「ダボダボ・腰パンスタイル」における着こなしのポイント【理想的なシルエットのつくり方】

シェアいただけると嬉しいです。

ノーズマニュアル

私は、ダボダボ・腰パン暦10年以上の「ダボダボ研究家」です。

どんなに細身のウェアが流行っても、流されることなく、ダボダボを貫いてきました。
ゲレンデでは、肩身が狭いものです・・・

そんな、「ダボダボ・腰パンウェア」の酸いも甘いも知り尽くした、ダボダボ研究家の私が、「これから、ダボりたい、もしくはダボり始めている」という、あなたに贈る企画です。

題して、

「ダボを止めないで!!」

では、さっそくまいりましょう。

言い忘れましたけど、今シーズンも、「ダボダボ」です!!(笑)

ウェアの選びかた

基本的な考え方

  • 海外モデルを選びましょう。
    日本ブランドに比べて、同サイズでも大きいものが多いです。
    (同じXLでも全然違います)
  • ウェアの機能は気にしない。
    (耐水圧5,000mmで十分です)
  • デザインとシルエットを重視する。

パンツ

まず、勘違いしている人が多いのですが、

「大きいサイズを買えば、ダボダボシルエットになる」というのは、間違いです。

正解は、太いパンツ(バギーフィット的なもの)を選んだ上で、大きなサイズ(XL or XXL)を購入します。

なお、目安は、身長170cmで、XLサイズです。

そして、重要なポイントは、「ウエストゲーター(パウダーガード)」がついている、ウェアを選ぶこと!!

これは、腰パンの必須アイテムです。

ウエストゲーター(パウダーガード)

もし、「ウエストゲーター(パウダーガード)」なしのウェアを購入した場合は、後付けの「ウェストゲーター(パウダーガード)」を取り付けてください。

オススメアイテムは、「ANTHEM(アンセム) 後付パウダーガード」です。

サイズは、必ず、「M-Lサイズ」以上を選択してください。

腰パンするときに、小さいサイズだと、パンツが下がりません。

ちなみに、私は、「ANTHEM(アンセム) 後付パウダーガード」が発売される前は、サーフ用の海水パンツを加工して、ウェアのパンツに「ウエストゲーター(パウダーガード)」として縫いつけていました。

今は、いい時代になりました!(笑)

「ANTHEM(アンセム) 後付パウダーガード」の詳細はこちらでご覧ください。

ジャケット

基本的には、パンツのサイズと同様でいいと思いますが、自分が考えている「理想のシルエット」に合わせて、少し調整してもいいと思います。

目安としては、身長170cmで、XLサイズです。

ダボダボ・腰パンスタイルのメリット・デメリット

メリット

ノーズマニュアル

  1. 上手そうに見える。
  2. BOXなどで、プレスしたときの内股がわからない。
    ⇒ 細身のウェアと比べ、軽く踏んでる感じが出る。
  3. ゆったりしていて、動きやすい。
  4. プロテクター(ケツパット・ニーパッド)を着けても、周りから全くわからない。
    ⇒ プロテクターを着けても動きやすい。

デメリット

  1. リフト待ちで、ウェアの裾を踏んでいまい、すぐにボロボロになる。

    リフト待ち

  2. ビンディングをつける際、前かがみになると、ケツが出てしまう。
    ⇒ ロング丈のTシャツや、ウェアでカバーします。

    ビンディング取り付け

  3. あんまり売ってない。
    ⇒ メーカーが作ってないです・・・

着こなし

パンツを下げる位置

恐らく、これが、ダボダボのシルエットをつくる上で一番大事だと思います。

基本は、股下にウェア(パンツ)のウエストラインを持ってきます。

ウエストゲーター(パウダーガード)があるので、間単に下げられるはずです。

ビンディングのハイバックを見せる

これは、私の好みですが、ハイバックを見せましょう!

ハイバックをウェアで隠すと、ウェアの裾がターン(ヒールエッジ側)の邪魔になることがあります。

また、すぐに裾がボロボロになります。

ダボダボ・腰パンスタイルの参考写真

我が友人達のシルエットです。

参考にどうぞ。

腰パンスタイル

ヨネックスウェア

クイックシルバーウェア

ダボダボウェア 後ろ姿

まとめ

スノーボードウェア選びで一番大事なのは、サイズ感(全体のシルエット)だと思います。

特に「ダボダボ・腰パンスタイル」を目指すのであれば、試着時に「やり過ぎ!」ぐらいでないと、ゲレンデでは、自分が思い描く「理想のシルエット」は出せません!!

なぜなら、想像以上に、ゲレンデでは、細身に見えるためです。

なお、ウェアのサイズについては、体格(体重等)を考慮し、参考値(目安)から微調整してください。

私は、原則、XLサイズしか買いませんが・・・(笑)

今シーズンは、ゲレンデに「ダボダボ・腰パンライダー」が増えることを期待します。

当ブログをお読みいただきありがとうございます。
少しでも、この記事を楽しんでいただけたなら幸いです。

あわせて読みたい「オススメ記事」

スノーボード腰パンスタイル【オススメウェアメーカー】

スノーボードウェアの【最強着こなし】を考える

スポンサーリンク
パソコン用




パソコン用




シェアいただけると嬉しいです。

フォローいただけると嬉しいです。

ツイッターフォローボタン

スポンサーリンク