キッカー記事のまとめ【ストレートジャンプの基本知識と理論(コツ)】

シェアいただけると嬉しいです。

インディ

ストレートジャンプは、誰もが憧れる、スノーボードの花形だと思います。

「空中にいる何秒かの間に、自分を表現し、見ている者を楽しませる!」まさに、スカイ・エンターテイナーsky entertainer】です。(笑)

ただ、ストレートジャンプは、ちょっとした気の緩みで怪我をする、危険さも含んでおります。

今回、怪我をせず、楽しく上手くなるために必要な「キッカーの基礎知識に関する記事」をまとめてみました。

キッカーの基礎知識(理論)

1.キッカーを知る

まずは、敵(キッカー)を知りましょう。

どんな相手かを知らなければ、戦えません!!(笑)

「スノーボードにおける「キッカー」の基礎知識・注意点」

2.アプローチのスピードを把握

キッカーにおいてアプローチスピードは、超重要です。

入念にチェックしましょう。

「初級者必見!キッカーへのアプローチスピードの決め方!」

3.アプローチのライン取り

ストレートジャンプにおいても、ライン取りは超重要です。

自分のクセを理解し、ライン取りを意識してください。

「ストレートジャンプ(エアー)における【ライン取り】の重要性」

4.キッカーの形状に合わせた「オーリー」

キッカー(アップ系・ライナー系)を見極め、オーリーを調整しましょう。

「キッカーの形状に合わせて「オーリー」を使い分ける!!」

5.失敗から学べ

キッカーでは、必ず失敗を重ねます。

失敗を次に繋げるためにも、「分析・改善」を繰り返しましょう。

「キッカーでの失敗に学ぶ!抜けの重要さ!」

まとめ

ストレートジャンプの基本は、「ノーグラブのストレートジャンプ(ベーシックエアと呼ぶ)」です。

まずは、グラブのことは考えず、オーリーのタイミングを意識して、ノーグラブでキッカーを飛びまくりましょう。

ベーシックエアが安定してくれば、グラブは自然とできるようになります。

焦らず、ゆっくり基礎を固めることが、最終的には、「近道(最短距離)」となります。

滞空時間を楽しみながら、数をこなしてください。

おわりに

私は、理論を理解することは、「再現性」を高めることに繋がると思っています。

成功したとき、失敗したときの要因も、特定しやすくなります。

また、それが積み重なって、あなた独自の理論が出来上がってくるものだと思います。

自分理論(マニュアル)が出来上がってくると、悩んでいる仲間にアドバイスしたり、またしてもらえたりできます。

それによって、相乗効果が生まれ、どんどん上手くなります。

理論だけでも意味がありませんが、学んだことを理論化しておくことも重要だと思います。

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

ストレートジャンプ「グラブトリック記事」のまとめ

バックサイド180の始めかた【まずはグラトリで回してみよう!】

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク