライン取りは変える必要はありません)

逆に、キッカーの整備が行われた場合は、アプローチの位置を少し前にしてください。

これを繰り返すことで、心配することなく、常にランディングバーンに着地できます。

おわりに

2連や3連などの連続キッカーの場合、2つめ以降のキッカーは、スピード調整が必要になりますが、1回ずつ仕切り直すキッカーであれば、この方法を行うことで安心感がぜんぜん違ってきます。

ぜひ、お試しください。

なお、初めてのキッカーを飛ぶ時に、どうしても不安が拭えない場合は、この魔法の言葉を心に念じて自分の背中を押してください。

魔法の言葉:「俺、カッコいい!!」

私は、数々のキッカーをこの魔法の言葉で飛んできました!

効果は保証します!!(笑)

ただ、本当に不安なら、飛ばずにフリーライディングで滑り込んだ方が良いです。

滑り込むことで、アプローチの速度が怖くなくなりますので。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

ハイスピードの「フリーライディング」で、飛び(キッカー)のレベルを引き上げる!

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

キッカー記事のまとめ【ストレートジャンプの基本知識と理論(コツ)】

スノーボードは、グラブでスタイルを追求しよう【魅せるグラブ】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク